いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino
10月 27日 最高裁は上告審として受理しない

安曇野菜園三セク損失補償裁判の判決言渡しがありました。
最高裁判所(東京)とんぼ返りでクタクタ、もう寝ようと思いましたが
夕方のTVニュースで「住民側敗訴」らしき報道があったというので、
それは違いますということで、とりあえずそこのところだけ書いておきます。
(詳しくは後日に)


平成22年(行ヒ)第498号決定によると
東京高等裁判所が平成22年8月30日に言い渡した判決に対し、
申立人(安曇野市長)から上告受理の申立てがあったが、
申立ての理由によれば、
本件は、民訴法318条1項により受理すべきものとは認められない。
よって、当裁判所は、裁判官全員一致の意見で、次のとおり決定する。

主文 本件を上告審として受理しない。
    申立費用は申立人の負担とする。

「安曇野市長の上告の申し立ては受け付けません」ということです。

f0213861_0344082.jpg


そしてもうひとつは
平成22年(行ツ)第463号判決によると

主文 原判決中被上告人の請求を認容した部分を破棄する。
    前項の部分につき、第1審判決を取り消し、被上告人の訴えを却下する。
    その余の本件上告を棄却する。
    訴訟の総費用は被上告人の負担とする。

どういう意味なのかわかりにくいですが、これは要するに、
「安曇野菜園は損失補償契約による借金を完済したので、訴えの利益がなくなった。
だから、裁判は最初からなかったことにします。」
というもの。


「借金を完済した」というのですが、
なぜ借金が完済できたかといえば、安曇野市が債権放棄したからです。
債権放棄した分は市民の負担になっているのですから、
「訴えの利益がなくなった」なんて、わたしは認めませんけどね。

以上、どちらが勝ったとか負けたとかいう判決ではありません。
# by tanemaki_azumino | 2011-10-28 00:36 | 訴訟や裁判
10月 26日 今夜は安曇野市出前講座です

~安曇野市出前講座~
 テーマ「新本庁舎建設と安曇野市の財政計画」は今夜です。

日時 :2011年10月26日(水) 午後7時より
場 所:豊科総合支所第二会議室にて *受講無料


呼び掛け:安曇野市「新庁舎」住民投票の会

f0213861_8113731.png
新本庁舎建設にあたって、市民が最も気にしているのは
「安曇野市の財政は大丈夫か?」ということではないでしょうか。
ところが、建設に80億円もかかるというのに、
建てたらどうなるという財政計画がハッキリ示されていません。
また、
3.11東日本大震災の復興や原発事故の対応などを考えれば、
合併特例債など当てにしている場合ではないとも思います。

ここは、一度、安曇野市の説明をよく聞いてみようではありませんか。
# by tanemaki_azumino | 2011-10-26 08:12 | お知らせ
10月 22日 介護と署名集めの日々

母91歳、認知症進行中、要介護3
デイサービスとショートステイをフルに利用して自宅介護。
「新庁舎」住民投票の会・事務局の仕事の合間を縫って
新本庁舎建設のあり方を問う住民投票条例制定請求の署名集め。

種まきブログはなかなか更新できない状況です。

そんな時に最高裁から連絡がありました。
上告審(というのかな?)の判決が
10月27日(木)午後1時30分より第一小法廷で言い渡されるとのこと。


安曇野菜園三セク損失補償裁判
安曇野市が上告の申し立てをして1年、どうなるかと思いながら、
すっかり忘れているときもあり、あと何年待たされるのかとふと思い出したり・・・。

そしたら、20日午後、最高裁から連絡があったのです。
突然「判決」と聞いてビックリしました。

シロウト考えですが、
「原判決を変更する場合には、被上告人(わたしのことです)にも反論の機会を与える必要があるから、口頭弁論を開催する必要がある」(ウィキペディアより)
ということなので、
いきなり「判決」ということは
上告棄却=損失補償無効の高裁判決確定の可能性もありそう。

そうだといいんだけど!

でも、
エアウォーター社からの売却益で安曇野菜園が借金を返すことができたので
安曇野市の損失補償契約は消滅している。
これで訴えの利益もなくなったとすれば
裁判自体が継続しない、判断する必要がないみたいなことになるのかも・・・

とにもかくにも、判決を聞きに行かなくちゃ。
最高裁判所へ行くことなんて、そうあるもんじゃないですから。
ふつうなら一生に一度もない、ことですものね。

その後、最高裁から電話で「(建物に入るときに)金属探知機の検査があるので、早めに来てください」と連絡がありました。金属探知機は東京高裁で経験済みなので、大丈夫。というか、それだけ「アブナイ」裁判もあるから気をつけなくちゃいけないのかしら。
怖いような、安心なような・・・
# by tanemaki_azumino | 2011-10-23 01:15 | 折々の暮らし
10月 18日 総務省元官僚の見解

これは無視できない話です。

国のさじ加減でどうにでもなる話
http://aztohyo.exblog.jp/13837152/


▼散歩コースで見つけたこの花、どうしても名前がわからない
f0213861_1183974.jpg

# by tanemaki_azumino | 2011-10-19 01:19 | 本庁舎建設問題

10月 16日 今日の一言

10月 16日 今日の一言~永平寺の懺悔

福井県の永平寺は来月2日に反原発シンポジウムを開くという。
毎日新聞 2011年10月14日 大阪朝刊より

西田布教部長によると、
いずれも菩薩(ぼさつ)の名前に由来する新型転換炉「ふげん」、
高速増殖原型炉「もんじゅ」(敦賀市)の命名に、寺が関わったという。

「原発に対する認識が足りなかった私たちの責任は重く、間違いだった。
懺悔(さんげ)することから始めたい」と戒めている。


▼ブロック塀の赤い蔦の葉(小さな吸盤のようなもので張り付いているみたいです)
f0213861_20591690.jpg

# by tanemaki_azumino | 2011-10-16 23:56 | 今日の一言