いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

12月 7日 IC名称変更

12月 7日 IC名称変更

わたしは、安曇野ICに名称変更する必要性を感じません。
2億円もかかる、それも地元要望のため費用は全額安曇野市の負担になるからです。
10億円の経済効果があると言われても、その気になれません。

が、しかし、いよいよ
補正予算でIC名称変更事業費として2億円があがってきました。

でも、こんな事情を聞くと、まじめに取り組むのがバカバカしくなります。

2008年5月13日 東京新聞より一部引用
【道路を問う】第4部 「一般化」の裏で<下>
   ~族議員地元 一枚岩ひび 陳情の裏、冷めた民意~


「インターチェンジ(IC)の名称のことで一度、(和歌山県)有田市長に会ってくれるか」。昨年夏、西日本高速道路(大阪市)の石田孝会長の元にそんな電話があった。

 相手は自民党の二階俊博総務会長。地元の同県を走る阪和自動車道の吉備ICと湯浅御坊道路の吉備南ICの名称を、みかんで有名な「有田」「有田南」に変えてほしいというのが、有田市長らの要望だった。

 「二階さんから名称変更まで頼まれたわけではない。後日、市長らと会った際は『ほかの町村も納得していますか』と念押しした」

 そう振り返る石田氏は神戸製鋼出身。道路公団民営化で西日本の会長に就く以前から二階氏と親交があった。元公団幹部が言う。「ICの名称変更は看板や地図の書き換えなどで費用がかかる。長年慣れ親しんだ客が、出口を見落とすこともあり、会社は変えたくないはずだが…」

 だが、陳情から数カ月後に名称は変更された。西日本の負担は約六千万円。民営化後、ICの名称変更はここだけだ。東日本管内ではまだ一件もない。

 西日本広報室は「費用がかかることなので地元自治体と協議会をつくって検討した」と妥当性を強調した。

豊科ICの場合は、
ここを境に北が東日本高速道路、南が中日本高速道路の営業範囲となっているため、
両社にまたがって管理システム等改造が必要になるとのこと。
つまり、通常の2倍かかるという特殊な立地なのです。
それでシステム改造だけで1億6千万円もかかってしまう。

それにつけても、なぜ西日本高速道路が六千万円も負担してくれたのか・・・
# by tanemaki_azumino | 2011-12-08 01:30 | 安曇野市

12月 4日 新しいケータイ

12月 4日 新しいケータイ

写真右は昨日午前11時まで使っていた携帯電話、auのA5512CA
2005年製造のもの、古くなりました。
デザインが気に入って(機能性もよかった)ネットオークションで落札。
こんな旧い機種をわざわざ買う人はなくて1,800円だったかな。
機種交換で2,000円かかりましたが、それから丸4年愛用してきました。

携帯電話の周波数切替えで来年7月から使えなくなるので
機種変更するようにと再三の通知が届くようになり・・・
いよいよ昨日、重い腰をあげてauショップへ行ってきました。

新しいのは左のオレンジ色のもの。
今時はこの手の角ばったデザインのものしかない。
鞄のなかで目立つようにオレンジ色にしました。

f0213861_8541745.jpg

# by tanemaki_azumino | 2011-12-04 08:54 | 折々の暮らし
11月 28日 署名簿の審査結果

新本庁舎建設のあり方を問う住民投票条例制定を求める直接請求については、
4396筆の署名を集めて、11月11日に市選管へ提出しました。

本日、市選管より署名簿の審査結果が出ましたのでお知らせします。

・署名総数   4,396名
・有効署名総数 4,186名
・無効署名総数  210名


無効署名の内容は、
選挙人名簿に登録がない、重複、生年月日未記入、同筆など。
無効署名210は全体の4.78%で、全国的な平均値より少なかったとのこと。

4,186という数は条例制定請求に必要な1,592の2倍以上。
有権者数の5.26%、20人に1人にあたる数です。
ご協力に感謝いたします。

とはいえ、署名集めは難航し目標の1万人には遠く及ばず。
1年前だったら違っていただろうと思わないでもなく・・・

◆署名簿の縦覧について
 11月29日から7日間は署名簿の縦覧(公開)です。
 縦覧期間:11月29日~12月5日 午前8時30分~午後5時00分
 縦覧場所:選挙管理委員会事務局(長野県安曇野庁舎3階、JR豊科駅北)

この間、署名について異議申し立てがあれば、
市選管はその有効・無効を調査して確定したうえで、
署名簿を住民側に返すことになっています。

住民側は即時に、返付された署名簿を添えて条例制定の本請求を行ない、
それを受けて市長は12月定例議会に住民投票条例案を付議する見通しです。
# by tanemaki_azumino | 2011-11-29 00:28 | 住民投票
11月 26日 My そば猪口アート展

そば猪口アート展(入場無料)
11月1日(火)~30日(水)穂高交流学習センター「みらい」で開催中。
全国、地元の作家53人が制作した「そば猪口」が展示されています。

図書館へ行ったついでに、わたしも観てきました。
「そば猪口」だと思わないで見たほうが楽しい、おもしろい。
素材、技法が多種多様で見応えがありました。

でも、
これで「蕎麦を食べてみたい」というわたし好みの器は少なかったので、
ここで「My そば猪口アート展」といきます。

▼涼風そば猪口(有田焼)
f0213861_15551621.jpg

▼小花文そば猪口(美濃焼)
f0213861_15554366.jpg

▼粉引そば猪口(美濃焼)
f0213861_15561682.jpg

▼染付露草文そば猪口(有田焼)
f0213861_15564894.jpg

▼染付市松格子文そば猪口(古伊万里)
f0213861_15572043.jpg

▼染付楓文そば猪口(古伊万里)
f0213861_15574530.jpg

▼染付矢羽文そば猪口(古伊万里)
f0213861_15581659.jpg

▼素麺にぴったり 粉引汲み出し(荒楽窯) 
f0213861_15584485.jpg

▼こちらは「そば猪口」としてもいけます 長石釉粉引汲み出し(荒楽窯) 
f0213861_1559238.jpg


古伊万里3点(これも当時は庶民の器でした)のほかは
どれも高価なものではなく1個300円から1500円ぐらいのもの。

それぞれお好みの蕎麦猪口で新蕎麦をいただくのも楽しいものです。
# by tanemaki_azumino | 2011-11-26 16:06 | 折々の暮らし

11月 23日 2025年問題

11月 23日 2025年問題

今日はみどりネット信州の11月政策研究会。
今回は「新しい公共、指定管理者制度の今日を問う」と題して
東京自治研究センターの伊藤久雄さんをお招きし公開講座としました。

指定管理者制度について、これまででもっとも理解が深まる話が聴けました。
わかっているつもりが実は誤解だったと気付かされたり、
そうだったのかと目からウロコだったり、
指定管理者制度の問題点だけでなく、
「活用の仕方」にも目を向けることができ、とても勉強になりました。


で、次の1月研究会のテーマは何にしようかということになり、
出てきたのが「2025年問題」。
これは、当然ながら安曇野市においても深刻な問題になると思います。

終戦直後のベビーブーム期(1947~49年)に生まれた団塊の世代が2025年には75歳以上となり、社会保障費が急増すると心配される問題。厚生労働省の06年の推計によれば、25年度の医療費は52兆円で、06年度の約2倍、社会保障費も全体で約1・8倍の162兆円に達するとみられる。
(毎日新聞 2011年1月14日 東京朝刊より)


財務省データギャラリーにはこんな説明もちゃんとあります。

人口構造の変化
http://www.mof.go.jp/gallery/20110301.htm
ついでに「公債残高の推移」とか、見ておくことをおススメします。
とはいえ、
どの解説も「ひとごと」「どこ吹く風」といった感じで、なんともはや・・・

f0213861_23251744.jpg
# by tanemaki_azumino | 2011-11-23 23:25 | 今日の一言