いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

8月 31日 今日の一言

8月 31日 今日の一言

なにが本当なのか分からなくなってしまったとき、
判断材料になるものがひとつだけある。
「東電と政府が云ってることの反対のことが本当のことだ」というのがそれである。
                    イルコモンズ


▼「急性白血病:福島第1原発作業員が死亡 東電が発表」http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110830k0000e040075000c.html

「東京電力は30日、福島第1原発で作業に携わっていた40代の男性作業員が急性白血病で死亡したと発表した。外部被ばく量が0.5ミリシーベルト、内部被ばく量は0ミリシーベルトで、松本純一原子力・立地本部長代理は「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」と説明した。東電によると、男性は関連会社の作業員で8月上旬に約1週間、休憩所でドアの開閉や放射線管理に携わった。体調を崩して医師の診察を受け急性白血病と診断され、入院先で亡くなったという。東電は16日に元請け企業から報告を受けた。事前の健康診断で白血球数の異常はなく、今回以外の原発での作業歴は不明という。」(毎日新聞 2011年8月29日)


[イルコモンズ追記]
ところで、いつからこの国では、白血病の因果関係が断定できるようになったのだろうか?
突然、医学が進んだのか?

「他のがんと同様に、白血病の原因と発生機序はハッキリ判っている訳ではありません」
(「わかりやすい白血病の話 2 白血病の原因」より)

「抗がん薬や放射線などの治療のあとで起こる「二次性白血病」もありますが、
大部分の白血病の原因は不明です。」
(「Gooヘルスケア 急性白血病 原因は何か」より)
by tanemaki_azumino | 2011-08-31 22:18 | 今日の一言
8月 29日 クマさんだって住民投票

安曇野市「新庁舎」住民投票の会のホームページを作っています。

こりゃ、もしかして、わたしがやることになるのかなと気が重かったのですが、
HP作りにボランティアで名乗りをあげていただきました。

▼こんな可愛いマスコットキャラクターまで登場。
f0213861_2345814.jpg


9月1日にはオープンしたいです。
今しばらく、お待ちください。
by tanemaki_azumino | 2011-08-30 00:35 | 住民投票
8月 26日 受任者になってください

安曇野市の新庁舎建設の是非を問う住民投票のために
あなたも受任者(署名の集め手)になって下さい。


安曇野市に選挙権がある人であれば、どなたでもなれます。
(ただし、法律により地方公務員・国家公務員と公立学校教員はなれません)

ご自分以外のおひとりでも署名を集めていただける方は、受任者になってください。
ご家族の署名を集めるだけでもOKです。

なお、署名運動は10月上旬から11月上旬にかけて実施の予定です。


安曇野市住民投票受任者申込書はこちらからどうぞ。
http://junko.voicejapan.net/pro-board/file/1314367788.pdf

必要事項をメールで送っていただいてもけっこうです。
by tanemaki_azumino | 2011-08-26 23:17 | 住民投票

8月 25日 幻のポスター

8月 25日 幻のポスター

このポスターは議会広報特別委員会が提案した試作品です。
ポスターなんて、ありふれた手法で「新しい取り組み」というのも恥ずかしいくらいです。

ところが、全員協議会でポスター掲示のお願いをしたら、
「スタンドプレイ」だとまで言う議員がありまして・・・
ポスター企画はボツとなりました。

f0213861_759654.jpg

by tanemaki_azumino | 2011-08-25 23:16 | 議会と地方自治
8月 24日 福島県三春町の決断

DAYS JAPAN 9月号が届きました。
http://www.daysjapan.net/

ここに、わたしの知りたかったことが出ていました。
「子どもが甲状腺ガンの危険にさらされた時、自治体は何をしたか」
というタイトルで、
福島県の各自治体が原発事故後にヨウ素剤を配ったかどうか
アンケート調査した結果が掲載されています。

ほとんどの自治体が、国や県から指示がなかったと配っていません。
その中で、三春町は、町独自の判断を下しました。
40歳未満の町民7248人にヨウ素剤を配布し服用を勧めていたのです。

三春町の「学校づくり」を見てみたくて視察したことがあります。
町独自の判断、決断ができたのも、さもありなんと思いました。


DAYS JAPAN 9月号 記事より(福島県三春町の回答)

三春町では、40歳未満の町民7,248人(3,303世帯)を対象に、3月15日午後1時から午後6時まで、町内8カ所で安定ヨウ素剤を配布し、同時に服用を勧めました。

配布について、国・県からの指示は全くありません。
町の判断で実施いたしました。

これは、県に対して放射線量の公表を求めても回答を得られない状況のなか、15日の天気が、東からの風と午後からの降雨が予想されたため、放射線量は不明でしたが、今までにない「高線量」であることは間違いなく、町民の安心と安全を確保するために決断したものです。

三春町には、安定ヨウ素剤の備蓄はありませんでしたので、配布前日の14日に県から譲与を受けました。併せて、町内の医師や薬剤師に投与の是非や副作用について意見を求め、配布の参考といたしました。

副作用は、現在に至るまで確認されておりません。


国や県という上からの指示がなければ身動きできないような自治体は、
結局のところ住民を守ることはできなかったということです。
by tanemaki_azumino | 2011-08-25 00:12 | 原子力発電と原発事故
8月 21日 建設水道委員会の視察研修

22日~24日の二泊三日で建設水道委員会の視察研修に行ってきます。

視察先とその目的は
1、埼玉県和光市:既存住宅の改修助成制度について
2、クボタシーアイ(株)栃木工場:ポリエチレン水道配水管について
3、独立行政法人土木研究所(つくば市):橋梁の補修について

それでは、行ってきます。
by tanemaki_azumino | 2011-08-21 23:45 | 議会と地方自治
8月19日 長野市議会は住民投票条例2案を否決

「長野市議会、住民投票条例2案を否決」
8月18日信濃毎日新聞の記事です。
すぐにリンク切れするので、今のうちに読んでくださいね。

もう一つ、これも信毎、8月13日(土)の社説です。
題して「長野住民投票 本会議では成立させよ」
以下、部分的に引用します。

鷲沢正一市長は市議会で「議会と十分に議論をして決定した。住民投票は必要ない」と述べた。市民の意見を聞き、十分に説明もしたとしている。

 市議もそうだが、これまでの経過に自信があるなら住民投票を行うべきだ。主張どおりなら賛成になるはずだ。仮に反対となったら、説明や意見集約の方法をあらためなければならない。

 このところ、地方議会に向けられる有権者の目は厳しくなっている。定数や報酬の削減を求める声は全国的に高い。議員には、これまで以上に柔軟に住民の声をくみ取り、行政に反映させる姿勢が求められる。

 長野市議会が住民投票条例案に対し、どんな判断をするのか。市民だけでなく、ほかの市町村の住民も注視している。


鷲沢長野市長の言葉は、そっくり宮沢安曇野市長の言葉と重なります。
市議会の姿も然り・・・

「これまでの経過に自信があるなら住民投票を行うべき」は言うまでもなく、
「自信がない」のなら、なおさら住民投票を行うべきです。

▼クリーム色のマリーゴールドはちょっとやさしげ
f0213861_0321522.jpg

by tanemaki_azumino | 2011-08-20 00:18 | 住民投票
8月18日 第1回受任者会議のお知らせ

住民投票を求める署名集めは、「受任者」にならなければすることができません。
「受任者」になるための手続きは事務局で行ないますので、
申し出ていただければ簡単になれます。

しかし、住民投票というのはルールが厳しく、複雑です。
そこで8月28日の受任者会議では、1回目の受任者講習会を合わせて行います。
都合のつく方は参加してください。

また、皆さんの知人友人で署名集めに協力して下さる方がいらっしゃいましたら、
受任者になっていただけるようお誘いください。

過去に行われた各地の住民投票において、
受任者一人が集めた署名の平均は10筆だそうです。
つまり、1万人の署名を目指すなら1000人、
2万人の署名を集めるなら2000人の受任者が要るということです。

ちなみに7年前の旧穂高町の住民投票では1人平均24筆の署名を集めました。

受任者数は8月13日現在で31名。
8月、9月の主な仕事は受任者集めです。

◆第1回受任者会議のお知らせです
 日 時:8月28日(日) 午後1時30分から
 場 所:地平線倶楽部2階事務所にて 地図はこちら
 ※これから受任者になりたいという方も大歓迎です。


▼朝顔・ヘブンリーブルーが花盛り
f0213861_2336221.jpg

by tanemaki_azumino | 2011-08-18 21:07 | 住民投票
8月17日 住民投票コラム≪カラスのつぶやき≫

「新庁舎」住民投票の会の通信第2号より
住民投票コラム≪カラスのつぶやき 其の一≫を紹介します。

「住民投票」は議会制民主主義を否定している・・?

 直接選挙によって選ばれた首長や議員の中には「住民投票をするなら首長も議会もいらないということになる」「我々は市民の付託を得ている」等々の発言をされる方が多い。

 そして決定的な言い回しは「日本の政治は間接民主制であり、議会は議決よりも住民投票の結果を尊重するというなら議会制民主主義の崩壊、否定である」

 果たしてそうか。否である。

 議会は立法権を有し、行政権は主権者たる市民のためにあるのであって、当然、巨費を投ずる事業や合併など重要案件に対しては、地方自治法で住民投票という制度が作られており、市民はその権利を行使できることになっている。

 制度的に間接民主制をとっていても、「民主主義」の基本には直接民主制があるからである。
 「選挙で選ばれたら何をしても良い」と考えている議員や首長がいるとしたら、「民主主義」の何たるかをちっとも分かっていない不勉強者、と言わざるを得ない。
そうでしょ?

by tanemaki_azumino | 2011-08-17 23:59 | 住民投票
8月9日 「新庁舎」住民投票の会設立集会の報告

この日は6時前から激しい雷雨となり、
開催が危ぶまれる状況でしたが7時前に雨も止み、
何とか集会を開くことができました。

しかし、三郷地区で断水となるなどのアクシデントも重なり
出席できない方が続出し、参加者は報道を除き16名でした。

役職の報告です。(敬称略)
【住民投票の会】
代表  横地泰英(70)穂高
副代表 中村一也(52)豊科
副代表 新澤 淳(64)堀金
【同事務局】
事務局長 諌山憲俊(60)穂高
会計   諌山澄江(59)穂高
雑務一般 小林純子(57)穂高 他に今のところ5名

【条例制定請求者 5名】
布山 徹(51)三郷 代表
赤沼章子(51)穂高
新澤 淳(64)堀金
津村孝夫(39)三郷
依田敬子(43)明科
※住民投票条例制定の署名を集める人たちの代表として、
 安曇野市長に条例制定の請求をする役目を担います。

f0213861_2353326.jpg

by tanemaki_azumino | 2011-08-17 23:49 | 住民投票