いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

<   2011年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

3月 14日 今日の一言

3月 14日 今日の一言

原発に限らず集中型のエネルギー生産はリスクを伴い、もろいですね。
インターネットのように、自律分散型にすべき。

ならば、太陽熱、バイオマス(薪、炭、ペレット、生ゴミ)、
太陽光、風、地熱 といったものが地産でできます(各地によりそれぞれですが)。
これらは再生可能な自然エネルギー。
ならば、国策を原発からシフトしましょう!

新しい日本はすでに「ここに」あります。 
この地震が自震を経て自信となり原発の見直し(放射線リスク、地震リスク)、
そしてエネルギー政策の見直しが始まり
自然エネルギーや地産地消/ローカリゼーションの流れになっていけばいいなと思います。
(自然エネルギーは再生可能で、各地でできるし、インターネットように頑丈。)

田中優さんが地震放射能対策をまとめてくれています。
3/12up: 福島原発。放射線の影響。風向きに気をつけ、ヨウ素を。首都圏も。




こんな情報も参考になります。
東京都日野市における放射線の調査データ
個人で継続して調査を行っている人がありました。
by tanemaki_azumino | 2011-03-14 02:12 | 今日の一言
3月 12日 原子力資料情報室の福島原発に関する記者会見

原子力資料情報室「福島原発に関する緊急共同記者会見」
(ビデオニュース・ドットコムによるUstream中継)
2011年3月12日 20:10 放送開始
http://www.videonews.com/press-club/0804/001742.php

f0213861_8441537.jpg

政府の発表は情報統制がかかっているようです。
原子力資料情報室からの情報もぜひご覧ください。
by tanemaki_azumino | 2011-03-13 08:44 | お知らせ

3月 12日 SAVE JAPAN!

3月 12日 SAVE JAPAN!

f0213861_13492745.jpg

「SAVE JAPAN!」 東北地方太平洋沖地震の都道府県別、災害救済情報まとめ
http://savejapan.simone-inc.com/
by tanemaki_azumino | 2011-03-12 13:48 | お知らせ
3月 11日 在日外国人向けに多言語による地震・津波情報

お知らせです。
「この情報が役立つ人たちに届きますように」とメールでお知らせがありました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

FMわぃわぃでは在日外国人向けに多言語による地震・津波情報を放送中です。
またFMわぃわぃのホームページでの多言語で情報を伝えています。
http://www.tcc117.org/fmyy/index.php
在日外国人支援団体などに伝えてください。

www.tcc117.org

Our Community Radio Station, FMYY in Kobe-Nagata now providing
multilingual informations via broadcast(including streaming broadcast)
and internet web pages, on Miyagi big earthquake just attacked Japan
Tohoku-area.
Web Page: http://www.tcc117.org/fmyy/
(神戸 長田の多文化・多言語コミュニティ放送局 FMわぃわぃ)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
by tanemaki_azumino | 2011-03-12 01:30 | お知らせ
3月 9日 「議会軽視」にこだわる議員

今日は環境経済委員会を傍聴。
新年度予算の質疑のなかで、
「議会への説明より先に新聞報道されるとは何事か」という発言があり、
審査が一時中断する一幕がありました。

▼この記事です
f0213861_1593175.jpg


「議会軽視」だと言いたいんだな、そして、「あぁ、またか」と思いました。
以前にもそういうことがありましたから。
それにしても、
なんで新聞報道が先だとか、そんなことにこだわるのでしょうか。

そもそも予算書は2月15日にもらっています。
予算の概要に関する説明資料もついています。
市長の施政方針でも、この制度資金貸付事業のことにふれています。
8億円もの予算ですから、気になったら自ら調査すればいいことですし、
それこそ議員のだいじな仕事です。

ひょっとして、新聞報道されるまで知らなかったのでしょうか。

議員はさほど関心を持たなかったが、新聞記者はこの予算に注目して取材した。
それだけのことではないでしょうか。
だったら、「議会軽視」などと言わずに説明を聞けばいいのに。

なんの落ち度もないのに「お詫び」するはめになった職員が気の毒でした。

「議会軽視」にこだわることが「議員のおごり」にならぬよう戒めなければ・・・
by tanemaki_azumino | 2011-03-10 02:00 | 議会と地方自治
3月 7日 デジタル版の判例タイムス

3月定例議会一般質問では当然のことながら
三セク安曇野菜園の清算とトマト栽培施設の指定管理者の指定について質します。

安曇野市のトマト栽培第三セクター安曇野菜園は、北海道の民間農業生産法人エア・ウォーター農園に経営譲渡が決まり、清算手続きに入った。市所有のトマト栽培施設はエア・ウォーター農園が指定管理者に指定され、4月からトマト栽培事業を引き継ぐ。

そこで、以下に質問する。

1.三セク安曇野菜園の清算について
2.指定管理の基本協定について
3.責任問題について調査検討する第三者委員会の設置について

この問題については、2011年2月26日のホームページに書いた通りなので、
安曇野菜園債務は全額清算の見通し「安堵感にじむ宮沢市長」
~ またしても「問題の先送り」にならなければよいが ~


事ここに至っては、もうこれ以上「問題の先送り」をさせないよう、
押さえるべきところをはっきりさせ、準備をしておかなければなりません。
そんな時、ちょうど、「判例タイムス」に安曇野菜園のことが出ているよと教えてもらいました。
東京高裁の判決について速報記事があるとのこと。
ネットで探したら、デジタル版の判例タイムスのバックナンバーが見つかり
支払い手続きしたら、すぐ読むことができました。

f0213861_218929.jpg


パソコン画面でも読みやすい工夫がしてあり、必要に応じて印刷もできるのでなかなか便利です。

で、この「判例タイムス」No.1334(2011.1.1)には
「安曇野市損失補償契約に基づく債務支払差止め住民訴訟」と題して
20ページにわたり速報記事が掲載されています。
その解説のなかに、次のような記述があり(目に)うるっときました。


とりわけ、住民訴訟は、格別のリソースを持たない住民が法と証拠のみに基づき、地方自治体の財政のあり方をチェックしようという制度であるから、その論拠となり得る財政援助制限法の意義を縮小解釈してまで、現状を擁護しようとするのは、あるべき司法判断としてはむしろ問題視されることになろう。


by tanemaki_azumino | 2011-03-07 21:12 | 訴訟や裁判
3月 5日 『ザ選挙』選挙と政治の総合サイト

選挙と政治の総合サイト『ザ選挙』は3月3日にオープン
その日のうちにお知らせしようと思っていたのですが、
市議会の予算質疑の準備やら何やらに追われて今日になってしまいました。

選挙は、私たち市民に等しく与えられた権利です。
その権利を行使することで地域が良くなり、日本が良くなっていくはずです。
そのためには、きちんと働く人だけを選ばなければなりません。

未来を作っていくひとつの、大きな道具として、
『ザ選挙』が役立つようスタッフ一同精一杯努力していきます。
みなさまのご支援とご協力を、よろしくお願いいたします。

                   2011年3月3日
                   株式会社VoiceJapan 代表取締役 高橋茂


『ザ選挙』を運営する「株式会社VoiceJapan」は、
わたしが使っている議員のホームページのシステムを開発した会社です。
高橋茂社長とは、まだご近所同士だった2000年(もう10年も前のこと!)
長野県知事選で田中康夫応援サイトを立上げた仲間です。
インターネットを選挙に活用した「ネット選挙」のハシリといっていいでしょう。
わたしが議員になる大きなきっかけでもありました。

高橋さんもこれで人生の大きな転機を迎えることとなり、
いまや電網参謀「デジタル軍師」として活躍中です。


全国の選挙や投票結果、議員・政治家に関する情報は、
総務省に聞けばわかると思っていませんか。
わたしもそんなふうに簡単に考えていましたが、
「そもそも、全国の全選挙と全政治家の情報を一箇所に集めたものなど、
総務省にすら存在していなかった」のだそうです。

それだけ取ってみても『ザ選挙』はスゴイと思います。
市民の道具として『ザ選挙』が大いに活用されることを期待します。

まずは安曇野市の選挙について見てみましょうか。
こちらからどうぞ。

『ザ選挙』オープンにむけて
『ザ・選挙』の運営を「VoiceJapan」へバトンタッチ
『ザ・選挙』のねらい

▼春の日差しに輝くラナンキュラス
f0213861_20575382.jpg

by tanemaki_azumino | 2011-03-05 20:48 | 議会と地方自治
3月 3日 市長の決断次第でいかようにも

昨秋、2009年度の決算が出た頃だったか、市の財政担当に聞いたこと。
「80億円で本庁舎を建てたら、その後の財政はどうなるの?」

その時の答えは、
「市長の決断次第でいかようにも調整できるよう準備しています」

それから半年、
延びのびになっていた市の財政計画の発表がやっと昨日ありました。
ありったけの事業を盛り込んで、なおかつ本庁舎も建設し
合併特例債(借金)を可能な限り使いながら、市民生活を向上させ
10年後には借金が55億円減るという夢のような計画。

このような「市長の決断」を実現するためには、前提となる条件が必要です。
「現行の国の制度や現在の社会情勢が大きくが変わらない」ということ。


少子化、高齢化、人口減少、税収減に対して、
福祉、介護、医療など人が必要とするものはまちがいなく増加します。
これまでに作ってきたモノの維持補修も次々とふりかかってきます。
それだけでも難しい財政運営が予想されるのですが・・・
もっと厳しい見通しのもとに作った計画はないのでしょうか。

おまけに、今回発表の財政計画には
一般会計より借金がたくさんある特別会計には何もふれていません。
こんな計画ではとても心配です。
by tanemaki_azumino | 2011-03-04 01:43 | 本庁舎建設問題
3月 2日 驚くべき三セク事業

ツイッターでつぶやいたこれ
28日の日本経済新聞のコラム「時流地流」(2011.2.28 磯道真)は、
題して「三セクへの損失補償やめよ」。安曇野菜園のことが出てきます。


このコラムを書いた磯道真さんが片山総務大臣閣議後記者会見で質問していました。
コラム「時流地流」にも出てきた千葉県市原市の驚くべき三セク事業の件。

片山総務大臣閣議後記者会見の概要 平成23年3月1日
問: 日本経済新聞の磯道です。土地開発公社に道路なんかを造らせて、自治体が引き取らないというケースは以前から有ったと思うのですけれども、千葉県の市原市で、三セクに小学校を造らせて、開校後も引き取っていないというケースが見つかっているのですね。これはやみ起債ではないかと私は思っていまして、健全化判断比率なんかもよく見せる効果があると思うのですけれども、これについて大臣、どのように思われますか。

答: ちょっと具体的に承知しておりませんので、個別の問題についてどうだということは申し上げられませんけれども、一般的にいうと、土地開発公社というのは、本来の使命というのは先行取得なのですね。これは、日本経済の過去を振り返ったときに、地価がどんどん上がるという時代がありましたので、そうすると、うかうかしていると地価がどんどん上がって、公共施設に必要な土地の取得が困難になるというような状況がありましたので、それならば、別途ファイナンスをして、土地開発公社で先行取得をしておいて、自治体の方の予算措置が整ったら、それを買い取ると。これが本来の使命なのですね。

 だから、完成品まで土地開発公社で仕上げるというのは、もともとは想定していないのだと思うのですね。もちろん土地開発公社も単に土地の先行取得だけではなくて、その後、いろいろな事業を付加して、ある程度拡大してきていますけれども、そもそも自治体に代わって完成品まで造って、サービスを提供するというのは、本来の制度ではないと思いますね。

 これが私の一般的なお答えですけれども、よくですね、是非これ、該当の自治体で、土地開発公社のそういう状況になっている事情というものは御承知でしょうから、どうやって改善するのかということは、当事者の皆さんでよく協議をされるべきだと思いますね。その過程で、もし違法行為があれば是正しなければいけないし、ということだと思います。

by tanemaki_azumino | 2011-03-02 23:38 | 新聞・メディア

2月 28日 今日の一言

2月 28日 今日の一言

     「本物はコピーされる運命にある」 ココ・シャネル

この言葉が引用されたいきさつはこちらから

2010年10月4日11時42分 asahi.comより
ヴィトン社抗議で撤去 「バッタもん」再展示

 「バッタもん」に抗議したのはルイ・ヴィトンだけ。同様にロゴなどを使われたグッチやシャネル、フェンディ、コーチに動きはない。うち1社の担当者は「ルイ・ヴィトンの抗議は筋として正しい。ただ美術家にとっては、抗議によって作品の狙いが達成された面もあるのでは」と話す。

 ファッションの歴史からは、模倣の問題が切り離せない。「バッタもん」を展示した神戸の展覧会も「オリジナルとコピー」をテーマの一つに、20世紀初頭の2人の対照的なデザイナーを紹介した。

 1人は、服のタグに1枚1枚母印を押してまでコピー商品撲滅に執念を燃やしたマドレーヌ・ヴィオネ。もう1人は「本物はコピーされる運命にある」と言い切ったココ・シャネルだ。



▼asahi.comの「バッタもん」の画面と信濃毎日新聞社から小林じゅん子宛て届いた通知書
 曰く「信濃毎日新聞著作物の政治活動への利用は許諾しておりません」

f0213861_004192.jpg

by tanemaki_azumino | 2011-03-01 00:02 | 今日の一言