いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

<   2011年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

3月 30日 原子力を巡る基礎知識3

原子力発電のコストは低い、CO2の排出も少ないと喧伝されていますが
解体撤去・廃炉費用までトータルで見ればオソロシク非効率で危険なものです。


東電:福島第一原発廃炉に30年、1兆円以上-専門家らが試算(1)

東日本大震災で被災し放射能漏れを起こしている東京電力福島第一原子力発電所の原子炉を廃炉にするには30年かかり、費用は1兆円以上に上ると専門家やアナリストはみている。

地震後の大津波で冷却システムが崩壊したことから、6基ある原子炉のうち4基には冷却するために海水を入れたため、復旧は不可能になった。菅直人首相は29日、廃炉になる可能性が高いと述べた。

日本エネルギー経済研究所原子力グループの村上朋子グループリーダーは、福島第一原発1-4号機について、冷却し放射能物質を除去し保管した後に廃炉にする必要があると指摘した。

1979年に起きたスリーマイル島事故では、原子炉1基が一部溶融し米原子力史上最悪となり、5に位置付けられた。世界原子力協会のウェブサイトに掲載されているリポートによると、修理と洗浄に12年、9億7300万ドル(約800億円)かかった。洗浄作業には1000人以上の作業員が携わった。

【廃炉に30年】
日本エネルギー経済研の村上氏は、日本の力だけで行うとすれば、福島第一原発の廃炉には約30年かかるとの見通しを示した。

日本原子力発電は98年に32年の運転を終了した茨城県東海村の原子炉を廃炉にする作業を開始した。作業完了予定は2021年で、費用は885億円。01年6月まで3年かけて原子炉を安定させ核燃料を炉心から除去した。

日本原子力発電に13年間勤務し東海村の原子炉廃炉にも携わった村上氏は「東電が4基の原子炉を廃炉にするのは議論の余地がないことだろう。費用はおそらく1兆円を超えるだろう。損傷した燃料棒を原子炉から除去するのにも2年以上かかる。作業がずれ込めば費用も増加する」と予想した。

【チェルノブイリの影】
世界の原発事故史上最悪だったチェルノブイリでは、14年までに原子炉を覆っているコンクリート建屋を建て替えなければならないが、ウクライナだけでは資金を賄うことができない。高さ110メートルのアーチ型建屋を建設するには15億5000万ユーロ(約1800億円)かかっているが、欧州復興開発銀行(EBRD)が資金の65%を出している。

3月30日(ブルームバーグ):更新日時: 2011/03/30 11:59 JST より

by tanemaki_azumino | 2011-03-30 22:04 | 原子力発電と原発事故
3月 28日 原子力を巡る基礎知識2

福島原発事故/京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏電話インタビューより
皆さん、原爆はご存知だと思います。
広島に落とされた原爆で燃えたウランの量は800グラムでした。
現在、私たちが使用している原子力発電所は日本に54基あり、
平均して1基につき100万キロワットを発電します。

100万キロワットの原発が1日稼動すると、ウランを3キロ燃やします。
つまり、広島型原爆3~4発分のウランを燃やすわけです。

それによって作られたエネルギーの3分の1だけを電気にして、
3分の2は海に捨てるというのが原子力発電所という機械です。
  
(海に捨てるというのは、発熱したものを熱量として捨てるということですか。)
  
そうです。
1秒間に70トンの海水の温度を7度上げて、また海に戻すという、
なんとも言葉に尽くせないほどの膨大な環境汚染をしながら発電する装置です。

小出先生について知りたい方はこちらへ
なぜ警告を続けるのか?京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち?
 大阪毎日放送製作 2008年10月19日(日)深夜24:45-25:45放送

大阪府熊取町にある京都大学原子炉実験所。
ここに脱原発の立場から活動を続けている”異端”の研究者たちがいる。
原子力はわが国の総発電電力量の3割を供給するまでになったが、反面、去年の中越沖地震で柏崎刈羽原発が「想定」を上回る激しい揺れで被災するなど、技術的な課題を完全には克服出来ていない。
番組では、国策である原子力推進に異を唱え、原子力の抱えるリスクについて長年、警告を発し続けてきた彼らの姿を追う。その言葉はエネルギーの大量消費を享受する私たち国民一人ひとりへの問いかけでもある。

by tanemaki_azumino | 2011-03-28 23:15 | 原子力発電と原発事故
3月 27日 原子力を巡る基礎知識

確か東京オリンピックの年だったと思う。
1964年、わたしは小学4年生。
その年の出来事としては(オリンピックは別格として)
新潟地震と、なぜかトンキン湾事件がインプットされています。
兄がベトナム戦争の拡大を心配していたので、覚えていたのではないかと思います。
それは、まあ、我が家に特有の事情だったような気もしますが、
もう一つ忘れられない記憶が原子力発電所です。

当時、有明小学校でも話題でした。
「いよいよ日本初の原子力発電所が完成する」
「原子力の平和利用、技術の進歩は素晴らしい」
東海村は原子力発電所のある場所として記憶されました。
原発の危険性について、だれも小学生には語りませんでした。
原子力発電は夢のエネルギーだと教えられました。
オリンピック、新幹線、原子力発電・・・
10歳の少女は、日本はすごいんだと信じていました。

それから何年たったのかスリーマイル島の原発事故があり、
その数年後にチェルノブイリでも大事故が起こった。

そのころ、友人が「危険な話」(広瀬隆著)の冊子を送ってくれて、
これで、やっと、わたしも原発の危険性に関心が向くようになりました。

少なからぬ友人に善意から「危険な話」を送った彼女でしたが、
当事は「不安を煽るようなものを送りつけてきて」と叩かれたそうです。

あれから20数年、「危険な話」は現実となってしまいました。
福島原発の事故は収束の目処も立たず危機的な状況が続いています。
TVニュースや政府の広報では
「正しい知識と情報により、適切に行動すること」と繰り返していますが、
東電や政府の言う正しい知識と情報が、
そもそも当てにならないのですからどうしようもない。

というわけで、
「正しい知識と情報」として、わたしが役に立つと思うものを随時紹介していきます。
まずは、今のところ危険区域外である人向けに基礎知識編です。
参考にしてください。

「原子力を巡る基礎知識」-京都大学 原子炉実験所 小出裕章
(京都府歯科保健医協会の機関誌「京都歯科協TIMES」に連載)

1.人類のエネルギー浪費(2001年3月号)
2.化石燃料とウラン(2001年4月号)
3.核時代の死の黄金(2001年5月号)
4.幻だったプルトニウム利用(2001年6月号)
5.過剰な発電所と無力な原子力(2001年7月号)
6.原子力の危険の根源(2001年8月号)
7.原子力発電所で大事故が起きたら?(2001年9月号)
8.破局的被害を生む毒物(2001年10月号)
9.木を見て、森を見ず(2001年11月号)
10.原子力から撤退する世界の流れ(2001年12月号)
11.生きるために必要なエネルギー(2002年1月号)
12.医師の皆さんに伝えたいこと(2002年2月号)

小出氏ほか原子力安全研究グループの福島事関連最新資料
なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜
by tanemaki_azumino | 2011-03-27 22:30 | 原子力発電と原発事故

3月 24日 今日の一言

3月 24日 今日の一言

以前の「今日の一言」でも紹介した
三輪宏氏(長野ソフトエネルギー資料室)のことば。
核エネルギーの危険の本質がわかります。

  そもそも地球上の生命と放射線とは本質的に相性が悪い。
  仮に温暖化対策に原子力発電が有効だとしても可とは認めない。

  宇宙が誕生したという100億年も前から放射線は既に存在し、
  宇宙や地球を構成する一部となっていたが、
  そこには「生命」は存在しえなかった。

  核エネルギーの利用は、見方によっては、

  地球の誕生から数十億年かかってなんとか落ち着いた放射線エネルギーを、
  再び物質から取り出して開放し、
  生命を危険に曝す試みなのである。

by tanemaki_azumino | 2011-03-25 00:56 | 今日の一言
3月 23日 議運の傍聴はおもしろい

新本庁舎建設のあり方を問う住民投票条例の議員提案を準備してきましたが、
残念ながら土壇場で賛成議員2名が辞退してしまい、
議案提出に必要な賛同(賛成)議員3人が確保できず提案はなりませんでした。

詳しくは2011年3月22日の活動報告をご覧ください。
新本庁舎建設のあり方を問う住民投票条例の提案まとまらず
~賛成議員4名のうち2名が辞退し議員提案ならず~


18日の議会運営委員会(議運)で議案として受理された後で、
賛成議員2名が辞退してしまったので、22日の議運で議案取下げとしました。
それにしても議会審議当日になって辞退とは、あまりにも無責任ではないか。
釈然としないまま、条例案提出者としての責任もあるので議運を傍聴しました。

本人が傍聴に来ているので、さすがに名指しで批判したりはしませんが、
暗にわたしのことを言っていると思われる発言が相次ぎました。

なかでも「?」だったのは副議長のこの発言。
「提案だ、やれ取り下げだとなったために、
議会事務局は残業したり日曜出勤をしたということだ。
たいへんな迷惑をかけたことになる。
安易な議員提案は慎むべきだ」


安易に議員提案など、まして条例の提案などできるわけがありません。
今回は、なぜか二人の議員が賛成者を辞退してしまったからこうなったまでで、
わたしは最後まで議員提案を取り下げるつもりはありませんでした。

議会は型通りやっているように見えて、じつは生きもの、生もの。
急に追加議案が出てきたり、動議があったり、議事進行に窮したり
時々刻々に状況が変化しつつも、即対応していくのが議会事務局の技量。
残業や休日出勤で内心「迷惑」と思ったとしても、それはあくまでも仕事。
「たいへん迷惑した」というようなことを、
いくらなんでも議会事務局が口に出して言うとは考えられません。

とすれば、副議長の発言の意図はなんなのか。
傍聴しているわたしに聞かせたかっただけ、なのかもしれない。

してみると、議運の傍聴はなかなかにおもしろいともいえますね。
by tanemaki_azumino | 2011-03-24 01:17 | 議会と地方自治
3月 19日 日本初の「住民投票」と原発

気がかりな福島原子力発電所
原発誘致の経緯を知りたいと思いネット検索していたら
日本初の「住民投票」が原発誘致に関わって行われたことに行き当たりました。

石川県の志賀原発です。

ところが、なんと、この投票は開票されなかった・・・
まったく信じられないような話ですが。

そうやって理不尽なことを地方に強いながら、
同時に札束で横っ面をたたくようにして原子力発電所は作られてきた。
そのことをわたしたちは知るべきだと思います。

原発受け入れの是非を問うため、1972年には地区住民約340人による日本初と呼ばれた「住民投票」を実施。

しかし、どちらに決まってもわずかの差となることが予想され、いっそう混迷しかねないと判断した石川県は開票せずに投票を破棄する調停案を示した。

地区総会もこの勧告を受け入れ「幻の住民投票」となった。

中国新聞 原子力を問うより

by tanemaki_azumino | 2011-03-20 02:01 | 議会と地方自治
3月 17日 5人家族の願いは?

『種まきブログ・投稿欄』に貼り付けたのですが、文字オーバーで却下されてしまいました。
と、メールが届きました。
たぶん3月15日今日の一言~安曇野市長編へのコメントだと思います。
ここにご紹介します。

5人家族とは・・・


  僕の家族を紹介します。
  家族思いのお父さんと、時々怖い顔で怒られるけど、
  とっても優しいお母さん。小学校5年生のお兄ちゃんと
  4年生のお姉ちゃん、そして2年生の僕の5人家族です。

  僕が生まれる前から、ず~っと毎年、夏休みには
  家族揃って海でキャンプをしています。

  その年の海でのキャンプの最後の夜、みんなでカレーを
  食べているとき、お母さんが突然、

  「来年はお兄ちゃん最後の小学生だから、みんなでハワイに行こうか?」
  お母さんの横でビールを旨そうに飲んでいるお父さんは
  ニヤニヤしていた。

  僕ら子供たちは「わ~い!わ~い!やったねぇ!!!」
  大はしゃぎで騒いだ。

  ところが、夏休みも終わり、2学期が始まりしばらくして、
  お父さんが会社の健康診断で身体のどこかに異常が見つかり入院した。

  お父さんのいない寂しい食卓。
  お母さんが涙をいっぱい溜めて
  「お父さん、大きな手術をしなきゃならなくなったの‥‥。
   それでね‥‥」お母さんは黙ってしまった。

  お兄ちゃんが言葉を繋いだ。
  「判ってるよ!お母さん!僕らハワイに行けなくたっていいよ!なぁみんな!」
  そう言って、お兄ちゃんがお姉ちゃんと僕に同意を求めるように睨みつけた。
  お姉ちゃんは黙って頷いた。

  僕は
  「夏のキャンプも止めたっていいよ!」
  続けてお姉ちゃんが
  「そうだよねぇ!お父さんが帰ってきて、みんなが揃って
  食事ができることが一番だよ、お母さん!」

  そのとき、お母さんのほっぺたを伝って流れ落ちる涙を
  僕らはそっと見ていた。

by tanemaki_azumino | 2011-03-18 01:08 | 本庁舎建設問題
3月 16日 武雄市は動いた、我が市は?

ツイッターで知りました。
武雄市は動いた、我が安曇野市は?

被災者の武雄市への受け入れ「武雄市タウンステイ構想」

武雄市では、3月11日(金)の震災発生以降、義援金の募集や備蓄物資の提供など、被災者、被災地の皆様への支援にいち早く取り組んできました。

しかし、震災後の状況を見ると、被害は想像を絶する甚大さであり、今後、復興までには相当の期間が見込まれます。

それを踏まえ、すぐにでも取り組むべきことは、被災者の生活、居住の場所の確保であり、武雄市としても、その支援に市が一体となって取り組みたいと考えています。

そこで、被災者の方々の受入体制を整備するため、「武雄市タウンステイ構想」を実施しますので、市民の皆様、関係機関の皆様の御理解、御協力を切にお願い申し上げます。

安曇野市も岩手県遠野市へ第1陣支援物資の輸送を行いました。
けれど、その先の支援が足踏み状態・・・

現在、長野県では、宿泊施設での被災者受け入れに関して
長野県旅館組合のみなさんが、県観光部の担当課と協議していると聞きました。

安曇野市には、特に穂高には宿泊施設や企業の保養施設が多くあります。
受け入れる施設がどれだけあるか調査をしておけば、
迅速な対応ができると思って、検討してほしいと市の方へは伝えました。

でも、やっぱり、
国の対応、県の対応を見てから、という雰囲気が感じられ残念です。

「震災と庁舎建設は別。合併特例債を権利として行使して本庁舎を建てる」
と言っている市長のもとでは積極的な支援体制は考えられないのでしょうか。
被災者支援が長期的には安曇野へのIターン政策につながると思うのだけれど。


武雄市長は、被災者、被災地復興支援の補正予算を計上すると表明しています。

f0213861_21513846.jpg

by tanemaki_azumino | 2011-03-16 21:48 | 安曇野市
3月 16日 被災移民の方のメンタルケアはこちらへ

大阪の知人からメール転送で届きました。
被災移民の関係者に周知してほしいとのこと。
--------------------------------------------------

認定NPOとして活動しているNPO SABJAからのお知らせを転送します。
必要と思われるひとがおられましたら、是非お知らせください。
こちらのみなさんは専門家です。


Por favor, ajudem a divulgar para falantes de portugues, ingles e
espanhol: 
Estou de plantao para suporte emocional neste telefone: 050-5534-3475
(psicologa Sandra).
Obrigada!
Please, spread the word to Portuguese, English and Spanish speakers:
I'm available to give emocional support at this phone number:
050-5534-3475 (Sandra Caselato, Clinical Psychologist). Thank you!
Por favor, difundir a los hablantes de Portugues, Ingles y espanol:
Estoy disponible para apoyo emocional en este telefono: 050-5534-3475
(psicologa Sandra).
!Gracias!

今般の東北地方太平洋沖地震により被災をされた方々、ご家族の皆様に、
心よりお見舞いを申し上げます。
心理学者サンドラ・カゼラートは、現在、被災された皆様の心のケアを行っています。

電話番号は 050-5534-3475 (相談は無料です)

ポルトガル語、英語、スペイン語での相談が可能ですので、
どうぞ心のケアを必要とされている被災者の方に、この番号をお知らせください。

--------------------------------------------------------------------------------
NPOServico de Assistencia aos Brasileiros no Japao(SABJA)
NPO在日ブラジル人を支援する会(サビジャ)
〒107-0052
Tokyo Minato-ku Akasaka 9-1-7-657
東京都港区赤坂 9-1-7-657
TEL : 03-3401-3893
Sites :http://www.nposabja.org/
by tanemaki_azumino | 2011-03-16 15:10 | お知らせ
3月 15日 今日の一言~安曇野市長編

市町村役場のあり方が問われる。
防災拠点となる本庁舎を一日も早く(建設しなければ)と痛感する。

~昨日14日の議会全員協議会での宮沢市長の発言~


今回の大震災と庁舎建設はまったく別の問題だ。
(本庁舎建設費用は)合併特例債を権利として行使していく。

~本日15日の議会での宮沢市長の答弁~


わたしから一言
まず、「建設を急がねば・・・」などと、震災にかこつけて言うことではない。
それに、防災拠点は広い安曇野市に一箇所でいいのか。
分散させた方が安全ではないか。
どこからでも指揮系統が機能するようにしておくことのほうが重要。

合併特例債は「アメ」だと言われていたけれど、
「行使すべき権利」だとまで言う人には初めてお目にかかった。
「開き直り」としか思えない。

f0213861_01117.jpg

by tanemaki_azumino | 2011-03-16 00:04 | 今日の一言