いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

1月 9日 醤油の実

1月 9日 醤油の実

f0213861_0402189.jpg

今朝のご飯はお餅に「醤油の実」
安曇野の冬には欠かせない味、なつかしの味、大好きです。

うちでは、「おしょいの実」と言っていたような・・・
黒大豆、大麦、米麹をミックスした「醤油の実麹」を買ってきては、
母が醤油を混ぜて我が家の「おしょいの実」を作っていました。
わたしが幼かったころは冷蔵庫のない時代でしたから、冬の食べ物でした。
(寒いので発酵しにくい、保存がきく)

今は出来上がった「醤油の実」がスーパーに並んでいます。

郷土食かなと思って調べてみると、全国各地に似たようなものがありました。
安曇野市ではどこかないかな・・・、と思ってホームページを探していたら
我が家の醤油「マルタしょうゆ」の丸山味噌醤油醸造店が出てきました。
(「マルタしょうゆ」いい醤油です。ビフ穂高でも買えますよ!)

「しょうゆの実」を見たら、本年は販売終了だそうで、残念でした。

「醤油の実麹」で手作りしてみようかな。
by tanemaki_azumino | 2011-01-10 00:42 | 折々の暮らし

1月 7日 農業所得の申告

1月 7日 農業所得の申告

毎年、お正月も明けるころから気になるのは税の申告のこと。
ただし、農業所得の申告といっても、わたしのことではありません。

たまたま市民税について聞きたいことがあって課長と話をしていたところ、
農業所得の申告用に「農業収支計算ソフト」を市が提供していると聞きました。

農業所得については、
収支計算による申告と農業所得標準による申告の二通りが認められていたのが、
平成18年分の農業所得からすべて収支計算方式になったということです。
そこで、
所得標準で申告をしていた農家が収支計算方式に移行しやすいようにと、
安曇野市の職員が工夫して独自に農業収支計算ソフトを開発したとのこと。
これがなかなかの評判で、他市町村からの問合せも多いそうです。

日々の入金、支払等を入力することで申告に必要な収支内訳書を作成できます。
もちろん無料で利用できます。
パソコンが使えないから・・・ という方
これを機会にパソコンを始めてみるのもいいかもしれません。

農業収支計算ソフトと計算ソフト取扱説明書は、安曇野市のホームページ「農業所得の申告について」からダウンロードできます。

ちなみに、わたしは国税庁ホームページで確定申告の書類を作っています。
議員報酬では源泉徴収されているので、確定申告をしているのです。
e-Tax(電子申告・納税システム)というのもありますが、
住民基本台帳カードが必要なので、まだそこまではやっていません。

▼葉牡丹は冬の彩り~今年は「踊り葉牡丹」に仕立てたい
f0213861_14218.jpg

by tanemaki_azumino | 2011-01-08 00:09 | お知らせ
1月 5日 933億円の借金が「ひとり歩き」するとは

そろそろお屠蘇気分から抜け出さなくてはと、今日は議会広報編集の準備にかかりました。

本会議の録音から「テープ起こし」した粗原稿を確認。
まずはわたし自身の発言部分、質疑や一般質問、そして討論など。

そして、12月15日の代表質問のところで気になっていた
「安曇野市の借金の実質は10億5,000万円」という発言について、
聞き違い、勘違いではいけないと思い、丁寧にたどってみました。

【K議員質問】
一般会計の実際の借金は、約357億円から地方交付税に算入される276億円を差し引きますと約81億円、さらに一般会計の基金等118億6,400万円ある、そのうちの財政調整基金等が約70億円あると、こういう内容であります。したがって、それを差し引くと、一般会計の実際の借金というのは、10億5,000万円になると、こういう内容ですが、いかがですか

【企画財政部長答弁】
ただいまの議員のご質問の、そのような数字の並べ方が果たして適切かどうか、この辺はまた私どもでも検証をさせていただきたいと思いますので、お願いします。

357億円から「地方交付税に算入される276億円を差し引く」とは、なんと強引な発想。
そんな計算をしていたら財政規律などないも同然。
正しくは、地方交付税の額の算定に用いる『基準財政需要額に算入される』です。

企画財政部長が
「そのような数字の並べ方が果たして適切かどうか」と答えているのが、せめてもの救い。
「適切ではない」とハッキリ言ってほしかったですが・・・

【K議員質問】
それでは、市長にお伺いいたします。
933億円の借金があるということがひとり歩きをしております。市民に不安が広がっております。安曇野市は健全財政であることを、行政の言葉でなく、市民のわかる、理解できる説明をする義務があると思いますが、どうお考えですか。

【市長答弁】
常々申してまいりましたように、やはり市民の皆様方から内容を理解していただくには、行政の専門用語でなくして、例えば小・中学生にもわかるような噛み砕いた内容の説明をし、市民の理解を得ることが大切だというように考えておりまして、これらの工夫につきましては、担当に指示をしているところでございます。

本庁舎建設のためには
どうしても「大した借金ではない」と強調したいようですが、

一般会計と特別会計とを合わせて「933億円の借金がある」のは間違いありません。
「市民に不安が広がって」いるとすれば、それは市民として健全な心理です。
「市民のわかる、理解できる説明」は、往々にして真実から遠ざかる傾向があります。
「噛み砕いた」結果、市民が誤解するようなことがなければいいのですが・・・

そもそも「理解できる説明」をする以前に
「説明が理解できている」議員がどれだけいるでしょうか。

◆広報あづみの111号(2010年10月20日発行)
 平成21年度決算公表についてはこちらへ
◆最新の基本計画(2010年12月27日更新)
 安曇野市本庁舎等建設基本計画(全42ページ )
◆1月6日に配布された本庁舎建設基本計画(2011年1月6日発行)
 別冊 ご説明します。本庁舎建設基本計画
by tanemaki_azumino | 2011-01-06 02:04 | 本庁舎建設問題
1月 4日 ミツバチ@松本のお知らせ

「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会
   +鎌仲監督・飯田哲也さん・美咲さんトーク&コンサートin松本市


【日時】2011年 1月 15日 (土曜日)
【会場】松本市中央公民館(Mウィング)/長野県松本市中央1-18-1
【プログラム】開場9:30/上映10:00
【参加費】大人前売1000円・当日1200円・中学生以下500円
【主催】ミツバチ松本上映実行委員会
【問合せ先】神谷/0263-46-6229/asama●jcf.ne.jp ●を@にしてください

「持続可能」という言葉は実に多様な意味を含んでいます。
その中でも私が最も大切だと考えるのは
自然の法則に逆らわないということです。

今回の作品で表現し、伝えたいと思っているのは
普段私たちが見過ごしている自然循環の大きな力です。
それを敵にするのではなく、共に生きるという感覚です。

実は、私たちの先人たちがそうやって生きて、
1000年も2000年も文化や地域を持続させてきたのです。
その生き方を再発見し、
現代のテクノロジーと共に生かしてゆくという課題があります。
それが、私たちの持続可能で安心できる未来のイメージとなるのではないか、
という予感がしています。

一方で絶望的とも思える現実を直視しながら、
もう一方で今、存在する可能性と希望を、
それがたとえどんなに小さくともあきらめない、
そんな眼差しを持ってこの映画を制作したいと望んでいます。
(鎌仲ひとみ監督のメッセージ)

そして、もう1本ご紹介。
待ちにまった「マザーウォーター」
長野市まではなかなか行けなかったのですが、
やっとこっちまで来ました。
アイシティシネマで1月15日~28日上映されます。
by tanemaki_azumino | 2011-01-04 23:38 | お知らせ
1月 2日 冬木立ちに春の息吹

▼有明山が見える風景 青空に映える檪の冬木立ち
f0213861_8411442.jpg



▼冬枯れの世界かと思いきや 春の息吹
f0213861_8452890.jpg

by tanemaki_azumino | 2011-01-02 00:32 | 折々の暮らし
1月 1日 2011年兎の元旦

f0213861_1424959.jpg


ポンポン咲きの白菊に
耳はスマイラックスの葉、目は赤い南天の実です。
兎さんの出来上がり。

本年もよろしくお願いいたします。
by tanemaki_azumino | 2011-01-01 01:37 | 折々の暮らし