いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

<   2010年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

9月 29日 夕方症候群

9月 29日 夕方症候群

「えらいことだ、いったいどこへ来ちまったずら・・・」
「ここにゃ、いられねえだ。帰らなけりゃ・・・」
「うちへ行くで、戸を開けとくれや・・・」

母(90歳、認知症)がしゃべっているのです。
デイサービスから帰ってしばらくすると、ぶつぶつ言いながらソワソワする。
最近そんなことが頻繁になってきました。

夕食後、ちょっとウトウトして目を覚ました時なども同じ。
「どうしてこんなとこへ来ちまっただか・・・」
「おら、帰るで連れてっとくれや・・・」

あまりにしつこいので、ついこちらも声を荒げてしまう。
「カアちゃん、なに言ってんのよ!ここがうちでしょ!!」
「寝ぼけてないで、しっかりしてよね!」

こんなことの繰り返し。
そんなとき、たまたまネットで認知症介護の情報をあたっていたら、
あったのです。
うちの母と同じだ、よくあることなんだと妙にナットク。

家に帰りたがる(夕方症候群、夕暮れ症候群)
夕方ごろ決まってそわそわと落ち着かなくなり、「家に帰ります」といって帰り支度をして出ていこうとします。だいたい夕暮れ時にこうしたことが起こるので、夕暮れ症候群、夕方症候群などと呼ばれています。
認知症の方のいう自分の家は、生まれ育った家や、自分が若いころ住んでいた家であったりします。ですから、認知症の方の気持ちを思いやって、否定したり説得するようなことはしないでください。
「家に帰りたい」といったら、とりあえずは「そうですか」と受け止め、それから「夕ご飯を食べていってください」「今日は泊まっていってください」などといって、認知症の方の気持ちを別のことに引きつけるようにしたり、一緒に外に出て満足させるようにしたりしてください。

すると、
わたしの対応は最悪だったということ。
それからは、
「もうじき夕御飯だから食べていけばいいじゃん・・・」
「もう暗くなって帰るのも大変だから、泊っていけば・・・」
「今日はもう遅いから、明日になったら連れて行ってあげるね・・・」

こんな感じで、ゆる~く、テキトーにやってます。
これで不思議と落ち着くんですよ。
わたしも一つ対処法がわかって、気が楽になりました。

▼こんなに花もたわわなメドハギも珍しいのでは
f0213861_1474617.jpg

by tanemaki_azumino | 2010-09-30 01:48 | 折々の暮らし
9月 27日 議会の「決議」について

議会の決議については慎重な対応を
~ 安曇野市議会「本庁舎建設促進を求める決議」案を可決 ~



安曇野市議会9月定例議会・最終日でのことです。
この記事ついては活動報告のホームページでご覧ください。

▼夏の名残りを惜しむかのようなヒメジオンの花
f0213861_13315713.jpg

by tanemaki_azumino | 2010-09-27 13:32 | 議会と地方自治
9月 24日 わたしじゃないのよ

「じゅん子さん、よくやったね!新聞読みましたよ」
今朝、電話をいただきました。

「議員年金の廃止決議ね。でも、あれ、わたしじゃないんですよ」
「えぇ?そうなんですか。これまで2度も議員提案してダメだったわけでしょ」
「今度こそじゅん子さん(の提案)が通ったと思ったのに・・・」

そのあたりの事情は3月26日のブログで書いています。


今回の議員年金廃止決議案は
議会最終日の本会議直前に、主旨説明もなく唐突に提案されたものです。
提案者はM下議員で、賛同者には会派代表5名が名を連ねていましたが、
そこには、
なぜか以前から議員年金廃止に賛成していた議員の名前はありませんでした。

賛同してくれないか、という話さえありませんでした。

こうして、突然に出てきた決議文には
「これ以上の公費負担の増加は困難」と言いながら
「国会議員年金の廃止例にならい、受給者や現職議員への十分な保障を」
という矛盾に満ちたムシのいい要望がつづられていました。

議案質疑でこの点について提案者にきいたところ、
県の市議会議長会の方針に沿ったものだ、という答弁でおしまい。

議員年金廃止に賛成のわたしであっても、
こんな手前勝手な決議案の出し方ではダメという思いがありました。
しかし、
とにかく廃止に向けての流れを加速したいという一心で賛成しました。


手前勝手といえばもう一つ決議がありましたので、
そのことについては、また明日書きます。
(怒)

f0213861_028258.jpg

by tanemaki_azumino | 2010-09-25 00:29 | 議会と地方自治
9月 21日 誤ってやったことか

今夜のニュースの注目はこれ。
郵便不正事件:検事が押収品改ざん FD更新日を変更

この問題の主任検事は「FDの日付を変えた」と認めているという。
しかし、故意ではなく「誤って変えてしまった」のだと。


安曇野市でも似たようなことがありました。
情報公開に関わった職員は「よく知らなかったので間違えた」と言い訳。
公開文書のページ差し替えや十数カ所にわたる改変が、
「よく知らない」で「誤って」できるわけがありません。


この大阪地検特捜部の検事は、証拠隠滅の疑いで最高検に逮捕。

安曇野市の方はといえば、公文書偽造・変造の疑いがあるというのに、
訓告と厳重注意という指導的処分でおしまい。
懲戒処分でさえない(公務員の懲戒処分は、免職、停職、減給、戒告の4種類)。


市議会でも「訓告ですむことではない」という声が聞こえてきます。
「これじゃ安曇野市の情報公開は信用できない」と言われても仕方がない事態。
しかるべき手段をもって追及することを考えています。
by tanemaki_azumino | 2010-09-22 00:34 | 本庁舎建設問題
9月 20日 自由法曹団通信1356号より

住民訴訟でずっとお世話になっている中島嘉尚弁護士から
自由法曹団通信1356号が届きました。

東京高裁での控訴審判決についての報告です。
長文ですが、ぜひ読んでください。

f0213861_23432926.jpg


自由法曹団通信 旬刊 1356号 2010年9月11日

税金の無駄遣いをやめさせよう!
第三セクターにかかる債務の損失補償契約にもとづく
自治体の長に対する支払差止を認容する逆転勝訴判決(東京高裁)
長野県支部  中島嘉尚


一 東京高等裁判所第22民事部は、2010(平成22)年8月20日、第三セクターの債務につき損失補償契約をなした自治体の首長に対し、金融機関への補償債務の支払いを差し止める判決をした(裁判長は加藤新太郎裁判官である)。

二 事業の概要は次のとおりである。
長野県安曇野市は、同市所在のM社(トマト栽培を主とする)が、A、B、C各金融機関に対し、負担する債務につき、A金融機関2億5000万円、B金融機関5250万円、C金融機関4875万円の範囲内で各金融機関との間で損失補償契約を締結した。そこでこの損失補償契約が無効であるとして住民監査手続きを経て(住民監査手続では棄却)地方自治法にもとづき公費出費差止めを求めて提訴がなされた(平成19年11月21日)。

三 論点は以下のとおりである。
①監査請求期間を徒過した訴えか。
②本件各損失補償契約は財政援助制限法第二条に違反する無効のものであるか。

四 東京高裁の判断
(1)前記①すなわち監査請求期間徒過の有無の点については第一審の判決では、損失補償にもとづく支出がなされていないので期間は進行しないとの理由により適法と判断していたところ、本件控訴審判決においても同様の理由により適法と判断した。

(2)前記②財政援助制限法に関する東京高裁の判断は次のとおりである。
①財政援助制限法三条は、地方公共団体等の財政の健全化のため、地方公共団体等が、会社その他の法人の債務を保証して不確定な債務を負うことを防止する規定である。

②同法で禁止する保証契約とは、主債務との間に付従性補充性があり、保証人は、主債務者と同一の責任を負う性質を有する契約である。

③損失補償契約は主債務との間に付従性補充性はない。また、損失補償をしたからといって、当然に主債務者に対し求償したり債権者に代位できるものではない。この点において損失補償契約は保証債務とは差異があるということはできる。

④しかし実際には、損失補償契約についても、保証債務と同様の機能を果たすことが多い。付従性補充性がなく、当然の求債や代位もできないのだから、保証債務よりかえって責任が過重になる。それにもかかわらず財政援助制限法三条の規制が及ばないとすれば、同条の趣旨が没却される。したがって法の趣旨を没却しない特段の事情がない限り同条の類推適用がなされ規制が及ぶ。

⑤次に財政援助制限法三条の趣旨を没却しない特段の事情としては、損失補償契約を締結する公益上の必要性が高いことと、相手方の金融機関が公益の必要性に協力するために損失補償契約に至った場合には、特段の事情が認められるとしている。

⑥本件M社に関する各金融機関との損失補償契約は明らかに保証契約と同様の機能を果たすものであり、財政援助制限法三条の趣旨に反し無効である上、公益性などの特段の事情も認められない。したがって本件損失補償契約に基づく支出の差止めの請求は理由がある、とした。

⑦取引の相手方たる金融機関側との取引の安全性については、財政制限法三条の趣旨を実効性あらしめるためには、無効もやむを得ないとする。しかし損失補償契約を締結する公共の必要性が高く、金融機関も公益上の必要性に協力し、さらに契約当時の諸般の事情から当該金融機関において違法性の認識がないと認められる場合にあって、当該地方公共団体が損失補償契約の無効を主張することが社会通念上著しく妥当性を欠くと評価される場合は、地方自治体は信義則上当該金融機関に対し、無効を主張できないと解される余地がある。

⑧本件判決と既判力との関係について
金融機関が自治体を相手に信義則上無効を主張し得ない事情を主張して訴訟提起をすることは想定できる。この場合、訴訟提起は差止認容判決の既判力によって妨げられない。

⑨前記訴訟によって信義則上の事情が認められ、請求が認容されたとしても、自治体は差止め判決の拘束力により任意の履行は許されず、金融機関の強制執行の方法によるべきである。

五 このように本件判決は、損失補償契約は財政援助制限法第三条により原則として無効であり、例外的に公益性が認められる場合など法律の趣旨を没却しない範囲で有効となる場合があると明言したこと、その結果本件については差止めが認容されたこと、但し、判決の既判力は金融機関の契約に基づく履行請求の訴訟提起には及ばないこと、自治体が無効を主張し得ない信義則上の事情がある場合は認容される余地があること、しかしそれでも自治体への差止めの判決の拘束力はあるので、自治体が自ら任意に履行することはできず、強制執行の方法によるべきであることを判示したものである。

六 本件のように財政援助制限法違反を理由に、主文をもつて差止めを認容した判決はあまりないのではないかと思う。また本件判決は、第三セクターに対する自治体の安易な損失補償契約に制限をかけるものである。ともすれば無責任な損失補償契約がまかり通っている現状に対し、警鐘を鳴らしたものといえる。

 多くの自治体では、合併前の一自治体の損失補償契約を合併後の首長が背負い込んでいる場合や、前首長の無責任な損失補償契約に対し、これを批判して選ばれた新首長が実際には前首長のした損失補償契約の履行を求められ、その対処に苦慮困惑する場面が多発しているのではないかと思う。この判決はある意味で解決の指針を示したものともいえる。本件も合併前の一自治体の首長が行った損失補償契約の無効を合併後の首長に対して主張したケースである。

七 本件訴訟は原告(控訴人)一名、弁護士一名という(少数精鋭?)体制(ただし住民は応援してくれた)で闘ったものであるが、得た成果は大きいのではないかと思っている。なお、既成事実の進行を避けるため滋賀県の吉原稔先生の「省エネ裁判」を読み、なるほどと思い、本件の場合にも証拠としての資料は多く提出したが、当方から証人尋間は不要として、証人申請は行わなかったので、証人調べはなされていない。

 また高裁における訴訟の進行は大変に緊張感に満ちたものであり、その場で裁判長が疑問点を訊き、その場で答えを求められるというもので、一回ごとの弁論手続を大事にした(まさに口頭主義)。

八 本件は損失補償問題とは別の請求もあったが、その部分は結論的には却下となった。ここでは省略させていただく(ただし、その問題に対しては理由中で自治体に反省を求めている)。

九 追伸 本件については、新聞報道等によると、9月8日の市議会において上告受理申立手続をとることに議決したとのことです。首長は「多くの自治体に影響を及ぼす判決」と説明したそうです。おそらく全国の自治体の意向をも体したものと推定されます。そうなると当方も「そうですか」というわけにはゆきません。ある意味では総力戦の覚悟をしなければなりません。全国の団員の皆様の御意見と御協力、御支援をお願いするものです。
(自由法曹団通信 旬刊 1356号 2010年9月11日)
by tanemaki_azumino | 2010-09-20 22:54 | 訴訟や裁判

9月 18日 特別送達

9月 18日 特別送達

東京高裁より特別送達の郵便が届きました。
特別送達(とくべつそうたつ)は、日本において、民事訴訟法に規定する方法により裁判所や公証役場から訴訟関係人などに送達すべき書類を送達し、その送達の事実を証明する、郵便の特殊取扱。特送(とくそう)と略されることもある。
ウィキペディアより)

f0213861_22434575.jpg

1通は安曇野市の上告受理申し立て通知書

もう1通は上告提起通知書で、
あづみ農業協同組合がこの裁判に補助参加するというもの。

損失補償契約は違法、無効として
金融機関への支払い差し止めの判決が出たので、
差し止められては困るということで補助参加を決めたのでしょう。


以上の二つの通知書は、
高等裁判所が形式的な審査を行い、その結果、特に不備がないと判断した場合に
当事者双方に対して送付されるものだということです。

最高裁判所へ送られるのは、まだ先になりそうです。
最高裁で上告が受理されるか、不受理となるのかは、さらに先のこと・・・

その間に、わたしたちもしっかりと準備をしなくては。
全国から支援の声が続々と・・・、大いに励まされています。
by tanemaki_azumino | 2010-09-18 22:45 | 訴訟や裁判
9月 17日 譲渡先が見つかるか

菜園の清算は先送り/「まず譲渡先探し」
  ~ 安曇野市長、あいまい答弁繰り返す ~


本日の安曇野市議会、小林純子の一般質問の報告です。
この記事ついては活動報告のホームページでご覧ください。
by tanemaki_azumino | 2010-09-17 23:08 | 訴訟や裁判
9月 14日 非の打ちどころがない

8日のブログで報告したとおりですが、
安曇野市は
3金融機関と市が結んだ損失補償契約を違法無効とする東京高裁判決を不服として
最高裁に上告する申立て案を開会中の9月市議会に提案
市議会は賛成多数で可決しました。

8日の議会を振り返ってみると、
議会としてなすべき大切なことが忘れられていたのではないか、
そんな気がして仕方ありません。

公平・公正な判断を下すために議会がなすべきことは、
上告しようとする安曇野市の言い分だけでなく、
訴えた側の原告の言い分も聞くということではなかったか。


そんなことを考えていたら、
地方議員のYさんから次のようなメールが届きました。
新聞で読みましたが、委員会審査を省略するのは良くないですね。
O市議会では、控訴の審議の時には委員会審査を省略しなかっただけでなく、
全員協議会に原告団長を呼んで、1時間原告側の主張を聞きました。
行政側の主張だけで判断するのはフェアではないとの理由からです。

そして今日は、
政治学博士のTさんから、こんなコメントもいただきました。
東京高裁判決は非の打ちどころがないように思います。
これで上告するなんて、安曇野市は何を考えているのでしょうか。
そもそも自治体レベルで政策法務ができていない実例ですね。


こうなれば、
わたしがやらなければならないことはハッキリしています。
まずは17日の一般質問から。
by tanemaki_azumino | 2010-09-14 22:49 | 訴訟や裁判
9月 12日 出前講座のお知らせ

f0213861_22295735.jpg

安曇野市出前講座・連続2回のうちのパート2のお知らせです。
テーマは「本庁舎建設と財政」
  ~その1 本庁舎建設と そのプラン~(7月17日に開催済み)
  ~その2 安曇野市の財政はどうなる~

講座「その2」の詳細が決まりましたので、お知らせします。

テーマ:安曇野市の財政はどうなる ~平成21年度の決算をふまえて~
日 時:9月24日(金)午後6時半より
場 所:堀金総合支所3階 301会議室
内 容:企画財政部職員より説明を聞く、質疑応答、意見交換    
    *受講無料


広報あづみの104号(6月23日発行)では
〝事業費を抑えた必要最小限の本庁舎を建設する〟と説明していますが、その事業費は80億円。

合併特例債を活用することで、市の実質的な負担額は約31億9000万円になると見込まれます。
と説明していますが・・・

合併特例債とはなんでしょう。
どうして負担が軽くなるのでしょう。
そもそも、安曇野市の財政状況はどうなのでしょうか。
by tanemaki_azumino | 2010-09-12 22:36 | お知らせ
9月 9日 湯浅誠さんをお招きして

3年前に結成されたわたしたち「生存を支える会(仮)」は、
貧困問題の第一人者といえる湯浅誠さんの講演会実施を契機に、
野宿者・困窮者支援の活動 を本格化しました。

それから2年。
わたしたちたち「支える会」は多数の貧しい人々と支えあい、
福祉窓口対応の改革を求め(そのうちのいくつかを実現し)、
人々の間に「貧困問題」を訴える一助をなしてきました。

しかし
安易な解雇による失業が即座にホームレス化に結びつくような社会情勢は
大きな好転を見せず、
「貧困問 題」の長期化はいっそう明らかとなりつつあります。

そこで再度、
湯浅誠さんをお招きし「貧困問題」の現在を問う集いを持ちたいと考えています。

以下の通りご案内しますので、 ぜひご参加・ご協力ください。 
転送・転載、大歓迎です。

-----シリーズ反貧困!VOL.15-----
湯浅 誠 講演会 ~貧困問題は今?~


日 時 2010年10月23日(土)19:00~21:00
会 場 松本市中央公民館3-1
参 加 資料代500円
主 催 生存を支える会(仮)

問い合わせ先 080-5141-4694(八木)

f0213861_2264043.jpg


「ネットカフェ難民」「派遣切り」「年越し派遣村」等の言葉が連日ニュースや新聞を飾った2年前。現代日本に貧困があることを明らかにしたそ れらの「トピックス」は、2年を経た今ではほとんど伝えられなくなりました。果たしてこの2年の間に貧困という問題は無くなったのか。長野県で解 雇された1万人にも及ぶ非正規労働者は「なんとかなった」のか。政府や行政による失業者への支援政策は進んだのか、それとも……。
 「反貧困ネットワーク」事務局長、日比谷での「年越し派遣村」村長、内閣参与などを務め、様々な立場に身を置きつつ一貫して貧困の現場で活動を 続けてきた湯浅誠さん。
 湯浅さんとの対話を通じて、今、私たちの置かれた情況を問い、明日を生き延びる術への手がかりを掴みましょう。 (八木)

●湯浅誠プロフィール
反貧困ネットワーク事務局長、NPO法人自立生活サポートセンター・もやい事務局次長、内閣府参与。90年代より野宿者(ホームレス)支援に携わ る。 「ネットカフェ難民」問題を数年前から指摘し火付け役となるほか、貧困者を食い物にする「貧困ビジネス」を告発するなど、現代日本の貧困問題を現 場から訴えつづける。
2008~09年年末年始の「年越し派遣村」では村長を務める。2009年内閣府参与に就任し、いったん辞職するも2010 年5月再任用。

著書に『反貧困』(岩波新書、2008年、第14回平和・協同ジャーナリスト基金賞大賞、第8回大仏次郎論壇賞)、『貧困襲来』(山吹書店、 2007年)、『本当に困った人のための生活保護申請マニュアル』(同文館出版、2005年)、『派遣村』(いずれも共著、岩波書店・毎日新聞 社、2009年)など。
by tanemaki_azumino | 2010-09-09 22:10 | お知らせ