いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

<   2010年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

7月 13日 だれのための議会か

「小林さん、あんた、おつきあいというものを知らんのか」
「そんなことだから、なにを反対したって一人っきりで誰もついてこないんだ」


ある議員が、議員会派室のある2階に喫煙室を設置してほしいという要望書を市長に提出するため、議員の賛同署名を集めていました。

わたしにも署名してくれないかと話があったので、
「喫煙室は3階にある。それで不都合があるなら、外で吸えばいい。2階に喫煙室はいらないと思うから、署名はしない」と断りました。
そしたら、このステゼリフです。


今日になって、議員23名の署名を添えて喫煙室設置の要望書が市長に提出されたと聞きました。堀金総合支所長にも要望が伝えられたそうで、支所長は「どのような形で整備するのがよいか検討する」とのこと。


喫煙室はタダではできません。
予算措置が必要です。
予算は言うまでもなく市民の税金です。

「会派室のある2階に喫煙室を設置してほしい」がために、
議員23人もの署名を集めて市長に要望書を出す。
要望された市長や職員は「議員さんの願いとあっては、配慮しないわけにはいかない」
ということになるとすれば・・・

これって、おかしくありませんか?

6月議会では、「子宮頚がん予防ワクチンの公費負担を」という市民からの請願について、紹介議員14名の署名は多すぎると問題にしたのに、自分たちのこととなるとさっさと同僚議員23名もの署名を集めて、正統な手順をふまずに予算を付けさせるようなことをする。

紹介議員が多すぎる=過半数の議員が賛同していることになるので、請願書を受け付けて審議するまでもない。仮に受け付けたとすれば、自治法に禁止されている「事前審議」をしたことになるからダメだ。そう言っておきながら、議員自ら過半数の賛同署名を集めて市長に直接要望するなど、私には考えられません。

こんなことがまかり通るなら、
「何のための議会か」「誰のための議会か」ということになってしまいます。
by tanemaki_azumino | 2010-07-14 01:28 | 議会と地方自治

7月 11日 今日の一言

7月 11日 今日の一言

タイトル「国民をリストラする政府」

企業社会ではIT化の後押しもあって、
  人材を減らすという劇薬で業績の向上をはかりました。
  新入社員を採用しない
  退職間近の人を早期に退職させる
  さらに、まんべんなく早期退職者を募る

政府が、日本国民に対して行ったことも同じでした。
  コドモが生まれてこない社会にする
  老人を痛めつける
  そして、すべての世代で自殺者の数が増加するようにする

あたかも、生きている、あるいはこれから生きようとしている人の「命」を
リストラしてしまったのです。

「アベコベの国」望月昭(ぶん)、細川貂々(え)
メンタルヘルスマガジン「こころの元気」2010年6月号より


実はこれ、
うつ病を患っている娘(二女)からススメられた雑誌。
セカンドオピニオンを求めて、1カ月の予定で入院中なのです。

ブログ更新が滞っていたのは、
彼女の見舞いで京都と安曇野を行き来していたから・・・


お世話になっている病院は解放病棟の精神科病院のさきがけだそうで、
医師もスタッフも素晴らしいです。
この病院のことは、また改めて書きたいと思います。

(細川貂々さんには「ツレがうつになりまして。」というのもあります)
f0213861_1244926.jpg
by tanemaki_azumino | 2010-07-12 01:28 | 今日の一言
7月 7日 リヒテルのバッハ

f0213861_1593620.jpg
 安曇野市の図書館「みらい」ができてから、
 月に2回はCDを借りに通ってます。

 一度に3枚まで借りられるので、
 このところ、必ず一枚は、
 バッハをの曲を入れることにしています。

 同じ曲をいろいろな演奏で聴いてみるのが楽しみ。



昨日、今日と繰り返し聴いているのは
リヒテルが弾くバッハのイタリア協奏曲/フランス風序曲/四つのデュエット

このCDはリヒテル晩年の録音(1991年、76歳)
指の動きは完璧というには・・・、ですが、
バッハに浸りきって弾き心地よく「好きなように」演奏しているのがいい。

ピアノの音とタッチの強弱は変幻自在で、
こんなにロマンチックなバッハは初めて聴きました。

バッハらしくない演奏だという人もあるかもしれませんが・・・
わたしはこういうバッハも好きですね。
by tanemaki_azumino | 2010-07-08 02:05 | 折々の暮らし

7月 5日 係争中

7月 5日 係争中

わたしが住民訴訟で安曇野市(長)を訴え係争中であることはご存知の通り。

議会で関連の質問をすれば、
「係争中であるから」と言って答弁を避けようとするのが市職員の常。
これは、まあ、黙秘権みたいなもので、ある意味認めざるをえません。

しかし、議会の委員会が「係争中であるから」と言って
原告の言い分を聞かないばかりか、
調査会(注1)の傍聴も認めないとはどういうことでしょう。

それでいて
被告である市の言い分は、調査会を「秘密会」にしてまで守ろうとする。


「係争中である」ことを重視するのであれば、
議会はよりいっそう中立の立場を堅持して、調査すべきではないでしょうか。

本日の調査会では、
はからずも行政寄りの姿勢が見えてしまったようです。


(注1)安曇野菜園の経営等に関する調査会

▼ひっそりとドクダミの花が咲いていました(斑入りの葉がめずらしい)
f0213861_93531.jpg

by tanemaki_azumino | 2010-07-06 01:50 | 議会と地方自治
7月 4日 マツモトセンノウ

紅色鮮やかに松本仙翁の花が咲きました。

松本仙翁(マツモトセンノウ)はナデシコ科の宿根草。
原種が自生しているのは稀で、花を見るのは難しいとのこと。
うちのは園芸種、花の名前に「松本」とあったので植えてみたのですが、
名前の由来は、諸説あってよくわかりませんでした。

f0213861_23104462.jpg


阿蘇山の草原に生える筑紫松本(チクシマツモト)が原種だとか、
京都嵯峨野の仙翁寺で最初に発見されてので「仙翁」の名が付いたとか。
この説の裏付けは、『大和本草綱目』(1708)に
「センヲウハ嵯峨ノ仙翁寺ヨリ出タルユヘ名ツクト云。仙翁寺今ハナシ」とあるそうな。

また、
「松本」は江戸時代の歌舞伎役者の松本幸四郎の紋所と花が似ているからだとも。
これは植物博士の牧野富太郎の説。

「山と渓谷社」の植物図鑑には、
長野県松本市周辺に自生していたからとあります。

わたしはこれだと思っていたのだけれど、どうなんでしょう。

阿蘇か京都嵯峨野か、はたまた信州松本か・・・

幸四郎の紋所という説にしても、
「四つ花菱」の花弁は4枚、センノウとはちょっと違うような・・・
by tanemaki_azumino | 2010-07-04 23:18 | 折々の暮らし
7月 4日 産廃問題、県による住民説明会のお知らせ

安曇野市三郷小倉地域に建設されたゴミ処理施設問題について、
県による住民説明会が開催されるとのことです。
下記のように連絡いただきましたので、お知らせします。

7月14日(水)に県による住民説明会が開催されます
A社が産廃処理施設の不許可処分の取消を求めて長野県を訴えていた裁判は、
この3月に不許可処分の取り消しという判決が出ました。

A社の言い分が全面的に認められたのではないのですが、
私たちや、県自らも指摘してきた、施設に関する業者の違法・不法な点が
争点になっていないこの裁判結果は住民の立場から見て、
不当なものと言わざるを得ない内容でした。

その後、私たちは長野県に控訴するように申し入れましたが、
結局県も業者も控訴しないということになりました。

なぜ県は控訴しないのか?
また、これからどのような対応をしていこうとしているのか?

県は住民に対して説明責任があります。
私たちは、県が4月に「控訴しない」と決定してから、
何度も繰り返し住民説明会をするように要請してきており、
ようやく説明会のの日程が決まりました。

◆7月14日(水)午後7時~ 三郷公民館講堂にて

判決では、
「県が補正の機会を与えなかったことが違法」だとされたわけで、
現在、業者は裁判所に指摘された資料を補正して県に提出し、
県とやり取りを行っている状況です。
そして再度審査された上で、
県が再び「許可」か「不許可」かという判断するのです。

私たちが今までに指摘してきた数々の不正・不誠実な行為は
一体どう判断されるのでしょうか?
事業計画そのものの不備な点もはっきりとあります。
そして、私たちが業者に対して抱いている最も大きな不安である、
私たちの生活や周囲の環境に及ぼす影響はどう考えられているのでしょうか?

先だっての判決で触れられなかったこれらの問題をそのままにしておくと、
県が業者に操業の許可を与える可能性が充分考えられます。

今度の住民説明会は、A社施設の稼動を左右する重要な説明会になります。
大勢で説明会に参加し、許可に反対する意思を県に伝えることがとても大切です。

近隣住民の私たちは勿論、関心のある市民全員が対象です。
安曇野に暮らし、安曇野を愛する人たちの参加を切望します。
この問題の本質を知ってください。

by tanemaki_azumino | 2010-07-04 15:30 | お知らせ
7月 1日 出前講座のお知らせ

f0213861_2104942.jpg
安曇野市出前講座・連続2回で開催されます。

テーマは「本庁舎建設と財政」
  ~その1 本庁舎建設と そのプラン~
  ~その2 安曇野市の財政はどうなる~


講座~その1の詳細が決まりましたので、
お知らせします。

日 時:7月17日(土)午前10時より~12時
場 所:堀金総合支所3階 301会議室
内 容:本庁舎建設準備室長から説明を聞く
    質疑応答、意見交換
   
    *受講無料





~その2 安曇野市の財政はどうなる~については
前年度決算がまとまる8月下旬に開催を予定しています。


ところで、出前講座のチラシを作りましたが
講師側(安曇野市)の意向を受けて微妙に修正が入りました。
このビミョーな修正は何を物語っているのか・・・

出前講座20100717_改訂版.pdf
出前講座20100717.pdf
by tanemaki_azumino | 2010-07-01 21:04 | お知らせ
6月 30日 わたしはこう見る、ワールドカップ2010
f0213861_1465889.jpg

イルコモンズさんのブログには、ハッとさせられます。
▼ わたしはこう見る、ワールドカップ2010
そして
▼ もうひとつのワールドカップ:文化人類学解放講座

こちらはオマケ情報です、参考まで。
サッカーワールドカップ ユニフォーム 2010 南アフリカ特集
by tanemaki_azumino | 2010-07-01 01:47 | 今日の一言