いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

<   2010年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

4月 14日 議会広報の表紙

安曇野市議会の広報誌「市議会だより」の編集が始まりました。
今日は、「表紙の写真をどうするか」で、けっこう手間取りました。

これまで通り、
安曇野の美しい自然や風物誌を、季節感タップリに紹介していこうということで決着。


安曇野の歴史、文化、政治など各分野の先人にちなんで
たとえば自筆草稿、愛用の品々(遺品)、関連資料・書籍など
写真と解説で見せたらどうか。
まずは、議会、政治の関連で、清澤洌松沢求策植原悦二郎あたりからどうだろう・・・
そんな新しいアイデアもあったのですが、
「とっつきにくい」ということで没になってしまいました。


ところで、
地方議員の「座右の書」ともいうべき地方自治法の誕生日、ご存知ですか。
4月16日です。
1947年のこの日、地方自治法が公布されました。
その冒頭には植原悦二郎が内務大臣として署名しているのですよ。


清澤洌と植原悦二郎については、
穂高中学校で大変お世話になった高坂邦彦先生のホームページ「筐底拾遺」に詳しいです。
一読をおすすめします。

戦前日本の外交評論と憲法解釈 ―清澤洌と植原悦二郎―
第Ⅰ部 清澤洌の外交評論と自由主義
―国際的な視野と醒めた判断―

第Ⅱ部 政治学者植原悦二郎の軌跡
― 急進的自由主義者の孤立と屈折 ―

政治学者・憲法学者としての植原悦二郎の業績
―明治憲法のイギリス・モデル解釈―
(植原悦二郎が創設した松本第一高校における講演)
by tanemaki_azumino | 2010-04-15 00:00 | 議会と地方自治
こんなデータが発表になりました

長野県は全国2位です。
「実感」あるような、ないような・・・
他県で暮らしたことがないのでなんとも言えませんが、2位というのはやっぱり嬉しい。
鳥取県が1位というのは意外、認識を新たにしました。

東北大学研究グループが発表男女平等度ランキングを発表

・男女平等度ランキング、鳥取1位・埼玉最下位
・都道府県別「男女平等ランキング」で長野県2位

~東北大学研究グループが発表~
 子育て、女性の教育、男女人口、女性の労働参加、女性の給与、女性の政治参加の6つの指標を全都道府県別に収集し、北欧の男女共同参画の先進国、ノルウェー統計局が公表している男女平等度指数の推計手法にもとづき、スコアを求めるという形で計算されています。今回はそのスコアに基づき、全国の都道府県をランキングしたものです。
by tanemaki_azumino | 2010-04-12 01:39 | お知らせ
4月 11日 種まき通信第31号を発行

種まき通信第31号が出来上がりました。
PDFファイルにしてアップしましたので、ご覧ください。

種まき通信第31号

・安曇野市3月定例議会小林じゅん子の一般質問

・6月14日結審の方向/「三郷ベジ」住民訴訟控訴審
 賃貸借契約と損失補償契約の違法性が争点

・この数字は~8,930円
 2009年度の介護報酬改定による介護従事者の平均月給増

・2010年度安曇野市一般会計予算に反対討論
 予算は行政の設計図、予算は政策、予算は税金、納税者の立場でしっかりチェック!

・市民タイムス2010年3月24日記事より
・ふぇみん2010年3月15日記事より
by tanemaki_azumino | 2010-04-12 01:26 | ◆種まき通信バックナンバー
4月 9日 選挙運動費用収支報告書の怪

昨日のブログに書いた選挙運動費用収支報告書について

信濃毎日新聞の記事をもう一度見てください。
安曇野市長選・市議選の立候補者/選挙費用収支報告書まとめ

選挙費用が最も少なかったのはM議員と報道されていたので、
「ええっ?ほんとかしら」と首を傾げてしまいました。

最もカネをかけなかったのはY議員ではないか。
そしてその次あたりがわたしかな、と思っていたので、
M議員の25万円というのは、オドロキでした。

収支報告書が公告になったということは、
だれでも収支報告書を閲覧できるということです。
さっそく(昨日)午後選管へ行ってきました。

安曇野市の選挙管理委員会は県安曇野庁舎の3階奥にあります。

M議員の選挙費用収支報告書を見せてもらいました。
収入1ページ、支出1ページというあっさりしたものでした。

パッと見、
選挙用ポスターの印刷代金が計上されていないことがわかりました。
それだけで20万円以上落ちているわけですから、少なくなるわけです。

ポスター代は公費負担になりますが、
支出に計上しなければいけないことになっています。
あきらかに記載ミス。


選管の職員に
「この報告書にはポスター代が入っていませんね。間違いじゃないですか」と確認すると、
「はい、そうなんです」という。

「修正して再提出するように言ったのですが、まだ出していただけないので」

「選挙からもう半年経ちますよ。催促してないんですか」

「・・・・」

選挙が終わってから公告までに半年近くもかかるとは・・・
それだけ時間をかけたのに、
報告書に不備があるまま公告するというものおかしな話。


わたしは収支報告書を書くために、
会計担当者と時間をかけて確認し、理解したうえでまとめました。

総務省様式の報告書はめんどうなもので、
選管に電話で尋ねることたびたび。
ところが、
選管の職員もよく分ってないので長電話になることばかり。

結局、選管まで足を運ぶことになり、
3回か4回目にやっと提出できたのでした。

そうやって手間暇かけて報告したのに、
テキトーに報告しても何のお咎めもなくすんでしまうとは!

いったい何のための収支報告書なのか・・・
選管の仕事とは・・・
by tanemaki_azumino | 2010-04-10 00:54 | 議会と地方自治
4月 8日 選挙運動費用収支報告書の公告

昨年10月の安曇野市長選挙と市議会議員選挙について
今ごろになってやっと「選挙運動費用収支報告書」が公告されました。

公開された報告書から「危うい事実」が明らかになり、
今朝の信濃毎日新聞には関連の記事が二つも掲載されました。

一つは
安曇野市議7人「寄付」 昨秋の市長選と市議選

もう一つは
安曇野市長選・市議選の立候補者/選挙費用収支報告書まとめ

詳しいことは改めて書きたいと思いますが、
議員たるもの法令順守、公選法違反などあってはなりません。
こんな事になるとは、ほんとうに恥ずかしいことです。


   収支報告書は公表されます。

   報告書を提出・受理されると3年間保存され、
   この間に報告書の閲覧を請求することができます。

   選管では、たくさんの候補者の報告書を確認するため、
   数字の間違いはわかりますが、
   記載事項に虚偽があることまではわかりません。

   しかし、誰かが閲覧して、
   報告書に虚偽の記載があったということが世間にバレてしまうと、
   せっかく当選したのに、政治生命が危うくなってしまいます。


   『出納責任者に任せていたので、私は知りませんでした』では、
   済まされません。

   報告書は候補者も必ず目を通すようにして、
   虚偽の記載がないか確認してから、選管に提出しましょう。


選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイトには、こんな「泣ける」忠告があるのですが・・・
by tanemaki_azumino | 2010-04-09 02:11 | 議会と地方自治
4月 6日 これだとニュースにならない

「パパがやっと宇宙に」山崎さん見守った妻と娘


 日本人初の「お父さん飛行士」が、宇宙へ旅立った。
 5日、スペースシャトル「ディスカバリー」で国際宇宙ステーション(ISS)へ向かった大地(たいち)さん(37)は、飛行士候補に選ばれてから11年。結婚し、父親となり、飛行のめどが立たない時期も長かった。苦労と夢を共にしてきた妻と娘に見守られながら、大地さんを乗せたシャトルは、夜明け直前の空へ幻想的な白煙を残して吸い込まれていった。

 「たくさんの喜びや苦難がありましたが、ついにこのときを迎え、うれしく、誇りに思います」「パパがやっと宇宙に行けてうれしい」。妻の山崎直子さん(39)と長女の優希ちゃん(7)は、談話を発表した。

 大地さんは1999年、ISSに長期滞在する宇宙飛行士の候補に選ばれた。翌年、民間企業でISSの日本実験棟「きぼう」の運用管制官を目指していた直子さんと結婚。2002年に優希ちゃんが生まれた。日本で子育てをしながら基礎訓練を重ね、3、4年後には飛行できる見通しもあった。

 しかし、03年にシャトル「コロンビア」が空中分解した事故で、状況は一転。ISSへの往復手段であるシャトルの飛行が凍結され、ロシアのソユーズに乗るための訓練が一気に増えた。米国とロシアを訓練で往復し、日本にいられる時間は激減した。

 そんな生活を、直子さんが支えた。家族が米国で一緒に暮らせるよう、直子さんが離職し、「主婦」として子育てや家事を担った。だが、容易ではなかった。管制官の夢をあきらめた上、米国で新たな職探しが制限された直子さんは、ストレスで一時、精神的に不安定になり、離婚まで考えた。

 大地さんは状況を冷静に受け入れ、楽観的になろうと努めた。「何とかなるさと自分に言い聞かせた」と、著書「何とかなるさ!」で振り返っている。

 08年11月、シャトルへの搭乗が決まり、家族は再び夢に向かって結束を強めた。優希ちゃんも、なかなか一家3人でゆっくりできない寂しさに耐えた。

 打ち上げ3時間前、シャトルに乗り込む大地さんは、支え続けてくれた家族らへのメッセージをテレビに向かって掲げた。「ありがとうございます いざ宇宙へ行ってきます」

以上、読売新聞(2010年4月6日00時49分 YOMIURI ONLINE)の記事のうち、「直子さん」を「大地さん」に置き換えてみたものです。

これだと、ニュース性に乏しい?
そう感じるとしたら、それはなぜ?

宇宙飛行士が「直子さん」ではなく「大地さん」だったとしたら、
下線部分の記事(「妻」のこと)は、割愛されていたかもしれません。
by tanemaki_azumino | 2010-04-06 23:31 | 折々の暮らし
4月 4日 参院選が終わったら廃止

やっぱり「選挙対策」だったのね!

週刊ダイヤモンド(2010/4/3号)記事より

「破綻寸前の地方議員年金
    参院選を考慮して存続か?」


f0213861_14438.jpg
   
by tanemaki_azumino | 2010-04-05 01:05 | 議会と地方自治
4月 2日 プロフィールボード更新情報

プロフィールボードというのは、わたしの政治活動、議員活動のホームページです。
3月議会の情報更新しましたのでご覧ください。

安曇野菜園の赤字経営は今後も続く見通し
~市は安曇野菜園へ支援継続を表明/破綻処理を回避~

生活保護増加に見合うケースワーカーの増配を
~新年度にはケースワーカー1名増員されることに~

2010年(平成22年)度安曇野市一般会計予算に反対討論
~ 賛成しかねる算幾つかの事業予算について指摘し、あえて反対 ~

f0213861_154744.jpg
by tanemaki_azumino | 2010-04-03 01:09 | 議会と地方自治