いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

<   2010年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2月 27日 ラフマニノフ

2月 27日 ラフマニノフ

浅田真央、金妍児の対決は、クラシック業界に思わぬ効果をもたらし
2人がフリーやショートプログラム(SP)で使った曲に
注文が殺到しているそうです。


浅田真央のはラフマニノフの前奏曲嬰ハ短調Op.3-2「鐘」
キム・ヨナはガーシュインのピアノ協奏曲ヘ長調

どちらもコーチのお国柄や好みが影響しているようですね。


わたしがラフマニノフの曲で好きなのは「ヴォカリーズ」
なぜ好きかというと、ロシア語ができないわたしにも歌える曲だから。

これも前奏曲「鐘」と同じ嬰ハ短調です。
嬰ハ短調という曲調は日本人のメンタリティーに合っているのかも・・・


下の動画は2008年5月のラフマニノフ国際ピアノコンクール
12歳以下の部で第2位に入賞した高橋兼続さんによる前奏曲「鐘」



こちらは、キリ・テ・カナワが歌う「ヴォカリーズ」
Dame Kiri Te Kanawa sings "Vocalise" - Rachmaninoff

by tanemaki_azumino | 2010-02-28 01:07 | 折々の暮らし
2月 26日 甘いほうれんそう
f0213861_23213462.jpg
穂高の産直ビフには、週2回は通っています。
野菜はほとんどここで仕入ます。

昨日買ってきた「ちじみほうれんそう」
肉厚の葉はちじれていて文字通りの「ちじみほうれんそう」
濃い緑色に、根元は赤く、小ぶりの姿は
いかにも冬のほうれんそう。

今日はお浸しにしました。

茹であがったところで、つまみ食い。
その甘さ、美味しさにびっくりして、それで写真を撮ったので
ほうれんそうが水の中なんです。

追伸
ここで焼いている国産小麦と天然酵母のパンも美味しい。
食パンは必ず買います。
このごろ美味しかったのは、
黒豆カンパーニュとイチジクとクルミのカンパーニュ。
by tanemaki_azumino | 2010-02-26 23:24 | 折々の暮らし

2月 25日 アユは語る

2月 25日 アユは語る

渓流保護ネットワークの田口さんから、

川環境に生じる諸問題現象は、
環境破壊と公共工事・開発などの関係と密接なつながりがあるのですが、
必要な所にお金が回らない原因として、
財政を圧迫する「問題公共事業」の出費があることを理解したうえでお読みください。

とのメッセージとともに、
中日新聞岐阜版(名古屋)から「アユは語る」の記事を送っていただきました。

PDFファイルでご覧ください。
 アユは語る 第2部 1
 アユは語る 第2部 2
 アユは語る 第2部 3
 アユは語る 第2部 4
 アユは語る 第2部 5
by tanemaki_azumino | 2010-02-26 00:51 | 折々の暮らし
2月 23日 ブログの風当たり

ブログやネットで情報発信していると「風当たり」強いです。
もちろん「追い風」も多いですけど・・・

今日は「突風」が吹きました。


「こういう事をまたすぐブログに書くんだろ!」

議会全員協議会閉会後の立ち話でのことなので、
だれのセリフかは書きません。

ただし、「ええ、書きますよ」と言い返した手前、
全協でどんな事があったのかは書いておきたいのですが・・・


明日・明後日の臨時議会に向けて議案書を検討中なので、
詳しく書いている余裕がありません。
活動報告のページの方で改めて問題提起しようと思います。


ところで、
臨時議会では通告なしで質疑ができるので、
この際、いろいろと質問してみるつもりです。
by tanemaki_azumino | 2010-02-23 22:30 | 議会と地方自治
2月 22日 議員年金制度説明会

主催は長野県市議会議長会、だと思います。
講演は市議会議員共済会事務局長の立川久夫氏。

説明会だというのに、行ってみたら講演会でした。

講演会だったのかと、聴いていたら議員年金存続要求集会の様相へ。

「議員年金存続のために」という目的を暗示する形で
ご支援、ご協力、結集して、などという言葉だけが
壇上から発せられていました。


行ってみたから、このひどさがわかりましたが、
わたしは、もう、何というか白けきって帰ってきました。

県民文化会館中ホールという大きな会場に合わせてか、
やけにリッパな演題の垂れ幕と盛り花がしつらえてありましたが、
違和感、場違い、いたたまれない感じがしましたね。
by tanemaki_azumino | 2010-02-23 09:18 | 議会と地方自治
2月 21日 COOLPIX2代目2台目

穂高町の議員になったとき、
ホームページで活動報告をする約束をしました。

持ち歩きに便利な小さなデジカメが欲しいと思っていたら、
当選祝いに夫からもらったのがニコンのCOOLPIX3100(写真奥)。

当時はこれでも性能の割に小型でいいなと思ったのですが、
あっというまに時代遅れとなり・・・

「写真を撮るぞ!」と気合を入れた時しか持ち歩かなくなってしまいました。
ブログの写真も、いつの間にかケータイ撮影に・・・

それでも、
撮った写真を印刷したいと思うと、
(わたしの)ケータイ写真ではどうにもなりません。

予算1万円ぐらいで、もっと小型のデジカメを買うことにしました。
そう決めたのは確か暮れのことだったような気がしますが、
その後、品定めする暇もなく、
どれにしようかなかなか決められず・・・

3日前に、エイヤっとネットで買ったのが写真手前のニコンのCOOLPIX L21です。
決め手は操作性。
同じニコンのCOOLPIXなら操作の共通性が高い、そう思っただけのことです。
あとは、予算。

ニコンのCOOLPIX、価格1万円ぐらいで検索したら、
これが出てきました。
送料、代引き手数料サービスだったので即決。
本日届きました。
f0213861_0504828.jpg

2台並べてみると、この違い。
サイズも、性能も、価格も、各段の進歩です。

でも、持ちやすさ、シャッターの切りやすさについていえば、
小さけりゃいいってもんではないですね。

※本日の写真は、まだケータイ写真です、悪しからず。
by tanemaki_azumino | 2010-02-22 00:51 | 折々の暮らし
2月 21日 ジェルソミーナのテーマ

「神の愛は信じぬ者にも及ぶ」
「この世で役に立たないものは何ひとつない」

フェデリコ・フェリーニ監督の映画「道」 La Strada


高橋がテーマ曲を使用 映画「道」再脚光
[nikkansports.com 2010年2月20日7時10分 紙面から]



ジェルソミーナのテーマですね。
作曲はニーノ・ロータ。

「道」はわたしが生まれた1954年の作品ですから、
リアルタイムでこの曲を聴いたわけではありませんが、
なぜか記憶に残っている曲です。


「太陽がいっぱい」
「ロミオとジュリエット~What Is A Youth?」
「ゴッドファーザー~愛のテーマ」

等々、ニーノ・ロータの曲は日本でも大ヒットしています。
憂いをおびた曲調は日本人好みなのかもしれません。

わたしは、といえば「太陽がいっぱい」のテーマ
子どものクセして大好きでした。
by tanemaki_azumino | 2010-02-21 09:27 | 折々の暮らし
f0213861_2310384.jpg
 2月 19日 春を呼ぶラナンキュラス


 安曇野いけばな展に出品しました。
 生け花展では、
 これを「出瓶(しゅっぺい)」と言うのだそうです。

 一昨年、初めて生け花展というものに参加して、
 この出瓶という言葉を知りました。

 瓶は、ビン、カメ、
 花器のことをいうのでしょうか・・・

 安曇野いけばな展は、
 生け花の流派を超えて一般の出展者を募集し、
 日本の文化「いけばな」を通し、
 まちづくりを進めるのが目的。

70人の多種多様な「花」の数々をご覧ください。
入場無料です。

◆安曇野いけばな展◆
 会 場:安曇野市豊科近代美術館
 日 時:20日(土)9:00-17:00  21日(日)9:00-15:00
 主 催:安曇野いけばな協会


※写真はわたしの作品です。
 議会においても無所属ですが、
 生け花も流派に属さず、
 というかお稽古に通ったこともなく、自己流です。

 花 材 ラナンキュラスの蕾、ローズゼラニウム、土佐水木
 花 器 李朝小函、白磁瓶、若狭和紙

  (ケイタイ撮影なので画質はイマイチ)
f0213861_23112393.jpg
by tanemaki_azumino | 2010-02-19 23:12 | お知らせ
2月 18日 議会申し合わせ事項

H村議会の「申し合わせ事項」
十数項目あろうかと思われる「申し合わせ事項」の最初に書かれていること。
いったい何だと思いますか。

「休憩時であっても、傍聴者との会話等はしない」

これですよ、驚きました。


議会の会議規則、先例、申し合わせなどですが、
どこの議会も同じか似たようなものだと思っていると、
これがまったく違うのです。

東京のS区議会などH村議会以下かもしれないです!
(友人の区議から聞きいた話です)

議会は、慣例や前例、申し合わせや不文律を優先させることなく、
明文化された法、条例、規則を拠りどころとして運営されるべきです。

明文化されていない申し合わせや慣例などには「従いません」
という姿勢でやってきたわたしですが、
いつのまにか明文化されて制約が多くなったような気がします。

しかし、さすがに、安曇野市議会には、こんな奇妙な申し合わせはありません。

さて、
議会で6年半過ごして感じているのは、
議会は実に「ムラ社会」だということ。

議員は往々にして選挙で選ばれたという特権意識を共有し、
非常に強い仲間意識を持つようです。

このゆがんだ共同体意識(ムラ社会)が議会を閉鎖社会とし、
本来は政策集団であるべき会派さえも、
その体制を支えるようなことになってしまいがちです。

安曇野市議会でも議会基本条例や議会改革の議論が始まりましたが、
自分で自分の悪いところを診察するのは難しいし、
診断できたとしても自分で自分を手術(改革)するのは不可能でしょう。

議会外部の力を借り、市民の目線を入れてやっていくことが
とても重要だと思います。

議会改革検討委員会には、市民にどんどん傍聴に来ていただいて
自由に意見交換したらいいと思うのですが・・・
by tanemaki_azumino | 2010-02-18 23:54 | 議会と地方自治
2月 16日 今日の手提げは

整理整頓が苦手なわたし。
大事な書類は入れ物を決めて、とにかくそこへ放り込むことにしています。

持ち歩くことが多いものについては、
専用の手提げかばん=トートバッグに入れてスタンバイしています。

f0213861_23401913.jpg


写真手前から
三郷ベジタブル関連住民訴訟の書類の入ったトートバッグ。
その次は三郷堆肥センターの資料の入ったトートバッグ。
その奥の青いのには、情報公開して出てきた安曇野菜園の資料が入っている。
さらに、その向こうに見える手提げカゴには・・・

という具合です。


縦長のトートバッグ二つはキャンバス生地でとてもしっかりした作り。
地方自治小六法を5冊6冊入れても平気(笑)
外側サイドにファスナー付きのポケットがついていて便利です。
色柄豊富で、お値段も1,050円だったかな(だいぶ前のこと)、おススメです。

わたしは、いつもここで買っています。
by tanemaki_azumino | 2010-02-16 23:43 | 折々の暮らし