いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

カテゴリ:お知らせ( 45 )

3月 7日 知る楽

3月 7日 知る楽

NHK教育「知る楽」放送のお知らせです。

火曜 歴史は眠らない 2010年3月(全4回)
“貧困”国家 日本の深層 語り手 内橋克人

本放送(火曜午後10:25~10:50)再放送(翌週火曜午前5:35~6:00)
第1回 明治の貧困と闘った男   3月2日   3月9日
第2回 「格差社会」の始まり   3月9日   3月16日
第3回 見えなくなった貧困    3月16日  3月23日
第4回 自己責任論の克服に向けて 3月23日  3月30日

 「格差社会」「ワーキングプア」「派遣切り」-ここ10年、新たなキーワードとともに急速に社会問題となったのが「貧困」である。現在、日本の国民に占める貧困層の割合は先進国中4番目といわれ、改善の兆しは未だ見えない。経済評論家の内橋克人さんは、こうした状況を招いたのには、日本という国のあり方が深く関わっていると考えている。
 近代以降、現在に至るまで政府や大企業が弱い個人を犠牲にする社会構造が形成されてきたというのだ。さらに近年、内橋さんが危ぐするのが「自己責任論」の問題。政府が「自己責任・自助努力」の名の下に貧困の公的救済に消極的で、社会の側にもそれに同調する部分があることが、問題解決を遠のかせていると内橋さんは分析する。
 番組では内橋さんとともに歴史をさかのぼることで、貧困問題の根源を探る。社会構造と貧困が密接に関わり始めた明治時代から、人間生活の最低ラインを守るセーフティーネットが崩壊の危機にさらされている現代まで、貧困の歴史を通して日本のあり方を問う。
(NHKホームページより)
by tanemaki_azumino | 2010-03-07 23:10 | お知らせ
3月 3日 いま語る本当の事業仕分け

構想日本代表 加藤秀樹氏講演会のお知らせです。
松本で加藤氏の話を聞けるまたとない機会です。

第二部に登場の阿部氏は、田中知事時代に副知事だった人といえば思い出される方も多いでしょう。横浜市副市長を経て、現在、内閣府行政刷新会議事務局次長。

「いま語る本当の事業仕分け」

一部  構想日本代表 加藤秀樹氏
二部  阿部守一氏・下沢順一郎(県議)・市民
    三者による事業仕分けディスカッション


日 時 3月6日(土) 午後1時開場 1時半開演
場 所 長野県松本文化会館 3階国際会議室
入場料 1000円


主 催 地球環境フォーラム実行委員会
共 催 つながりの森

連絡先 事務局 鈴木まで
TEL(0263)57 9927
FAX(0263)86 7123
by tanemaki_azumino | 2010-03-03 21:29 | お知らせ
2月 28日 クッキングハウスの松浦幸子さん講演会

もうだいぶ前のことですが、
テレビでクッキングハウスの活動を知りました。
それ以来、応援会員になっています。

そのクッキングハウス代表の松浦幸子さんの講演会があります。
わたしは残念ながら3月議会が始まっているので聴きに行けませんが、
みなさんにはぜひと、おススメします。

『おいしいね』から夢と希望が広がった
       ~心病む人たちと共に暮らしたい~

●日時 3月2日(火)午後1時30分~3時30分
●場所 豊科ふれあいホール
●講師 松浦幸子氏


「なぜ心の病気になってしまったのかな。こんなに悩んでいるのは自分だけかしら」と思いがちな時、一番身近な家族の助けが大切です。そこで、市と県地域包括医療協議会安曇野市支部では、「『おいしいね』から夢と希望が広がった~心病む人たちと共に暮らしたい~」と題し、特定非営利活動法人クッキングハウス会代表で精神保健福祉士の松浦幸子さん(東京都調布市在住)を講師に招き講演会を開催します。どなたでも参加いただけます。大勢お出掛けください。

《クッキングハウス》
 多くの心病む障害者が食事作りの交流を通じて快適に、自信を持って暮らしていけることを願い、1987年、東京都調布市に設立。「安心して自分らしさを取り戻せる居場所であること」や、「メンバーの1人1人が必ず誰かの役に立っていることを確信できる活動をすること」を理念に交流を続けています。
by tanemaki_azumino | 2010-03-01 01:28 | お知らせ
f0213861_2310384.jpg
 2月 19日 春を呼ぶラナンキュラス


 安曇野いけばな展に出品しました。
 生け花展では、
 これを「出瓶(しゅっぺい)」と言うのだそうです。

 一昨年、初めて生け花展というものに参加して、
 この出瓶という言葉を知りました。

 瓶は、ビン、カメ、
 花器のことをいうのでしょうか・・・

 安曇野いけばな展は、
 生け花の流派を超えて一般の出展者を募集し、
 日本の文化「いけばな」を通し、
 まちづくりを進めるのが目的。

70人の多種多様な「花」の数々をご覧ください。
入場無料です。

◆安曇野いけばな展◆
 会 場:安曇野市豊科近代美術館
 日 時:20日(土)9:00-17:00  21日(日)9:00-15:00
 主 催:安曇野いけばな協会


※写真はわたしの作品です。
 議会においても無所属ですが、
 生け花も流派に属さず、
 というかお稽古に通ったこともなく、自己流です。

 花 材 ラナンキュラスの蕾、ローズゼラニウム、土佐水木
 花 器 李朝小函、白磁瓶、若狭和紙

  (ケイタイ撮影なので画質はイマイチ)
f0213861_23112393.jpg
by tanemaki_azumino | 2010-02-19 23:12 | お知らせ
2月 9日 ベーシック・インカムを考える集い
ベーシック・インカムを考える集いのお知らせです。

「豊かさの中で広がる貧困とベーシック・インカム」

日 時:2010年2月20日(土曜日)午後1時30分~4時30分
場 所:信州大学松本キャンパス 全学教育機構34番講義室
主 催:安曇野ベーシック・インカム研究会


報告者
1、曽我逸郎(中川村村長)
  「私は何故ベーシック・インカムに期待するのか」

2、八木航(生存を支える会)
  「ホームレスや失業者の救援現場から」

3、藤沢雄一郎(安曇野ベーシック・インカム研究会)
  「政府通貨発行によるベーシック・インカムの必然性」

資料代:500円
連絡先:藤沢雄一郎 090-9359-2013

◆ベーシック・インカムとは何か?
 最低所得保障制度・基本所得・国民配当など様々な観点から呼ばれているが、
 すべての個人にある程度の所得を無条件で給付する、という点では共通する。

 世界的な恐慌状況の中、各国で注目され議論が広がっている。

 アメリカでは
 7~8人に一人が食料配給を受けて生活しているという。

 日本でも失業率は5%を超え過去最高になった。
 EUではギリシャやアイルランドなど、破産状態の国が増えているらしい。

 経済大国と言われる国でさえ貧困が進んでいる。
 その実態とベーシック・インカムの可能性を共に考えてみませんか?


藤沢雄一郎・ゆういちろうのページ
ベーシック・インカムを考える掲示板
ベーシック・インカム 実現を探る会
by tanemaki_azumino | 2010-02-11 21:46 | お知らせ