いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

カテゴリ:お知らせ( 45 )

7月 31日 子宮頸がんってどんな病気?

子宮頸がん勉強会のお誘いがあったので、
皆さんにもお知らせします。
信大医学部の金井先生のお話が聞けるという、またとない機会です。


子宮頸がん20代の女性では発症率が一番高い「がん」です。
年間3500人が命を落としています。
発症原因は?予防は?
ワクチンが認可されたが接種はいつ頃が良いか
費用はどれくらいか・・・ などなど
今、関心の高い子宮頸がんとそのワクチンについての勉強会を開催します。

お誘い合わせてご参加ください。

「子宮頸がんってどんな病気?ワクチンはどんなもの?」
日時:2010年8月3日(火)午後1時半~3時
会場:真々部公民館(豊科)地図はコチラ
講師:金井 誠先生(信州大学医学部保健学科教授)
主催:新日本婦人の会・安曇野連絡会
共催:あずみのうぶごえネットワーク
連絡・問い合わせ:0263-72-2184(奥村)
by tanemaki_azumino | 2010-07-31 23:20 | お知らせ
7月 28日 ナイトウォークin烏川の森

f0213861_2375052.jpg
烏川渓谷緑地からイベントのお知らせです。
~ ナイトウォークin烏川の森 ~
烏川渓谷緑地市民会議との共催によるイベントです。

野生動物はほとんどが夜行性で、
夜の森はとても賑やかです。
今回は暗闇のなか、五感を働かせながら、
夜の烏川渓谷緑地の森を歩き、
日中の森では味わえない烏川渓谷緑地の自然の魅力や、
動物たちの夜の世界の一端に触れてみましょう。

詳細については、こちら(チラシ:PDF形式)をご覧下さい。



◆講 師:岸元良輔氏(長野県環境保全研究所自然環境部専門研究員)
◆定 員:20名(申込順)※小学生(高学年のみ)は保護者同伴。
◆持ち物:レジャーシート、飲み物、筆記用具、懐中電灯、雨具など
◆主 催:烏川渓谷緑地市民会議・長野県烏川渓谷緑地
◆受 付:18:10~18:30 烏川渓谷緑地森林エリア森の家
     ※参加には事前の申し込みが必要です。雨天決行。
◆参加費:無料
by tanemaki_azumino | 2010-07-28 23:10 | お知らせ
7月 17日 署名にご協力ください

「新しい本庁舎建設は必要ない」を求める署名にご協力ください。

署名を進めるためのブログを作りました。
こちらから署名用紙などもダウンロードできます。

まずは、お知らせ。

▼丸葉アサガオのノーリアンズブラックが咲き始めました。
f0213861_2315468.jpg
by tanemaki_azumino | 2010-07-17 23:05 | お知らせ
7月 16日 明日は出前講座

安曇野市出前講座「本庁舎建設と財政」は明日17日です。
信濃毎日新聞にもお知らせが掲載されました。
f0213861_22385342.jpg


日 時:7月17日(土)午前10時より~12時
場 所:堀金総合支所3階 301会議室
内 容:本庁舎建設準備室長から説明を聞く
    質疑応答、意見交換 
   
*受講無料です。大勢の皆さんに聞いていただきたいです。
by tanemaki_azumino | 2010-07-16 22:33 | お知らせ
7月 4日 産廃問題、県による住民説明会のお知らせ

安曇野市三郷小倉地域に建設されたゴミ処理施設問題について、
県による住民説明会が開催されるとのことです。
下記のように連絡いただきましたので、お知らせします。

7月14日(水)に県による住民説明会が開催されます
A社が産廃処理施設の不許可処分の取消を求めて長野県を訴えていた裁判は、
この3月に不許可処分の取り消しという判決が出ました。

A社の言い分が全面的に認められたのではないのですが、
私たちや、県自らも指摘してきた、施設に関する業者の違法・不法な点が
争点になっていないこの裁判結果は住民の立場から見て、
不当なものと言わざるを得ない内容でした。

その後、私たちは長野県に控訴するように申し入れましたが、
結局県も業者も控訴しないということになりました。

なぜ県は控訴しないのか?
また、これからどのような対応をしていこうとしているのか?

県は住民に対して説明責任があります。
私たちは、県が4月に「控訴しない」と決定してから、
何度も繰り返し住民説明会をするように要請してきており、
ようやく説明会のの日程が決まりました。

◆7月14日(水)午後7時~ 三郷公民館講堂にて

判決では、
「県が補正の機会を与えなかったことが違法」だとされたわけで、
現在、業者は裁判所に指摘された資料を補正して県に提出し、
県とやり取りを行っている状況です。
そして再度審査された上で、
県が再び「許可」か「不許可」かという判断するのです。

私たちが今までに指摘してきた数々の不正・不誠実な行為は
一体どう判断されるのでしょうか?
事業計画そのものの不備な点もはっきりとあります。
そして、私たちが業者に対して抱いている最も大きな不安である、
私たちの生活や周囲の環境に及ぼす影響はどう考えられているのでしょうか?

先だっての判決で触れられなかったこれらの問題をそのままにしておくと、
県が業者に操業の許可を与える可能性が充分考えられます。

今度の住民説明会は、A社施設の稼動を左右する重要な説明会になります。
大勢で説明会に参加し、許可に反対する意思を県に伝えることがとても大切です。

近隣住民の私たちは勿論、関心のある市民全員が対象です。
安曇野に暮らし、安曇野を愛する人たちの参加を切望します。
この問題の本質を知ってください。

by tanemaki_azumino | 2010-07-04 15:30 | お知らせ
7月 1日 出前講座のお知らせ

f0213861_2104942.jpg
安曇野市出前講座・連続2回で開催されます。

テーマは「本庁舎建設と財政」
  ~その1 本庁舎建設と そのプラン~
  ~その2 安曇野市の財政はどうなる~


講座~その1の詳細が決まりましたので、
お知らせします。

日 時:7月17日(土)午前10時より~12時
場 所:堀金総合支所3階 301会議室
内 容:本庁舎建設準備室長から説明を聞く
    質疑応答、意見交換
   
    *受講無料





~その2 安曇野市の財政はどうなる~については
前年度決算がまとまる8月下旬に開催を予定しています。


ところで、出前講座のチラシを作りましたが
講師側(安曇野市)の意向を受けて微妙に修正が入りました。
このビミョーな修正は何を物語っているのか・・・

出前講座20100717_改訂版.pdf
出前講座20100717.pdf
by tanemaki_azumino | 2010-07-01 21:04 | お知らせ
6月1日  本格インドカレーをたべる会

f0213861_2158018.jpg
突然ですが
今日はインドカレーを食べる会のご案内です。








カレーを作ってくれるのはインド人青年Hさん。
インド料理店で3年間もただ働きさせられたあげく、突然解雇されてしまいました。

労組LCCながのは、
賃金等の支払いを求めて立ち上がったHさんとともに、
店のオーナーと団体交渉を行っていますが、
オーナーは一貫して不払いを認めず、不誠実な態度に終始しています。

今、Hさんは、一切の収入を得られず、この国の福祉も受けられずにいます。

現在のHさんの暮らしを支えているのは、彼の友人たちの善意のみであり、
当然その支援には限界があります。

わたしも「生存を支える会」で、Hさんの生活相談に協力している関係から、
このカレー会の案内をさせていただきます。

Hさんを励まし、彼自慢のカレーを食べて交流しながら、
彼の身に起きている問題をともに考える機会を持ちたいと思います。
それが彼の生活の一助にもつながるでしょう。

ぜひご参加・ご協力ください。

◆印度人コックさんの作る本格インドカレーを食べる会◆
 場 所   松本市中央公民館(Mウィング)調理室
 日 時   2010年6月5日(土)午後6時から
 参加費   500円+カンパ

 ※カレー作りからの参加希望者は2時にお越し下さい。
 ※収益は全額、彼の生活支援者の経済負担軽減に充てます。

 ※問い合わせ:080-5141-4694(八木)
by tanemaki_azumino | 2010-06-01 21:48 | お知らせ
5月25日 廃棄物問題講演会のお知らせ

f0213861_22435512.jpg
三郷産廃施設不許可を請願
         ~住民が市議会に~

 廃棄物処理業のあずさ環境保全(松本市波田)が、安曇野市三郷小倉に建設した中間処理施設の稼働に反対する市内の3団体は24日、市議会に対し、施設の稼働を許可しないよう県への要請を求める請願書を提出した。
 堀金廃棄物処理施設対策委員会、北小倉区ゴミ処理問題対策委員会、あづみ農協農政協議会の代表者連名の請願書を、藤原広徳議長に手渡した。健康被害や農作物への影響を強く懸念し、「住民の安心安全な暮らしを守る立場から私たちとともに立ち上がってほしい」と協力を求めている。
 議会は6月定例会で請願書の扱いを審査する。藤原議長は「願意は理解した。所管委員会でしっかり審査していただく」と答えた。(高石雅也)

以上、市民タイムス2010年5月25日記事より
(クリックすると拡大表示します)


◆廃棄物問題講演会のお知らせ

三郷小倉で産業廃棄物の中間処理場が稼働しようとしています。
これは安曇野の環境や農業に大きな被害を及ぼす危険は無いのでしょうか。
専門家の話を聞きましょう。

日 時:5月30日(日)午後1時~
場 所:JA烏川事業所2階会議室(広域農道堀金交差点四つ角)
講 師:瀬戸昌之 東京農工大名誉教授
参加費:無料 どなたでも参加できます
主 催:廃棄物問題講演会実行委員会
by tanemaki_azumino | 2010-05-25 22:46 | お知らせ
こんなデータが発表になりました

長野県は全国2位です。
「実感」あるような、ないような・・・
他県で暮らしたことがないのでなんとも言えませんが、2位というのはやっぱり嬉しい。
鳥取県が1位というのは意外、認識を新たにしました。

東北大学研究グループが発表男女平等度ランキングを発表

・男女平等度ランキング、鳥取1位・埼玉最下位
・都道府県別「男女平等ランキング」で長野県2位

~東北大学研究グループが発表~
 子育て、女性の教育、男女人口、女性の労働参加、女性の給与、女性の政治参加の6つの指標を全都道府県別に収集し、北欧の男女共同参画の先進国、ノルウェー統計局が公表している男女平等度指数の推計手法にもとづき、スコアを求めるという形で計算されています。今回はそのスコアに基づき、全国の都道府県をランキングしたものです。
by tanemaki_azumino | 2010-04-12 01:39 | お知らせ
3月 20日 十色屋/菊地みゆきさん/ふくろ展

JR穂高駅前の「ひつじ屋」さんからお知らせメールが届きました。
ふくろ好きのわたしとしては、これはぜひ行ってみなくちゃ♪

----------------------------------------------------------------------
十色屋 菊地みゆき ふくろ展 -その四- 
2010年3月20日(土)~26日(金) 8:30~18:00
安曇野ひつじ屋ギャラリーにて
----------------------------------------------------------------------

山麓線沿いの工房&ショップ「十色屋(といろや)」の
菊地みゆきさんによる「ふくろ展-その四-」を開催します。

「ふくろ展」は、これで4回目になります。
ひつじ屋「閉店事件」のあった2007年に
何かひつじ屋の応援になることをと、
みゆきさんから声をかけていただきました。

以来、ひとつひとつ手作り、
すべてが「一点もの」のふくろ(カバンやポシェットなど)を
毎年この個展のためにたくさん準備していただき、
ひつじ屋でもっとも人気のある企画展として成長してきました。

今年は、春の訪れに合わせ、
思わず一緒にお出かけしたくなるような
明るく季節感あふれる作品を展示・販売します。

毎回、初日から次々に「売約済み」となる人気の展覧会です。
ぜひお早めにおこしくださいね。
よろしくお願いいたします。

※期間中無休ですが、24日(水)のみ9:00オープンとなります。
※専用駐車場が5台分あります。
 店の前で声をかけてくださればご案内します。

◎十色屋さんのサイト http://www.toiroya.com/
 安曇野市穂高有明2186-112 TEL0263-83-2289

=========================================
2010-03-18
安曇野ひつじ屋 高橋博
〒399-8303長野県安曇野市穂高5951-1
TEL&FAX 0263-82-3888 
e-mail dede@matsumoto.ne.jp
http://hitsujiya.exblog.jp
http://www.hitsujiya-azumino.com
=========================================
by tanemaki_azumino | 2010-03-20 23:34 | お知らせ