いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

カテゴリ:折々の暮らし( 52 )

4月 6日 これだとニュースにならない

「パパがやっと宇宙に」山崎さん見守った妻と娘


 日本人初の「お父さん飛行士」が、宇宙へ旅立った。
 5日、スペースシャトル「ディスカバリー」で国際宇宙ステーション(ISS)へ向かった大地(たいち)さん(37)は、飛行士候補に選ばれてから11年。結婚し、父親となり、飛行のめどが立たない時期も長かった。苦労と夢を共にしてきた妻と娘に見守られながら、大地さんを乗せたシャトルは、夜明け直前の空へ幻想的な白煙を残して吸い込まれていった。

 「たくさんの喜びや苦難がありましたが、ついにこのときを迎え、うれしく、誇りに思います」「パパがやっと宇宙に行けてうれしい」。妻の山崎直子さん(39)と長女の優希ちゃん(7)は、談話を発表した。

 大地さんは1999年、ISSに長期滞在する宇宙飛行士の候補に選ばれた。翌年、民間企業でISSの日本実験棟「きぼう」の運用管制官を目指していた直子さんと結婚。2002年に優希ちゃんが生まれた。日本で子育てをしながら基礎訓練を重ね、3、4年後には飛行できる見通しもあった。

 しかし、03年にシャトル「コロンビア」が空中分解した事故で、状況は一転。ISSへの往復手段であるシャトルの飛行が凍結され、ロシアのソユーズに乗るための訓練が一気に増えた。米国とロシアを訓練で往復し、日本にいられる時間は激減した。

 そんな生活を、直子さんが支えた。家族が米国で一緒に暮らせるよう、直子さんが離職し、「主婦」として子育てや家事を担った。だが、容易ではなかった。管制官の夢をあきらめた上、米国で新たな職探しが制限された直子さんは、ストレスで一時、精神的に不安定になり、離婚まで考えた。

 大地さんは状況を冷静に受け入れ、楽観的になろうと努めた。「何とかなるさと自分に言い聞かせた」と、著書「何とかなるさ!」で振り返っている。

 08年11月、シャトルへの搭乗が決まり、家族は再び夢に向かって結束を強めた。優希ちゃんも、なかなか一家3人でゆっくりできない寂しさに耐えた。

 打ち上げ3時間前、シャトルに乗り込む大地さんは、支え続けてくれた家族らへのメッセージをテレビに向かって掲げた。「ありがとうございます いざ宇宙へ行ってきます」

以上、読売新聞(2010年4月6日00時49分 YOMIURI ONLINE)の記事のうち、「直子さん」を「大地さん」に置き換えてみたものです。

これだと、ニュース性に乏しい?
そう感じるとしたら、それはなぜ?

宇宙飛行士が「直子さん」ではなく「大地さん」だったとしたら、
下線部分の記事(「妻」のこと)は、割愛されていたかもしれません。
by tanemaki_azumino | 2010-04-06 23:31 | 折々の暮らし
3月 30日 政治資金収支報告書はモーツァルトにのって

「小林じゅん子と種まく人々」小林じゅん子後援会
これ、ささやかながらも、れっきとした政治団体で県の選管に届出しています。

そして、
政治資金規正法により、政治資金収支報告書を提出を義務付けられています。

明日3月31日は、その提出の期限ということで、
今日は会計さんにまとめてもらった数字を基に、
報告書の様式にしたがって計算、集計、記入をしました。

f0213861_0495950.jpg

こういう仕事をするときはBGMは欠かせませんが、
流れていたのはモーツァルト。
ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲と
ヴァイオリンとピアノのための協奏曲

わたしの政治資金収支報告書は
モーツァルトにのって、
一点の曇りもなく、さわやかに出来上がりました。



五嶋みどりのヴァイオリンと今井信子のヴィオラ
指揮とピアノはクリストフ・エッシェンバッハ
オーケストラは北ドイツ放送交響楽団

ここ1週間ほど、繰り返し、くりかえし、聴いているのですが、
飽きません、とってもチャーミングな演奏です。
モーツァルトが聴いたら、よろこんで小躍りするんじゃないかな・・・
by tanemaki_azumino | 2010-03-31 00:51 | 折々の暮らし
3月 28日 “世界の良心”と呼ばれた外交官

今日はこれを、と決めてテレビを見ることはほとんどありません。
だいたいが専念してテレビを見ている暇がない・・・

家事をしながらテレビを見るというか、
キッチンに入ると習慣みたいにしてスイッチを入れてしまうのですね。

でも、そんなテレビでもたまには「いい出会い」があるもんです。
今日はNHK総合の5分間番組
世界と出会った日本人「“世界の良心”と呼ばれた外交官 安達峰一郎」

NHKホームページより
安達峰一郎は、東京帝大在学中、日本政府が招へいしたイタリアの国際法学者・パテルノストロの通訳を務めた。国際法への目を開かれ、1892年外務省に入省。初任地のイタリアで師と再会し、国際交渉のノウハウを学ぶ。1905年のポーツマス講和会議では、小村全権の通訳と条約草案の起草にあたった。第一次大戦後、オランダのハーグに常設された国際司法裁判所の判事に。その後所長となり、“世界の良心”と賞賛された。


恥ずかしながら、安達峰一郎の名前は初めて知りました。
今夜、テレビのスイッチをあのタイミングで入れなかったら、
この先もずーっと知らなかったかもしれません。
この偶然と安達峰一郎に感謝。


それから、
ハーグにある国際司法裁判所の建物は、
カーネギーホールで有名なアメリカの鉄鋼王アンドルー・カーネギ―が、
私財150万ドル(時価で約100億円)を投じて寄贈したものだそうで、
そんなことも初めて知りました。
by tanemaki_azumino | 2010-03-29 00:47 | 折々の暮らし
3月 27日 レンテンローズとクリスマスローズ

例年より早く花芽が出ていたのに、
時ならぬ暖かさや寒さに翻弄されてか、
なかなか花が開きませんでした。

今日はちょうど見ごろの
レンテンローズとクリスマスローズです。
f0213861_184369.jpgf0213861_19057.jpg


赤紫色の花がレンテンローズで
白い花はクリスマスローズです。

一般にはどちらもクリスマスローズと呼ばれていますが、
違いは「かぎけん花図鑑」(株式会社科学技術研究所)に詳しく出ていました。

レンテンローズ(Lenten rose) は、キンポウゲ科クリスマスローズ属の耐寒性常緑多年草です。日本で見られるヘレボラス(Helleborus) は、ニガー種(niger)と、オリエンタリス種(orientalis)ですが、特に、ヘラボラス・オリエンタリス(Helleborus orientalis) を指して、レンテンローズ(Lenten rose)と呼んでいます。

しかし、どちらも同じヘレボラスなのでよく似ています。レンテンローズ(Lenten rose)という名前は、キリスト教のアッシュ・ウェンデー(Ash Wednesday:聖灰水曜日)からイースター(Easter:復活祭)までの期間であるレント(Lent:キリスト教の四旬節)に咲くことから付けられました。花のように見えるものは、萼(ガク)で、実際の花は中心部にある線状のものです。

クリスマスローズ(Christmas rose、Xmas rose) と間違えられることが多いですが、両者共にキンポウゲ科クリスマスローズ属の多年草ですが、違いは以下の通りです。
クリスマスローズは、クリスマス時期に咲くヘレボルス・ニゲルのことを指し、花色(萼弁色)が白で、冬咲きです。

一方、レンテンローズは花色(萼弁色)が赤や桃、白、緑色などの園芸種が作られており、花色が豊富で、初春(2~3月)に開花する春咲きの花です。また、クリスマスローズは草丈が30cm以下と低いのに対して、このレンテンローズは40~60cmと草丈が高いです。

一般名:レンテンローズ(Lenten rose)
学名:Helleborus orientalis(ヘレボラス・オリエンタリス)
別名:ヘレボラス・オリエンタリス(Helleborus orientalis)、春咲きクリスマスローズ(Christmas rose)
科属名:キンポウゲ科クリスマスローズ属
原産地:ギリシャ、トルコ

以上、「かぎけん花図鑑」より。

ちなみに今年のイースターは4月4日だということです。
by tanemaki_azumino | 2010-03-28 01:11 | 折々の暮らし
3月 13日 キハ52、ラストラン

f0213861_095092.jpg
この電車、「キハ52」というんですね。
正確には電車ではなくて気動車というのだそう(ディーゼルエンジンで動く、「キ」は気動車の頭文字 「ハ」は普通車 イロハのハ )

2年ほど前、金沢地裁へ行ったときのこと、
往きは急いで長野経由にしましたが、
帰りはノンビリ大糸線に乗ってみました。
糸魚川駅から乗った車両は、たったの一両編成!
ちょっと驚きましたが、
レトロな姿に幼いころの記憶がよみがえりました。
でも、「キハ52」という名前は今日まで知りませんでした。
昨日12日が最後の運行だったそうです。






(写真は糸魚川駅のレンガ車庫と「キハ52」2008年5月19日撮影)
f0213861_0102484.jpg

JR大糸線:キハ52、ラストラン--南小谷-糸魚川間 ◇撮影スポットに「撮り鉄」50人
 ありがとう、キハ52--。JR大糸線の南小谷(小谷村)-糸魚川(新潟県糸魚川市)の35.3キロ区間で運行されていた気動車「キハ52」が、13日のダイヤ改正に伴い12日で運転を終了し、引退した。

 小谷村内の姫川にかかる宮本橋近くの撮影スポットには、12日午前、全国でも最後となる雄姿を見ようと、道路脇に関東や北陸、関西ナンバーの車が数十台集結。「撮り鉄」(鉄道撮影ファン)約50人はカメラを手に、赤と黄色のカラーのキハ52がやって来ると、三脚で構えたり懸命にシャッターを押すなどしていた。「ラストラン」を迎えた車内には、立っている客も多く見られた。

 駆動エンジンを2台備えたキハ52は旧国鉄時代に製造され、全国各地の非電化区間で活躍した。大糸線のキハ52は3両が残っていたが、製造から40年以上が経過し、駆動装置や車体の老朽化が進んでいた。【福田智沙】
毎日jp(毎日新聞 2010年3月13日 地方版)より
by tanemaki_azumino | 2010-03-14 00:22 | 折々の暮らし

2月 27日 ラフマニノフ

2月 27日 ラフマニノフ

浅田真央、金妍児の対決は、クラシック業界に思わぬ効果をもたらし
2人がフリーやショートプログラム(SP)で使った曲に
注文が殺到しているそうです。


浅田真央のはラフマニノフの前奏曲嬰ハ短調Op.3-2「鐘」
キム・ヨナはガーシュインのピアノ協奏曲ヘ長調

どちらもコーチのお国柄や好みが影響しているようですね。


わたしがラフマニノフの曲で好きなのは「ヴォカリーズ」
なぜ好きかというと、ロシア語ができないわたしにも歌える曲だから。

これも前奏曲「鐘」と同じ嬰ハ短調です。
嬰ハ短調という曲調は日本人のメンタリティーに合っているのかも・・・


下の動画は2008年5月のラフマニノフ国際ピアノコンクール
12歳以下の部で第2位に入賞した高橋兼続さんによる前奏曲「鐘」



こちらは、キリ・テ・カナワが歌う「ヴォカリーズ」
Dame Kiri Te Kanawa sings "Vocalise" - Rachmaninoff

by tanemaki_azumino | 2010-02-28 01:07 | 折々の暮らし
2月 26日 甘いほうれんそう
f0213861_23213462.jpg
穂高の産直ビフには、週2回は通っています。
野菜はほとんどここで仕入ます。

昨日買ってきた「ちじみほうれんそう」
肉厚の葉はちじれていて文字通りの「ちじみほうれんそう」
濃い緑色に、根元は赤く、小ぶりの姿は
いかにも冬のほうれんそう。

今日はお浸しにしました。

茹であがったところで、つまみ食い。
その甘さ、美味しさにびっくりして、それで写真を撮ったので
ほうれんそうが水の中なんです。

追伸
ここで焼いている国産小麦と天然酵母のパンも美味しい。
食パンは必ず買います。
このごろ美味しかったのは、
黒豆カンパーニュとイチジクとクルミのカンパーニュ。
by tanemaki_azumino | 2010-02-26 23:24 | 折々の暮らし

2月 25日 アユは語る

2月 25日 アユは語る

渓流保護ネットワークの田口さんから、

川環境に生じる諸問題現象は、
環境破壊と公共工事・開発などの関係と密接なつながりがあるのですが、
必要な所にお金が回らない原因として、
財政を圧迫する「問題公共事業」の出費があることを理解したうえでお読みください。

とのメッセージとともに、
中日新聞岐阜版(名古屋)から「アユは語る」の記事を送っていただきました。

PDFファイルでご覧ください。
 アユは語る 第2部 1
 アユは語る 第2部 2
 アユは語る 第2部 3
 アユは語る 第2部 4
 アユは語る 第2部 5
by tanemaki_azumino | 2010-02-26 00:51 | 折々の暮らし
2月 21日 COOLPIX2代目2台目

穂高町の議員になったとき、
ホームページで活動報告をする約束をしました。

持ち歩きに便利な小さなデジカメが欲しいと思っていたら、
当選祝いに夫からもらったのがニコンのCOOLPIX3100(写真奥)。

当時はこれでも性能の割に小型でいいなと思ったのですが、
あっというまに時代遅れとなり・・・

「写真を撮るぞ!」と気合を入れた時しか持ち歩かなくなってしまいました。
ブログの写真も、いつの間にかケータイ撮影に・・・

それでも、
撮った写真を印刷したいと思うと、
(わたしの)ケータイ写真ではどうにもなりません。

予算1万円ぐらいで、もっと小型のデジカメを買うことにしました。
そう決めたのは確か暮れのことだったような気がしますが、
その後、品定めする暇もなく、
どれにしようかなかなか決められず・・・

3日前に、エイヤっとネットで買ったのが写真手前のニコンのCOOLPIX L21です。
決め手は操作性。
同じニコンのCOOLPIXなら操作の共通性が高い、そう思っただけのことです。
あとは、予算。

ニコンのCOOLPIX、価格1万円ぐらいで検索したら、
これが出てきました。
送料、代引き手数料サービスだったので即決。
本日届きました。
f0213861_0504828.jpg

2台並べてみると、この違い。
サイズも、性能も、価格も、各段の進歩です。

でも、持ちやすさ、シャッターの切りやすさについていえば、
小さけりゃいいってもんではないですね。

※本日の写真は、まだケータイ写真です、悪しからず。
by tanemaki_azumino | 2010-02-22 00:51 | 折々の暮らし
2月 21日 ジェルソミーナのテーマ

「神の愛は信じぬ者にも及ぶ」
「この世で役に立たないものは何ひとつない」

フェデリコ・フェリーニ監督の映画「道」 La Strada


高橋がテーマ曲を使用 映画「道」再脚光
[nikkansports.com 2010年2月20日7時10分 紙面から]



ジェルソミーナのテーマですね。
作曲はニーノ・ロータ。

「道」はわたしが生まれた1954年の作品ですから、
リアルタイムでこの曲を聴いたわけではありませんが、
なぜか記憶に残っている曲です。


「太陽がいっぱい」
「ロミオとジュリエット~What Is A Youth?」
「ゴッドファーザー~愛のテーマ」

等々、ニーノ・ロータの曲は日本でも大ヒットしています。
憂いをおびた曲調は日本人好みなのかもしれません。

わたしは、といえば「太陽がいっぱい」のテーマ
子どものクセして大好きでした。
by tanemaki_azumino | 2010-02-21 09:27 | 折々の暮らし