いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

カテゴリ:村田コレクション( 2 )

9月 12日 ひっそりと華やかに

安曇野市豊科近代美術館 秋の特別展「西洋の庶民生活家具展」が始まりました。

安曇野市が250万円の補助金を出しての開催です。
ところが、
財団関係者に聞いても「(開催は)秋です」としか教えてくれないので、
8月の初めだったか教育委員会に問い合わせたのです。
対応した職員も補助金申請書を見て、やっと9月10日からだとわかった次第。

9月10日!、あと一ヶ月しかないじゃないの!!
ポスターもチラシも市からのお知らせも何にもないけど、大丈夫かしら??

そうこうするうちに
「あんまり宣伝したくないようですよ」
「ひっそりと華やかに、なんて言ってましたからね」
そんな話まで聞こえてきて・・・

いよいよ開催直前の9月8日、村田さんから電話が入りました。
「展覧会への招待状と図録をいただいたけれど、
心配していたとおりになってしまった。
鈴木さんの椅子が18世紀イギリスのウィンザーチェアになっているのよ」

この椅子については、所有者の村田さんが
「これは鈴木三義さんが作ったもので、
豊科へ移転するにあたって餞別としていただいた椅子です。
18世紀イギリスの椅子ではありません」と、以前から抗議していたものです。
ところが、
財団は「ならば、鈴木さんの椅子だという証拠を出せ」と言って聞き入れず、
今回も18世紀イギリスのウィンザーチェアだとして展示したのでした。

▼ご丁寧にも、展覧会のチラシにはこの三義さんの椅子の写真を使っています
f0213861_2345253.jpg


村田さんに何か証拠になるようなものはないかと聞くと、
だいぶ昔のことだけれど「三四郎の椅子」という本に、
鈴木さんの椅子が写真入で紹介されたことがあるという。
三四郎って松本民芸家具の池田三四郎さんのことかと聞くと、そうだという。
その本なら、わたしの実家にあるような気がする、見覚えがある。
それが勘違いだとしても、地元松本市か安曇野市の図書館なら必ずあるはず。
探してみましょうということになった。

予想通り安曇野市の中央図書館にも松本市の図書館にもありました。
わたしの実家の父の蔵書のなかにも「三四郎の椅子」はありました。
そして、村田さんの記憶どおり、
この本の最終章に鈴木三義さんの椅子4点は紹介されていました。

池田三四郎さんが絶賛した「三義さんの椅子」が
18世紀イギリスの椅子だなんて言われたら、鈴木さんにも甚だ失礼なこと。
10日の初日、展示監修の鍵和田先生に村田さんが直接に申し出て
(私も「三四郎の椅子」を持って同席しました)
財団も間違いをやっと認め、展示に正しい来歴の説明が付きました。


それにしても、
「村田コレクション」の元々の所有者・村田さんの関与を排除しておいて、
「この展覧会を機会に村田さんと歩み寄りたい」とは
なんと勝手な財団の言い分ではありませんか。

21日の一般質問で、この「村田コレクション」問題を取り上げます。
by tanemaki_azumino | 2011-09-12 23:07 | 村田コレクション
6月 20日 犬が星見るとは

本日の一般質問で市長に聞きました。
「市の文化振興計画における豊科文化財団と村田コレクションの位置付けは?」

市長としての思いか、一個人としての思いかはさだかではありませんが
さして価値あるものだとは思わない・・・ と答弁があったので、

わたしは次のように聞いてみました。
現代の物質偏重の風潮や効率優先の世の中では、
心の大切さ、豊かさに目を向けることが大切であり、
村田コレクションは「心の時代」へ向けての気付きの場となる。
貴重な価値あるコレクションだと思うが、どうかと。

すると、
この「犬が星を見るようなもの」という言葉が市長の口から飛び出したのです。

「猫に小判」でもなく「豚に真珠」でもなく「犬が星見る」とは・・・

犬が星を見上げたところで何も出来やしない、
「分不相応な高望み」という説がネットで見つかりました。
市長の発言の流れからすると意味は通らないような・・・

もしかして、
「星だと思って見ているものは泥団子かもしれない、価値はない」と言いたいの?
それとも、
「自分のような者には村田コレクションの価値は分からん」という意味なの?

いずれにしろ、
村田コレクションは資料的にも金銭的にもそれほどの価値は認めない。
これが宮沢市長の見解といえそうです。


とすると、
基本財産の価値を認めていない財団法人が存在するというのもヘンな話。
by tanemaki_azumino | 2011-06-21 00:49 | 村田コレクション