いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

カテゴリ:原子力発電と原発事故( 29 )

5月 17日 ネットワークでつくる放射能汚染地図

ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図 福島原発事故から2か月」
番組サイトへhttp://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/0515.html
15日の日曜日夜に放送されたドキュメンタリー。
反響が大きかったようで、再放送が決まりました。
ぜひ見ていただきたい番組です。

5月20日(金)午前1時30分(木曜深夜) 再放送
5月28日(土)午後3時 再放送


番組内容
番組では福島原発事故発生の直後から、第一線で活躍する科学者たちとともに、詳細な放射能汚染地図を作成してきた。調査プロセスの中で出会った人々の混乱と苦悩を伝える。

(番組冒頭のナレーション文字起こし)
木村真三さん。放射線衛生学を研究する科学者です。
木村さんはかつて放射線医学総合研究所に務め、東海村臨界事故の調査を手がけました。その後厚生労働相の研究所に移り、自主的にチェルノブイリの調査にでかけました。

今度の事故が起こると職場の幹部は自発的な調査をしないよう指示。
木村さんは辞表を出しました。

木村さんの調査活動は友人の科学者たちに支えられています。


ETV特集では1954年のビキニ事件以来、放射線観測の第一線に立ち続けてきた元理化学研究所の岡野眞治博士の全面的な協力のもと、元放射線医学研究所の研究官・木村真三博士、京都大学、広島大学、長崎大学の放射線観測、放射線医学を専門とする科学者達のネットワークと連係し、震災の3日後から放射能の測定を始め汚染地図を作成してきた。

観測チームは、周辺地域の土壌、植物、空気中の粒子を採取し放射線量を計測する一方、岡野博士が開発した計測機を自動車に搭載して、福島県内の道路2000キロを走破した。この計測器はビデオで撮った現場映像とともにGPS情報、放射線量、放射性核種のスペクトルを、同時記録してゆくことができる世界唯一の機器であり、チェルノブイリ事故での計測により国際的な評価を得ている。

一方、文部科学省や福島県、IAEA、アメリカエネルギー省も、独自に汚染の計測を進めており、その結果が公表され始めている。これらのデータと、独自収集データをつきあわせることで、原発周辺地域のきめ細かい土壌汚染のマッピングが可能になる。
番組は、放射能汚染地図を作成してゆくプロセスを追いながら、原発災害から避難する人々、故郷に残る人々、それぞれの混乱と苦悩をみつめた2か月の記録である。

by tanemaki_azumino | 2011-05-17 22:14 | 原子力発電と原発事故
5月 15日 小出裕章×小林武史

f0213861_124013.jpg

原発のことなら京都大学原子炉実験所の小出先生に聞け
http://hiroakikoide.wordpress.com/
ずっとそう言ってきたわたしですが、
初めて小出先生の話を聞くという人にはコレがオススメ。

4月28日 小林武史氏と小出裕章氏の対話 (エコレゾ)
http://www.eco-reso.jp/index.php
音楽プロデューサー小林武史氏との対談が、エコレゾウェブに掲載されています。
鎌仲ひとみ氏、田中優氏、飯田哲也氏、河野太郎氏との対談もあります。
小林武史氏は聞き役としても素晴らしい。

緊急企画「LOVE CHECK/energy 今だからこそ、のエネルギーのこと」(エコレゾウェブ)

緊急会議 小出裕章×小林武史 「原発は今すぐ止めなければならない」(1)
緊急会議 小出裕章×小林武史 「原発は今すぐ止めなければならない」(2)
緊急会議 小出裕章×小林武史 「原発は今すぐ止めなければならない」(3)


かつては原子工学者として原子力の力を信じていたが、その研究課程で放射能被害や原子力エネルギーの限界を知ったという小出裕章さん。以来40年間、”原子力を止めることに役立つ研究”を続け、反原発を主張し続けている。専門家から見て、現在、福島原発はどのような状況下に置かれているのか? 今後はどのような展開が予測できるのか?
(対談日:2011年4月28日)


ところで、
この対談を聞いて(読んで)、初めて原爆と水爆の違いがわかりました。
原子爆弾は核分裂のエネルギー
水素爆弾は核融合のエネルギー
どちらも人間には制御不可能な「神の火」、手を出してはいけないと直感。
by tanemaki_azumino | 2011-05-16 01:24 | 原子力発電と原発事故
5月 14日 「えっ!足りてたの?」脱原発Tシャツ

f0213861_23361855.jpg


「えっ!足りてたの?」Tシャツを買いました。
といっても、いまネットで注文したところなんですが・・・

これを着て、6.11脱原発100万人アクションに参加するのもいいと思います。
このあたりで今わかっているところでは、大町市で集会があります。

6.11 脱原発国際行動 大町集会(原子力基本法改正へ向けて) 
 2011年 6月11日(土)
 12:00から集会 大町駅前広場公園
 13:10~14:30 デモ 駅前通り商店街


キャンペーン用の「それなりのTシャツ」ではなくて、デザインも素敵です。
   ■伝える脱原発Tシャツ
    「電力は余ってる」
    ってことがわかりやすく伝えられるように、Tシャツを作りました。
    出歩く時にはコレを着て、会う人会う人に「ホントは電気は余ってんだよ」
    と言って歩き、納得した人には「じゃぁキミもね」と一着手渡す。
    デモにもデートにも着られるようにデザインしました。

    利益はすべて震災で親を亡くした子どもへの寄付にします。

by tanemaki_azumino | 2011-05-14 23:40 | 原子力発電と原発事故
5月 12日 小出先生が参議院行政調査会へ

このところ、原発事故関連ばかりですが、大事なことなのでお知らせします。

5月23日(月)の参議院行政調査会で小出裕章先生が話します。
東電や保安院、政府の不正確な情報しかないなかで、
最も現実に近い正確な判断をしている小出先生にやっとお声がかかりました。
原発廃絶を訴え続けてきた専門家が呼ばれるのは、おそらく初めてのことでしょう。

「政治に何の期待もしていないけれど、
これまでの行政に対しては言いたいことが山ほどある。
幸い、その委員会はネットで公開されるそうで、言いたいことを言いに行くことにした」
と小出先生。

参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

小出裕章(京大助教)非公式まとめ
京都大学原子炉実験所 小出裕章氏による情報です。
※非公式となっているのは、小出先生本人による「まとめ」ではないからです。
http://hiroakikoide.wordpress.com/
by tanemaki_azumino | 2011-05-13 01:59 | 原子力発電と原発事故

5月 11日 もんじゅ君

5月 11日 もんじゅ君

昨日のわたしの「つぶやき」
  原発事故関連でtwitterに謎のキャラクター「もんじゅ君」を発見。
  オソロシイことをさらっと言ってのけるこの子はだれ?
f0213861_2316331.jpg


もんじゅ君といいます。

自己紹介には、こうあります。
@monjukun 福井県敦賀市
夢の高速増殖炉もんじゅ君です。原発銀座生まれ、MOX燃料育ち。これまでに国費2.4兆円、今も1日あたり5500万円の維持費を使っているけど、発電実績がほぼゼロなのは内緒だよ!最近、福島第一原発が話題だけど、事故を起こすと1番コワイのはボクなんだって。日本原子力研究開発機構に所属しています。 ※非公式アカウントです。


にっちもさっきも行かなくなっている炉内中継装置落下事故については
ウィキペディアによれば

2010年8月26日、炉内中継装置(直径46cm、長さ12m、重さ3.3トン)がつり上げ作業中に落下する事故が起きて、24回以上の対応策を実行するもののすべてが失敗し、いまだ解決することが出来ていない。炉内中継装置は燃料を燃料交換時に仮置きする金属製の筒で原子炉容器にふたをしている鋼製の遮蔽プラグの穴を通して出し入れする。装置は2本の筒を8本のピンで上下に接合した構造で下から約5メートルの部分に接合部がある。この接合部あたりで抜けなくなっているという。炉内はアルゴンガスや不透明なナトリウムに覆われており変形部分を直接見ることが出来ない。

日本原子力研究開発機構は2010年10月1日、「落下による影響はない」と主張し装置の引き揚げ作業を続行した。しかし、10月13日までに24回行われた引き上げ作業は全て失敗。事故現場は目視で調べることができないが、落下の衝撃で装置が変形し、原子炉容器の穴に引っかかっているとみられ、装置が原子炉容器から抜けない状態になっていることが判明した。長期にわたり原子炉の運転ができない可能性が出てきたと報道される他、「技術的常識に従えば本格運転も廃炉措置もできない」という主張も出されるなど、事故の収拾の見通しは立っていない。

2010年11月16日、ファイバースコープ及びCCDカメラで2本の筒の接続部にギャップが発生し変形していることを確認した。

2011年1月28日、落下した装置を引き抜くための追加工事や試験などの復旧作業に約9億4千万円の費用がかかることがわかった。また、停止中も維持費に1日5500万円の国費がかかると報道されている。

2011年2月14日、装置を現場で担当する燃料環境課長が敦賀市の山中で自殺し、遺体で発見された。

次の策として、日本原子力研究開発機構は、落下した炉内中継装置を燃料出入孔スリーブと一体で引き抜く保全計画策定と国の確認を受けて実施する予定である。


ツイッターのもんじゅ君の話によると、近々シュジュツをするそうです。

「というか、正確にいうと現在、廃炉にすることもできない状況なんだ。
喉に中継装置が落ちてひっかかってるからね。だから来月シュジュツをするんだよ。
ドキドキだよ。」

(手術が成功する確率はどれくらいなの?)

「すごく難しいから、日本原子力研究開発機構のおじさんも、シュジュツしてくれる東芝さんも、
ボクには教えてくれないんだ。」


日本原子力研究開発機構敦賀本部のホームページで調べてみたら、
「もんじゅ」炉内中継装置落下関連情報がありました。
「そうか、ちゃんと情報公開してるんだ」と思ったのですが、
でも、一つひとつ中身を見てみると、そのお役所仕事ぶりたるや・・・

こんな文書を毎日作っているのがイヤになった職員さんが、
「もんじゅ君」やってるんじゃないかと、妄想してしまいました。
by tanemaki_azumino | 2011-05-11 23:18 | 原子力発電と原発事故
5月 7日 ブラックアウトは何故起きたか

5月7日発売の岩波書店『世界』6月号に、小出裕章氏の文章が掲載されています。
ほかにもそのタイトルと執筆陣から、読みごたえありそうです。
本を買うのはもっぱらネット利用ですが、明日は書店に走ろうと思います。

岩波書店『世界』 特 集 原子力からの脱出
【レベル7の危機】ブラックアウトは何故起きたか
小出裕章 (京都大学原子炉実験所)

 3.11以降、「問題はない」「大事故ではない」と言いつづけた「原子力村」に属する「専門家」への信頼が失われるなかで、アカデミズムの立場から批判的に原子力とかかわりつづけてきた筆者の発言が注目されている。いったい福島原発で何が起きたのか。これからどうなるのか、どうすればいいのか──。批判的知性による検証。

こいで・ひろあき
 京都大学原子炉実験所助教。著書に『隠される原子力・核の真実──原子力の専門家が原発に反対するわけ』(創史社) 『原子力と共存できるか』(かもがわ出版) など。

本記事についての小出氏のメッセージ(転載)
 原子力発電とは、ウランの核分裂反応を利用した蒸気機関である。今日標準的になった100万kWといわれる原発では1年間に1トンのウランを核分裂させる。広島原爆で核分裂したウランは800gであったから、優に1000倍を超える。

 原発は機械であり、事故を起こさない機械はない。原発を動かしているのは人間で、間違いを犯さない人間はいない。電気を多量に消費するのは都会だが、万一の事故のことを考えれば、原発を都会に立てることはできなかった。そこで、原発は過疎地に押し付けられ、厖大な電気を使う豊かな生活のためには「必要悪」と言われてきた。

 私は40年間、いつか破局的な事故が起きると警告してきた。何とか破局的な事故が起きる前に原発を止めたいと願って来た。しかし、福島原発事故は起きてしまった。現在進行中の事故を収束に向かわせるため、今後、多くの作業員が被曝する。周辺の多くの人々も、歴史を刻んできた土地を捨てて避難するか、被曝を覚悟で住み続けるか選択するしかない。それを思うと、言葉にできない無念さがある。

 これほどの悲劇を前にまだ原発が運転され続けていることを、信じがたい気持ちで私は眺める。世論調査では、停電すると困るので原発は必要とする人が多数いると言う。もし、享楽的生活を続けるために電気が必要と言うのであれば、原発は是非都会に作って欲しい。それができないのであれば、電気が足りようと足りまいと原発は即刻全廃すべきものと私は思う。
小出裕章 (京都大学原子炉実験所)

--------------------------------------------------------------------------------

同特集の全記事

【放射能と人間】
原子力発電から離れよう
  柳澤桂子 (生命科学者)

【自然エネルギーへ】
東日本にソーラーベルト地帯を──太陽の港、風の港で日本は甦る
  孫 正義 (ソフトバンク社長)

【レベル7の危機】
ブラックアウトは何故起きたか
  小出裕章 (京都大学原子炉実験所)

【希望はあるか】
海のチェルノブイリ
  水口憲哉(東京海洋大学名誉教授)

【日本人と核】
原爆から原発へ マンハッタン計画という淵源
  春名幹男 (名古屋大学特任教授)

【政治に聞く】
菅政権の対応は誤っている
  川内博史 (民主党衆議院議員)

エネルギー政策は転換するしかない
  河野太郎 (自民党衆議院議員)

【共存共滅?】
原発「核害」と立地自治体
  金井利之 (東京大学)

【ル  ポ】
事後原発で誰が作業をしているのか
  布施祐仁 (ジャーナリスト)

【周囲に目を】
東北アジアの隣人と新しい関係を築こう──東北大震災の中で考える
  和田春樹 (東京大学名誉教授)

【資  料】
食品の「放射能汚染」は避けられるか──国際放射線防護委員会 (ICRP) の勧告より

【便乗しない構想を】
復旧と復興 ──「生活」の連続性
  湯浅 誠 (内閣官房震災ボランティア連携室長)

【原発報道】
メディア批評 第42回
  神保太郎 (ジャーナリスト)
by tanemaki_azumino | 2011-05-07 20:58 | 原子力発電と原発事故
5月 3日 小出裕章氏が40年以上訴え続けてきたこと

すぐ前の班目春樹氏に関する書き込みに続き、
その対極にある小出裕章氏のことも並べておきます。

f0213861_21314831.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=mk5ITq_Vf00&feature=related
▲小出裕章さんに質問~上関原発を止めるための方法は?~

両方の映像を較べてみれば、どっちが信頼できるか判断できると思います。

以下、おまけですが小出先生の最新インタビューです。
5/3/火★今?5000枚のシミュレーション結果公開
※音声はたね蒔きジャーナルWEBラジオより。
http://www.youtube.com/watch?v=R8wuXIfH8b4&feature=player_embedded

by tanemaki_azumino | 2011-05-03 21:34 | 原子力発電と原発事故
5月 3日 班目春樹氏の本音トーク炸裂!

f0213861_9341689.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=zKwOxJuMhPs

▲大失言!【原発儲かる】原子力安全委員長 【最後は金】2005年班目
 「内閣府審議会 原子力安全委員会・現委員長 班目春樹氏の本音トーク炸裂!」

このタイトルはケイハクこのうえない感じがしますが、
そうとしか言いようのない、ほんとに軽薄、浅はかで、
思慮深さの微塵も感じさせない班目委員長の姿が映し出されています。
というか、
「ヘンな思慮部かさ」が「ホンネ」で行動することを邪魔しているのですね・・・

どんな人物が原子力安全委員長になっているのか
知らなかった、知ろうとしなかった、関心がなかった自分自身を恥じる。
by tanemaki_azumino | 2011-05-03 09:37 | 原子力発電と原発事故
5月 1日 決まっています。 汚染土の捨て場

郡山市や伊達市では校庭の汚染土壌の除去を済ませたが、
持って行き場がなく、校庭の隅に置いておくしかない状態が続いるという。

校庭放射線問題で要望=「安全でも安心とは違う」-福島の6首長、文科相に
http://www.jiji.com/jc/q?g=eqa_30&k=2011050100187

高木文部科学大臣は、
「土や砂を入れ替えなくても屋外活動ができる」
「冷静な対応を望む」などとノンキなことをいっていたとのこと、
さすが「子どもに年20ミリシーベルト」を強要しただけのことはある。


文部科学大臣にこそ言っていただきたかった。
「決まっています。汚染土の捨て場は福島原発です。」と。

以下、昨日に引き続き武田邦彦氏のホームページからの引用です。

決まっています。 汚染土の捨て場

福島県を中心として「汚染された場所の洗浄と、表土の除去」が始まっています。

手をこまねいていれば30年は汚染された土地で生活しなければならず、それは子供達の人生そのものになってしまいます。

しかし、「なぜ、汚染されているのか」というと、「そこに放射性物質(粒)があるからだ」ということですから、とにかく早い内に除去することです.

「綺麗な福島大作戦」が郡山から始まったようですが、早速、「汚染された土をどこに捨てるか」が問題になっているようです。

「校庭の表土は汚染されているから、持ってきては困る」という住民の反応も理解できますが、だからといって誰でもいやがる汚染された土の上で、児童が運動して良いということではありません.

・・・・・・・・・

もちろん、汚染された土は福島原発に返すのです。臨時にどこかにおくのも良いですが、最終的には福島原発に持っていくのが理の当然です。

ある家庭で、間違って汚いものをご近所にまき散らしたとします。ご近所の人はそれを集めて、汚いものを撒き散らした家庭に持っていくでしょう。

つまり人間にはたまに間違えがありますが、間違えた人がそれを始末するのが常識で、汚いものをご近所に撒き散らしておいて知らない顔をしているというのは全くおかしなことなのです。

そしてご近所の人が、撒き散らした汚いものを持ってきたからといって引き取りませんというのも常識外れです。

今度の福島原発の事件というのは、「東京電力という人が所有している福島原発」から汚いものが東北関東に撒き散らされた事件ですから、当然その引き取り手は福島原発なのです。

もし、東京電力が「汚れているものだけ持ってきてくれ」というのもおかしな話で、例えば、瓦れきと放射性物質を分けることが難しければ、瓦れきのまま持っていけば良いのです。

・・・・・・・・・

東京電力は大きな会社ですが、私企業であることは間違いありません。私企業が失敗したことを、政府は必死になって国民にそのツケをまわそうとしています。

政府は、早く福島を綺麗にしなければなりませんし、環境省は福島で汚れた瓦れきを川崎市、愛知県等に持ち込もうとしていますが、もし瓦れきを持ち込むなら東京電力が綺麗にしてそれを持ち込むべきです。

ここで「綺麗にする」というのは規制値以下にするのではなく、放射性物質自体を全部取りさるということを意味しています。

奇妙な議論に巻き込まれず、福島をできるだけ早く綺麗にし、その過程で出てくる汚染されたものは、全て福島原発に返すべきです。

2011年5月1日 武田邦彦氏のホームページより

by tanemaki_azumino | 2011-05-01 22:47 | 原子力発電と原発事故
4月 28日 日本政府の非人道的な決定

子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、
撤回を要求する要請に賛同しました。
30日まで受け付けていますので、ご協力をお願いします。
https://spreadsheets.google.com/viewform?hl=en&formkey=dFUyRmU4Wl9tczRVeVdHNE1GZnJrbGc6MQ#gid=0

原子力安全委員会は正式な会議を開かずに、
子どもに年20ミリシーベルトを適用することを決めました。
正式な議事録も残っていないとのこと。

年20ミリシーベルトは、屋外で3.8マイクロシーベルト/時に相当。
この3.8マイクロシーベルト/時は、
放射線管理区域(0.6マイクロシーベルト/時以上)の約6倍にもなります。

こんなものは、福島の現状からご都合主義的に導き出した基準でしかなく、
どう考えても、「基準」として許されるようなものではありません。
国は「基準」を設定することにより
法的に責任を免れることができるようになる、そのための「基準」としか思えません。

子どもの命と健康を護るための基準では、けっしてありません。

f0213861_1371877.jpg

by tanemaki_azumino | 2011-04-29 02:09 | 原子力発電と原発事故