いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

12月 7日 IC名称変更

12月 7日 IC名称変更

わたしは、安曇野ICに名称変更する必要性を感じません。
2億円もかかる、それも地元要望のため費用は全額安曇野市の負担になるからです。
10億円の経済効果があると言われても、その気になれません。

が、しかし、いよいよ
補正予算でIC名称変更事業費として2億円があがってきました。

でも、こんな事情を聞くと、まじめに取り組むのがバカバカしくなります。

2008年5月13日 東京新聞より一部引用
【道路を問う】第4部 「一般化」の裏で<下>
   ~族議員地元 一枚岩ひび 陳情の裏、冷めた民意~


「インターチェンジ(IC)の名称のことで一度、(和歌山県)有田市長に会ってくれるか」。昨年夏、西日本高速道路(大阪市)の石田孝会長の元にそんな電話があった。

 相手は自民党の二階俊博総務会長。地元の同県を走る阪和自動車道の吉備ICと湯浅御坊道路の吉備南ICの名称を、みかんで有名な「有田」「有田南」に変えてほしいというのが、有田市長らの要望だった。

 「二階さんから名称変更まで頼まれたわけではない。後日、市長らと会った際は『ほかの町村も納得していますか』と念押しした」

 そう振り返る石田氏は神戸製鋼出身。道路公団民営化で西日本の会長に就く以前から二階氏と親交があった。元公団幹部が言う。「ICの名称変更は看板や地図の書き換えなどで費用がかかる。長年慣れ親しんだ客が、出口を見落とすこともあり、会社は変えたくないはずだが…」

 だが、陳情から数カ月後に名称は変更された。西日本の負担は約六千万円。民営化後、ICの名称変更はここだけだ。東日本管内ではまだ一件もない。

 西日本広報室は「費用がかかることなので地元自治体と協議会をつくって検討した」と妥当性を強調した。

豊科ICの場合は、
ここを境に北が東日本高速道路、南が中日本高速道路の営業範囲となっているため、
両社にまたがって管理システム等改造が必要になるとのこと。
つまり、通常の2倍かかるという特殊な立地なのです。
それでシステム改造だけで1億6千万円もかかってしまう。

それにつけても、なぜ西日本高速道路が六千万円も負担してくれたのか・・・
by tanemaki_azumino | 2011-12-08 01:30 | 安曇野市