いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

11月 23日 2025年問題

11月 23日 2025年問題

今日はみどりネット信州の11月政策研究会。
今回は「新しい公共、指定管理者制度の今日を問う」と題して
東京自治研究センターの伊藤久雄さんをお招きし公開講座としました。

指定管理者制度について、これまででもっとも理解が深まる話が聴けました。
わかっているつもりが実は誤解だったと気付かされたり、
そうだったのかと目からウロコだったり、
指定管理者制度の問題点だけでなく、
「活用の仕方」にも目を向けることができ、とても勉強になりました。


で、次の1月研究会のテーマは何にしようかということになり、
出てきたのが「2025年問題」。
これは、当然ながら安曇野市においても深刻な問題になると思います。

終戦直後のベビーブーム期(1947~49年)に生まれた団塊の世代が2025年には75歳以上となり、社会保障費が急増すると心配される問題。厚生労働省の06年の推計によれば、25年度の医療費は52兆円で、06年度の約2倍、社会保障費も全体で約1・8倍の162兆円に達するとみられる。
(毎日新聞 2011年1月14日 東京朝刊より)


財務省データギャラリーにはこんな説明もちゃんとあります。

人口構造の変化
http://www.mof.go.jp/gallery/20110301.htm
ついでに「公債残高の推移」とか、見ておくことをおススメします。
とはいえ、
どの解説も「ひとごと」「どこ吹く風」といった感じで、なんともはや・・・

f0213861_23251744.jpg
by tanemaki_azumino | 2011-11-23 23:25 | 今日の一言