いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

9月 26日 市民のニーズは住民投票より新庁舎の話

9月 26日 市民のニーズは住民投票より新庁舎の話

住民投票を考えるシンポジウム
 「大事なことは、みんなで決めたいよね!」

おかげさまで参加者100人! とご報告したいところですが、
残念ながら、予想外の20人。
うぅ・・・

受任者の申し出が120人に達していましたし、
お知らせチラシも5000枚を新聞折込しました。
また、ネットも含め、できる限りの広報に努めたのですが、この人数。

(7月30日の学習会は40人集まっていただいたのに)

稲刈り真っ最中で忙しい・・・
3連休の中日、久しぶりの好天でお出掛け・・・
それ以上に、
「庁舎建設はもう決まったこと。今さら、住民投票でもない」
という諦めムードが支配的、これが一番大きいのではと感じました。

さらに、来場者からは
「住民投票の話より、本庁舎を建てても(安曇野市は)大丈夫なのかを知りたい」
という、そういう声をたくさんいただきました。
「知りたい」のは「自分で判断したい」気持ちがあるということ。
その先に必然として住民投票に行き着くということでしょう。

とにもかくにも、
佐久の小山さんのお話・佐久市の事例はとても参考になりました。
今井さんの力強いメッセージには、さらに励まされました。

「大事なことは、みんなで決めたいよね!」
「市長や議会で勝手に決めてほしくないよね」
という気持ちを確認しながら受任者さんを増やしていこうと思います。

住民投票を考えるシンポジウムの報告(その1)
~佐久市議の小山さん、ジャーナリスト今井さんを招いてシンポジウム~


住民投票を考えるシンポジウムの報告(その2)
~新本庁舎建設計画について5町村合併以来の経緯~


住民投票を考えるシンポジウムの報告(その3)
~「リコールのほうが良いのでは」「安曇野の市議が変わる可能性も」~

by tanemaki_azumino | 2011-09-26 21:40 | 住民投票