いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

7月 26日 臨時議会から今日の一言

7月 26日 臨時議会から今日の一言

昨日の臨時議会の議論から
本庁舎建設について代表的な賛成意見のひとつがこれ。

「議論も6年間かわし、粛々と進めてきた」

「粛々と・・・」は政治家や官僚が使うと何やら嘘っぽくなります。

辞典によれば、「ひっそりと静かに」、「厳かに」、「謹んで」等を意味で、
本来はそんな悪いイメージの言葉ではないのですが・・・

官僚が使えば、「命令のまま」、「秘密裏に」、「批判に耳をかさず」という意味になり
政治家の場合は、「議論無用」、「既定方針通り」という意味になるようです。


わたしも、建設推進派議員によく言われるのです。
「もう決まったようなもんだからさ、イイカゲン賛成したらどうだい」
既定方針通りで議論無用ということなのでしょう。
こうなると、「粛々と」はじつに不愉快なことばですね。

そういえば、
「市民合意は得ていると判断している」という賛成意見もありましたが、
市民合意も「粛々と」ですから、
「批判に耳をかさず」ということになりましょうか。

「特例債について不安はない」にいたっては、何をかいわんや・・・

ということで、
今回の臨時議会の詳しい報告は改めて。

▼真昼の花火
f0213861_7135791.jpg

by tanemaki_azumino | 2011-07-27 01:04 | 本庁舎建設問題