いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

6月 27日 今日の一言

6月 27日 今日の一言

▼もう1枚ベルガモットの写真
f0213861_1392358.jpg

6月25日のブログで
本庁舎建設の是非を問う住民投票、発起人会議のお知らせのなかで書いたこと。
わたしたちの生活に大きく関わることは、わたしたち自身で決めたいのです。
市民の意向を問わずに進めてもらいたくないのです。

今日の信濃毎日新聞の月曜評論に、これと同じ意味のことが書かれていました。
本来民主主義の根幹にあるのは、
「大事なことは自分(自分たち)で決めたい」という自己統治の願いであり、
「自分が参加しない意思決定によって影響を受けるのは納得できない」
という自律への希求である。

中略

要するに自らの判断を
「限定的に(専門家ないし政治家を信頼する限りにおいて)」停止している。
しかし、その信頼が失われた時には、
意思決定への参加を求めることになる。
もしも、この要請に応えることができなければ、
民主主義はその名に値しないものに堕してしまう。

(丸山仁 まるやま・ひとし 岩手大学人文社会科学部教授)

ここでは原子力発電の行方について論じているのですが、
安曇野市における本庁舎建設の行方についても共通する問題ですね。

今日の信濃毎日新聞の月曜評論、ぜひ読んでみてください。
ここで記事を紹介したいと思うのですが、
信毎は著作権にうるさいので、引用できないのがザンネン。
by tanemaki_azumino | 2011-06-28 00:10 | 今日の一言