いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

6月 26日 ベルガモットの花

6月 26日 ベルガモットの花

▼ベルガモットの花を買ってきました。
f0213861_0582558.jpg


うちの庭にも植えてみようかと思って、例のごとくネットで調査。

ベルガモットの名はイタリアのベルガモで最初に栽培されたからという説がある。
ふむふむ、なるほど・・・

ベルガモ(Bergamo)は、イタリア北部の小都市。ベルガモ県の県都。
人口117,032人か、安曇野市ぐらいだね・・・

ドビュッシーの「ベルガマスク組曲」はここが舞台。
へー、そうだったの・・・ 
「ベルガマスク組曲」の中では『月の光』がお馴染み。

で、ベルガマスクというのは、「ベルガモの」とか「ベルガモ舞曲」という意味。

ポール・ヴェルレーヌの詩集『艶なる宴』に収録されている詩「月の光」の
"Que vont charmant masques et bergamasques"
「現われたる艶やかな仮面喜劇者たちとベルガモの踊り子たちは」
という一節に使用されているのがこのベルガマスク(bergamasques)という言葉
ドビュッシーがヴェルレーヌを意識していたことを窺わせる。

ベルガモットの花からヴェルレーヌに至るとは思いもかけず・・・

▼ハーブ・ベルガモットの赤い蕾
f0213861_0575095.jpg

by tanemaki_azumino | 2011-06-27 01:01 | 折々の暮らし