いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

5月 24日 参院の行政監視委員会を聞いてください

5月 24日 参院の行政監視委員会を聞いてください

信濃毎日新聞は報道しなかった
といっても他の大手メディアもほとんど無視したようなものでした。

参院の行政監視委員会「原発事故と行政監視の在り方」参考人質疑のことです。
ネット中継されていましたが、
途中でアクセスが集中してダウンする事態もあったほど関心高かったようです。

脱原発、反原発の4氏を揃えたのは参院ならではの見識かと、ちょっとだけ見直しました。
しかし、昨夜のテレビや今朝の新聞では、ほとんど扱われていませんでした。
ほんと、もったいない、というか、あらゆる意味でがっかりでした。

せめて、ここでお知らせしますので、ご覧ください。
小出先生部分と全体を録画したものと両方あります。
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/05/23/sangiin-may23/

◆報道(転載)
(1) 原発推進政策に批判相次ぐ 参院委で小出京大助教ら
2011/05/23 20:04 【共同通信】

 東京電力福島第1原発事故を受け、参院行政監視委員会は23日、小出裕章・京都大原子炉実験所助教や、石橋克彦・神戸大名誉教授(地震学)ら4人を参考人として招き、原子力行政について討議した。参考人からは「破局的事故の可能性を無視してきた」(小出氏)など、これまでの原発推進政策を批判する意見が相次いだ。

 小出氏は、今回の事故対応で「政府は一貫して事故を過小評価し、楽観的な見通しで行動した」とし、放射性物質の拡散予測など情報公開の遅れも批判。また、国が「核燃料サイクル」の柱と位置付けてきた高速増殖炉の例を挙げ、当初1980年代とされた実用化のめどが立たないのに、関係機関の間で責任の所在が明確でないとした。

 石橋氏は、地球の全地震の約10%が日本に集中しており、「原発建設に適さない場所である」と強調。原子力安全委員会と経済産業省原子力安全・保安院が「原発擁護機関になっている」とし、安全性の審査が骨抜きになっていると指摘した。

 ソフトバンクの孫正義社長は、太陽光など再生可能エネルギーの活用を提言。元原子力プラント設計技術者の後藤政志・芝浦工大非常勤講師も「完璧な事故対策の模索より、新たな分野へのエネルギーシフトの方が容易」と、脱原発を訴えた。


(2) エネルギー政策の転換を 参院委で識者が脱原発訴え
(中日新聞 2011年5月23日 23時24分)

 石橋克彦神戸大名誉教授や孫正義ソフトバンク社長ら「脱原発」を主張する識者4人が23日、参院の行政監視委員会に参考人として出席し、国のエネルギー政策の転換などを訴えた。
 委員から、津波対策後に再開を目指す中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の耐震性を問われた石橋氏は「大丈夫なんて全く言えない。浜岡は、地雷原でカーニバルをやっているようなもの」と再開に強く反対。浜岡1号機が運転を開始した1976年から「東海地震」の可能性を指摘しており「地盤の隆起で敷地がでこぼこになる可能性がある。海水の取水管や防波壁が壊れて役に立たないかも」と強調した。
 100億円の義援・支援金を寄付するほか、全国各地に太陽光発電所の建設を計画する孫社長は「国内の休耕田と耕作放棄地の2割に太陽光発電を設置すれば、原発50基分をまかなえる。今は農地転用の規制で不許可となるが、仮設置を認めたらどうか」と政策転換を促した。
 京都大原子炉実験所の小出裕章助教は「高速増殖炉は68年に計画が持ち上がって以来、10年ごとに目標が先延ばしにされ、いまだ実現していない。永遠にたどり着けないであろう施策に、すでに1兆円を投じた責任を誰も取らない」と原子力行政の行き詰まりを指摘した。
 福井県選出の委員からは「原発銀座」と言われる同県の現状への質問も。石橋氏は「若狭湾は地震の活動帯。海底活断層がたくさん見つかっており、大津波の可能性はある。非常に危険なのは間違いない」と話した。

そのほか、東京新聞にも関連記事がありました。
by tanemaki_azumino | 2011-05-24 21:38 | 原子力発電と原発事故