いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

4月 22日 原子力発電の利権の構造

4月 22日 原子力発電の利権の構造

「原発行政 電力との癒着を断て」
やっとここまで書いてくれた東京新聞2011年4月19日の社説ですが、
もっとわかりやすく小出先生が質問に答えています。

小出裕章氏原発学習会(主催:生活クラブ生活協同組合・静岡)2011.04.16

原子力発電の利権の構造とはどういうものか?
(講演会録画の01:57:12ごろの質問)

一番簡単な理由は電力会社が儲かったから
何でかというと電気料金が法律で決まっているから
普通は物を買う時に選ぶ事が出来る
でも、電気だけは選べない

電気の値段は電気事業法という法律で決まっている
必要経費と利潤が見合う金額を決めるようにと書いてある
利潤の決め方は電力会社が持っている資産の何%かきまっている
電力会社は金もうけをしようと思えば資産を多く持っているほうがいい
資産を持つためには原子力発電をつくること
一基作るだけで資産がものすごく増える

そこに三菱、日立、東芝の巨大産業が原子力発電所から利益を取ろうとして群がった
群がってやる時にどうしたかというと・・・

戦後米国がやった事は
日本に原爆を作らせないために、原子力の基礎物理学的な研究所を全て壊した

1952年のサンフランシスコ講和条約で初めて原子力の研究が許されたが、
もう、間に合わないので、日本はアメリカから原発の技術を買ってきた
WH(Westinghouse Electric Corporation)とGE(General Electric Company)
自分で作る技術ががないから・・・

加圧水型PWRは三菱
沸騰水型BWR東芝と日立

三菱は毎年1基原子力発電を作る事にした
東芝と日立は一年交代で1基作る
ほぼ20年間続いた
技術者労働者を張り付けて
そういう利潤構造を作って抜けられなくなった

20年間で20づつで1990年に40基できた
その後17基しか出来ていなくてメーカーは困っている
原子力から金儲けが出来なくなって
中国インド東南アジアの国に原子力を売りつけようとしている

世界では今は圧倒的に加圧水型PWRが多い
輸出を考えたのは東芝で、
ウエスティングハウスを丸のみして三菱を蹴落とした
8000億円位払った

蹴落とされた三菱はヨーロッパアレバでヨーロッパ型の加圧を作っているので、
そこと結託して売り込み始め、ものすごい熾烈な戦いになっている

そういう構造があったために今日まで止まれなくなってしまったと言う事です

by tanemaki_azumino | 2011-04-22 23:14 | 原子力発電と原発事故