いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

3月 16日 武雄市は動いた、我が市は?

3月 16日 武雄市は動いた、我が市は?

ツイッターで知りました。
武雄市は動いた、我が安曇野市は?

被災者の武雄市への受け入れ「武雄市タウンステイ構想」

武雄市では、3月11日(金)の震災発生以降、義援金の募集や備蓄物資の提供など、被災者、被災地の皆様への支援にいち早く取り組んできました。

しかし、震災後の状況を見ると、被害は想像を絶する甚大さであり、今後、復興までには相当の期間が見込まれます。

それを踏まえ、すぐにでも取り組むべきことは、被災者の生活、居住の場所の確保であり、武雄市としても、その支援に市が一体となって取り組みたいと考えています。

そこで、被災者の方々の受入体制を整備するため、「武雄市タウンステイ構想」を実施しますので、市民の皆様、関係機関の皆様の御理解、御協力を切にお願い申し上げます。

安曇野市も岩手県遠野市へ第1陣支援物資の輸送を行いました。
けれど、その先の支援が足踏み状態・・・

現在、長野県では、宿泊施設での被災者受け入れに関して
長野県旅館組合のみなさんが、県観光部の担当課と協議していると聞きました。

安曇野市には、特に穂高には宿泊施設や企業の保養施設が多くあります。
受け入れる施設がどれだけあるか調査をしておけば、
迅速な対応ができると思って、検討してほしいと市の方へは伝えました。

でも、やっぱり、
国の対応、県の対応を見てから、という雰囲気が感じられ残念です。

「震災と庁舎建設は別。合併特例債を権利として行使して本庁舎を建てる」
と言っている市長のもとでは積極的な支援体制は考えられないのでしょうか。
被災者支援が長期的には安曇野へのIターン政策につながると思うのだけれど。


武雄市長は、被災者、被災地復興支援の補正予算を計上すると表明しています。

f0213861_21513846.jpg

by tanemaki_azumino | 2011-03-16 21:48 | 安曇野市