いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

3月 3日 市長の決断次第でいかようにも

3月 3日 市長の決断次第でいかようにも

昨秋、2009年度の決算が出た頃だったか、市の財政担当に聞いたこと。
「80億円で本庁舎を建てたら、その後の財政はどうなるの?」

その時の答えは、
「市長の決断次第でいかようにも調整できるよう準備しています」

それから半年、
延びのびになっていた市の財政計画の発表がやっと昨日ありました。
ありったけの事業を盛り込んで、なおかつ本庁舎も建設し
合併特例債(借金)を可能な限り使いながら、市民生活を向上させ
10年後には借金が55億円減るという夢のような計画。

このような「市長の決断」を実現するためには、前提となる条件が必要です。
「現行の国の制度や現在の社会情勢が大きくが変わらない」ということ。


少子化、高齢化、人口減少、税収減に対して、
福祉、介護、医療など人が必要とするものはまちがいなく増加します。
これまでに作ってきたモノの維持補修も次々とふりかかってきます。
それだけでも難しい財政運営が予想されるのですが・・・
もっと厳しい見通しのもとに作った計画はないのでしょうか。

おまけに、今回発表の財政計画には
一般会計より借金がたくさんある特別会計には何もふれていません。
こんな計画ではとても心配です。
by tanemaki_azumino | 2011-03-04 01:43 | 本庁舎建設問題