いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

2月 13日 自治体の法務は大丈夫か

2月 13日 自治体の法務は大丈夫か

日経グローカルNo.165(2011.2.7)の特集「自治体の法務は大丈夫か」に
安曇野菜園の損失補償の問題が取り上げられています。

個々の損失補償契約の中身は不明だが、全国市民オンブズマン連絡会議では、「全国の三セクの損失補償のほとんどは、安曇野のような『偽装損失補償』ではないか」と見ている。仮に、安曇野の高裁判決が確定してしまうようなことになれば、銀行が保全していると思っていた2兆7000億円もの債権の多くが、実は違法で無効だ、ということになってしまい、彼らの経営を揺るがすことにもなりかねない。

『偽装損失補償』とはよく言ったものです。
安曇野市(旧三郷村)が認めた(注1)損失補償契約の限度額は2億5000万円ですが、
実際に旧三郷村が金融機関と結んだ損失補償契約を見てみると
  A金融機関 2億5000万円
  B金融機関 5250万円
  C金融機関 4875万円
合計で3億5125万円になります。
限度額の2億5000万円をはるかに超えていた(注2)ことがわかります。
C金融機関にいたっては、当初は損失補償の契約書さえなかった。

なんとイイカゲンな契約だったことか。
『偽装』する前にすでにシッポが出ていたようなものです。
とはいえ、契約ですから相手のある話で、
『偽装損失補償』契約には金融機関の貸手責任が当然のこと、あると思います。


(注1)三郷村議会が議決している。
(注2)あくまでも限度額設定であり、3億5125万円の借入をしたわけではない。
    ちなみに、現在の借入残高は1億9000万円ほど。
by tanemaki_azumino | 2011-02-13 23:14 | 安曇野菜園