いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

2月 10日 紙とインクのにおい

2月 10日 紙とインクのにおい

議会広報特別委員会の視察から帰ってきました。
鶴ヶ島市議会と和光市議会、国会と国会図書館。

議会広報誌の編集については「井の中の蛙・・・」に甘んじていたことを痛感。
外に目を向けること、外から見直すことの大切さを実感。
見習いたいこと、すぐにもできそうなことなど実り多い視察になりました。

盛りだくさんで充実した視察研修だったので、今はどっと疲れが・・・
詳しい報告は後日にするとして、
めずらしい国立国会図書館の写真をご紹介。

ここはどこ?というような不思議な空間に見えますが、
紙とインクのにおいは、まさに図書館。
この写真は地下8階にまで光を届ける「光の階段、光の庭」といった場所。
本にとって光は大敵でも、
ここで仕事をする人にとっては、
このわずかな自然光はありがたいものに違いありません。
(地下8階から見上げた天窓、ジグザグに見えるのは階段です)

ちなみに「本にとっては水も大敵」ということで、水を大量に使うトイレは地上階にしかありません。

▼地上4階・地下8階の新館
 広大な地下部分はすべて書庫で1200万冊収蔵可能。
f0213861_23411131.jpgf0213861_23412696.jpg
by tanemaki_azumino | 2011-02-10 23:45 | 議会と地方自治