いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

12月 16日 本庁舎建設促進を求める議員連盟

12月 16日 本庁舎建設促進を求める議員連盟

安曇野市議会議員有志で構成する本庁舎建設促進を求める議員連盟が
14日に本庁舎建設促進の申し入れ書を宮沢市長に提出しました。
その申し入れ書を入手しました。
建設促進の理由に「なるほど」という説得力のあることは見当たりません。



                                    平成22年12月14日
安曇野市長宮澤宗弘様

                              本庁舎建設促進を求める議員連盟
                    高山一栄   宮下明博   小林紀之   黒岩宏成
                    畠山倉光   浜 昭次   松尾 宏   内川集雄
                    小松洋一郎  青嶋智隆   召田義人   高橋 浄
                    松森幸一   小松芳樹   藤原陽子   大月晃雄
                    山田高久   平林徳子   相田登美枝

                 本庁舎建設促進の申し入れ書

 安曇野市本庁舎建設については、合併前から新市発足後も様々な検討がされてきました。安曇野市議会も「本庁舎建設等特別委員会」を設置し、18回にわたり慎重審議され「本庁機能を一つにまとめる」、「本庁舎は建設の方向で検討する」ことで意見統一し市長に報告しました。

 また、議会においても、「本庁舎等建設審議会条例」、「庁舎建設基金条例」及び関連予算を可決し執行されており、9月定例議会では、「本庁舎建設促進を求める決議」を採択しました。このように市議会は本庁舎建設することで意志統一されています。

 現在、安曇野市は、本庁機能が8ヶ所に分散しており、市民の利便性が悪く、効率的な行財政運営が図れず毎年無駄な経費が掛かるなど、様々な弊害がおきています。市財政も健全であり、合併による「効率性」を高め「住民福祉」の充実を図るため、「合併特例債」を活用し「後年度負担」を増やさないことが求められています。

 より良い庁舎を建設するにはこの機会しかありません。あらゆる事件を想定し、費用対効果を十分考慮する中で、計画的に取組みを推進することはもとより、「合併特例債」の期限内に必ず目的を達成するよう「本庁舎建設促進を求める議員連盟」19名の署名を添えて申し入れ致します。 以上


さっき、たまたまNHKクローズアップ現代を見たのですが、
本日のテーマは「断捨離(だんしゃり)」人生の大そうじをする人々

これは「人生」だけでなく「行政、市政」にもあてはまるのではないか。
「より良い庁舎」と言いながら、本庁舎ビルの新築にとらわれているので、
もっと別のいいかたちや発想が出てこないのはないだろうか。
by tanemaki_azumino | 2010-12-16 22:10 | 本庁舎建設問題