いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

12月 7日 政務調査で市民アンケート

12月 7日 政務調査で市民アンケート

昨日6日午後、堀金総合支所201会議室にて
「本庁舎建設計画に関する市民アンケート」について記者会見を行いました。

その最中に様子を見に来た議員がいて、
「こんなところで記者会見をしていいのか?ちゃんと許可を取ってあるのか?」
穏やかならぬ物言いに、こちらの方がびっくり。
(午後1時から5時まで、ちゃんと予約して借りていましたから)


会見が終わった後も、
「共産党が(アンケートを)やるのか」
「だれが代表なんだ、小林さんじゃあるまいな」
「議員がこんなアンケートやるなんて」
等々、庁舎建設促進の議員からトゲトゲしい言葉が浴びせられました。

今日は議会全員協議会があったのですが、
そこでもこの「アンケート」のことがヤリ玉にあがりました。

わたしが「このアンケートは議員有志が行うもので、安曇野市議会のアンケートではない。そもそも全協で論ずることではない。ご意見があれば直接こちらに言ってくださればいい。」と言っても全く話が通じない。

「安曇野市には933億円の借金がある、という言い方は間違っている」とか、
「有志といえども議員がこんなアンケートをすると、議会がやっていると誤解される」
「建設反対に誘導するようなアンケートだ」
「市議会で建設促進の決議をあげたのに、こういうやり方はおかしい」
「今ここで話をしなきゃ、アンケートが終わってしまうじゃないか」

等々、建設促進派がヒートアップしてくるのがわかる。

ようは、「本庁舎建設計画に関する市民アンケート」を止めさせたいのだな。
こうなるともう、本庁舎建設について議会では、まともな議論はできそうもない。
「かたまり」を相手にしても手ごたえがないとなれば、
議員一人ひとりと話をしながら説得していくしかないのかな・・・
by tanemaki_azumino | 2010-12-08 02:27 | 本庁舎建設問題