いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

12月 6日 議会改革以前の課題

12月 6日 議会改革以前の課題

本日午後は議会改革検討委員会の政務調査費分科会がありました。

参考に取り寄せたM市議会の政務調査費(年間25万円)の報告を見て、
「使い切ろうとして「無理して」余裕のある日程で視察しているのでは」
「コンパクトにまとめれば、こんなに費用はかからないのに」
「日帰りできるところでも、わざわざ一泊している」
と、鋭い指摘がありました。

すると、なぜか次のような「?」な発言が飛び出しました。
「でも、政務調査費を余らせると仕事をしていないと思われてしまう」
「視察研修したいけれど、忙しくて行っていられない」
「視察したいところは遠方が多くて、政務調査費だけでは足りないから行けない」

ホンネかイイワケか知りませんが、
これを聞いたら市民はこう言うでしょう。
「そんなら政務調査費なんていらないんじゃないの!」

わたしとしては年額9万円をせめて12万円にしていただきたいですが、
12万円もいらないという議員は、余ったら返納すればいいのです。
「使い切らなくては」と思うから、おかしなことになってしまう。

議会改革以前の課題だと思います。
by tanemaki_azumino | 2010-12-07 09:09 | 議会と地方自治