いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

10月 29日 交付税特別会計の埋蔵借金

10月 29日 交付税特別会計の埋蔵借金

政府の事業仕分け第3弾が行われています。
本日29日は、いよいよ地方交付税特別会計が俎上にのりました。
「埋蔵金」ならぬ「埋蔵借金」が問題となっていましたが、
わたしとしては、あらためて驚くほどのことではありません。
3月11日のブログ「特例債と交付税措置」で書きましたが、
こうなっても、まだ「100%国が面倒みてくれる」と思っている議員がいることの方がオドロキです。

わたしが説明しても聞く耳を持たない人のために、NHKニュースを引用しておきます。
特別会計に33兆円超の借金

 国の特別会計の事業仕分けで29日対象となる地方自治体へ交付金を配布する特別会計に、国が借り入れた33兆円を超える借金があり、元本の返済が行われないために利子の支払いだけが続いていることがわかりました。利子は、去年までの3年間におよそ7000億円に上り、このまま返済が進まなければ、さらに多額の税金が投入される見通しです。

 「交付税及び譲与税配布金特別会計」は、地方自治体に国税の一部を交付金として渡す目的で昭和29年に作られ、昨年度はおよそ16兆円がこの特別会計を通じて全国の自治体に配布されました。国税の収入がバブル経済の崩壊などで落ち込んだあとも交付金の総額は増え続けたことから、この特別会計には、差額を補うために国が金融機関から借り入れた33兆6000億円余りの借金が残っています。

 借金の返済方法は、平成19年に「交付金の一部を充てる」と法律で決められましたが、元本の返済は一切行われず、この特別会計を所管する総務省は「財政難に悩む地方自治体に交付金を配ることを優先しているため、返済を先延ばししている」と話しています。

 このため、利子の支払いだけが続き、去年までの3年間だけでも7000億円余りが金融機関に支払われ、このまま元本の返済が始まらなければ、さらに多額の税金が投入される見通しです。29日の事業仕分けでは、この特別会計の借金返済を今後どのように進めるのかについても議論される見通しです。(NHKニュース 10月29日 6時8分)


▼うっかり見逃すところでした、柊(ヒイラギ)の花
f0213861_0462695.jpg

by tanemaki_azumino | 2010-10-29 23:57 | 議会と地方自治