いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

10月 10日 今日の一言

10月 10日 今日の一言


「一生を四の五の言わずところてん」 風々



今朝の市民タイムス「最近読んだ本」のコラムに紹介されていた俳句です。
雨の日はソファで散歩 (種村季弘 著 ちくま文庫)に出てくる。

「最近読んだ」その人は穂高の森メンタルクリニックの森島章仁先生

種村は誇らしげな一流より、市井に埋もれた落後者の味方だった。
少しばかり奇矯であってもかまわない。
自らに正直であればよいではないか。
顔貌と文章に嘘がない「顔文一致」の人は、そう語りかける。

わたしは、種村季弘、読んだことがありませんでしたが
森島先生のおススメ本ということで、
「雨の日はソファで散歩」さっそくアマゾンで注文してしまいました。

文庫本なので819円也。
送料がかからないようにと一緒に買ったのはCD。
モーツァルトの交響曲第25番&第29番&第35番、バーンスタイン指揮のウィーンフィル
こちら892円也。

若いころのわたしだったら
バーンスタインのモーツァルトなんて意地でも聴かなかったと思うけど
892円というお値段も手伝ってクリックしてしまいました。

こうなるとどっちも楽しみです。

※「風々」とは、
種村さんの著作「怪物のユートピア」の挿画装丁をした竹口義之さんの俳号

by tanemaki_azumino | 2010-10-11 01:13 | 今日の一言