いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

9月 24日 わたしじゃないのよ

9月 24日 わたしじゃないのよ

「じゅん子さん、よくやったね!新聞読みましたよ」
今朝、電話をいただきました。

「議員年金の廃止決議ね。でも、あれ、わたしじゃないんですよ」
「えぇ?そうなんですか。これまで2度も議員提案してダメだったわけでしょ」
「今度こそじゅん子さん(の提案)が通ったと思ったのに・・・」

そのあたりの事情は3月26日のブログで書いています。


今回の議員年金廃止決議案は
議会最終日の本会議直前に、主旨説明もなく唐突に提案されたものです。
提案者はM下議員で、賛同者には会派代表5名が名を連ねていましたが、
そこには、
なぜか以前から議員年金廃止に賛成していた議員の名前はありませんでした。

賛同してくれないか、という話さえありませんでした。

こうして、突然に出てきた決議文には
「これ以上の公費負担の増加は困難」と言いながら
「国会議員年金の廃止例にならい、受給者や現職議員への十分な保障を」
という矛盾に満ちたムシのいい要望がつづられていました。

議案質疑でこの点について提案者にきいたところ、
県の市議会議長会の方針に沿ったものだ、という答弁でおしまい。

議員年金廃止に賛成のわたしであっても、
こんな手前勝手な決議案の出し方ではダメという思いがありました。
しかし、
とにかく廃止に向けての流れを加速したいという一心で賛成しました。


手前勝手といえばもう一つ決議がありましたので、
そのことについては、また明日書きます。
(怒)

f0213861_028258.jpg

by tanemaki_azumino | 2010-09-25 00:29 | 議会と地方自治