いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

8月 11日 今日も、今日の一言

8月 11日 今日も、今日の一言

今週のマガジン9条より

高校野球には心身を鍛錬する場という考え方があり、
「一球入魂」という言葉があります。
学生野球の祖といわれる飛田穂洲(とびたすいしゅう)がつくりました。

飛田はベースボールを「野球道」ととらえ、精神主義を重視し、
千本ノックなど過酷な練習を選手に強いたことでも有名です。

それはまるで軍事教練を連想させるものですが、
戦時中、軍部による「敵国スポーツ」野球の廃止を回避するための
苦肉の策だったとの見方もあります。


これを教えてくれたのは、桑田真澄氏が朝日新聞(2010年7月20日付)に寄稿した「野球を好きになる七つの道」でした。野球本来の楽しさを取り戻すための「元甲子園球児」桑田氏の提言。今年の高校野球を見る目が少し変わりそうです。

▼スカビオサ(松虫草の園芸種)、今年は暑すぎたのか今頃やっと咲きました。
f0213861_1357927.jpg

by tanemaki_azumino | 2010-08-11 23:35 | 今日の一言