いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

7月 28日 今日の一言

7月 28日 今日の一言

橋本治 著の新刊「リア家の人々」を目にして、
読んでみたいと思いながら1年が過ぎてしまった「巡礼」を思い出していました。

それで、「橋本治」「巡礼」のキーワードで検索していたら、
こんな発言を見つけました。

『ゆる~い』というのでもなく、
『窮屈でない』というのかな、いいですねえ・・・
以下、橋本治氏の発言を引用。


憲法で言っているのは「交戦権の否定」ということだけで、
自衛隊に関してはうやむやですね。
でも私は、うやむやでも不都合がないのだから、それでいいじゃないの、と思う。

不都合がない、というのは、実はとても重要なことなんですよ。
不都合がないからうまくやる、というのは、
アメリカ人にも中国人にもできない、日本人ならではの特性なのです。

グローバリズムの中でもこれはずば抜けた才能だと思っていい。

だから、日本人の知恵として
「自衛隊は自衛隊であって、軍隊ではない」という言いのがれがあったほうが、
逆に歯止めになる。

その言いのがれがあるから、
アメリカに「国際貢献のために軍隊を出せ」と迫られても
「いやあ、自衛隊は自衛隊なんで、軍隊っていうのはちょっと無理なんですよね」と
言えるはずだし、海外に派遣した場合でも「自衛隊は“自衛”隊ですよ」と言える。

それが外交の知恵ですよ。

そもそも交戦権を放棄する、というのは、
外交に戦闘という手段を使っても意味がないということをふまえての話なわけです。
有能な頭脳外交をすればいい、それだけのことなのです。
by tanemaki_azumino | 2010-07-30 00:33 | 今日の一言