いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

7月 4日 産廃問題、県による住民説明会のお知らせ

7月 4日 産廃問題、県による住民説明会のお知らせ

安曇野市三郷小倉地域に建設されたゴミ処理施設問題について、
県による住民説明会が開催されるとのことです。
下記のように連絡いただきましたので、お知らせします。

7月14日(水)に県による住民説明会が開催されます
A社が産廃処理施設の不許可処分の取消を求めて長野県を訴えていた裁判は、
この3月に不許可処分の取り消しという判決が出ました。

A社の言い分が全面的に認められたのではないのですが、
私たちや、県自らも指摘してきた、施設に関する業者の違法・不法な点が
争点になっていないこの裁判結果は住民の立場から見て、
不当なものと言わざるを得ない内容でした。

その後、私たちは長野県に控訴するように申し入れましたが、
結局県も業者も控訴しないということになりました。

なぜ県は控訴しないのか?
また、これからどのような対応をしていこうとしているのか?

県は住民に対して説明責任があります。
私たちは、県が4月に「控訴しない」と決定してから、
何度も繰り返し住民説明会をするように要請してきており、
ようやく説明会のの日程が決まりました。

◆7月14日(水)午後7時~ 三郷公民館講堂にて

判決では、
「県が補正の機会を与えなかったことが違法」だとされたわけで、
現在、業者は裁判所に指摘された資料を補正して県に提出し、
県とやり取りを行っている状況です。
そして再度審査された上で、
県が再び「許可」か「不許可」かという判断するのです。

私たちが今までに指摘してきた数々の不正・不誠実な行為は
一体どう判断されるのでしょうか?
事業計画そのものの不備な点もはっきりとあります。
そして、私たちが業者に対して抱いている最も大きな不安である、
私たちの生活や周囲の環境に及ぼす影響はどう考えられているのでしょうか?

先だっての判決で触れられなかったこれらの問題をそのままにしておくと、
県が業者に操業の許可を与える可能性が充分考えられます。

今度の住民説明会は、A社施設の稼動を左右する重要な説明会になります。
大勢で説明会に参加し、許可に反対する意思を県に伝えることがとても大切です。

近隣住民の私たちは勿論、関心のある市民全員が対象です。
安曇野に暮らし、安曇野を愛する人たちの参加を切望します。
この問題の本質を知ってください。

by tanemaki_azumino | 2010-07-04 15:30 | お知らせ