いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

5月19日 情報公開カンチガイはどっち

5月19日 情報公開カンチガイはどっち

もうだいぶ前のことですが、
「トマト栽培施設の建設工事(造成工事、機械設備、外溝工事など関連工事を含む)に係る文書のすべて」という内容の情報公開請求をして、膨大な数の文書を公開させ閲覧しました。

ところが、その後、いろいろと調査しているうちに
設計の業務委託の内容がわかる文書や検討書類、基本構造計画とか解析書の類など、見なかった(無かった?)ような気がしてきたので、農政課の担当職員に問い合わせしてみました。

すると、「それなら、あります」と明快な返事。
そこで、「見せてください」と、わたし。

職 員「それでは、再度情報公開請求をしてください」
わたし「このあいだ公開してもらった文書の中にあるんなら、すぐに出せるでしょ」
職 員「いや、設計と建設工事は別なんです。設計で情報公開請求してください」
わたし「設計図があるから建設工事ができるわけで、不可分一体のもの。
    再請求する必要ないのでは・・・」

こんなやりとりが続き、わたしの方が折れました。
「トマト栽培施設の設計委託業務に係る文書(成果品)のすべて」という内容で、
再度、情報公開請求してきました。

これでまた公開までに2週間待たされるのかと思うと、ウンザリです。

市の「情報・公文書」は市民のもの。
市民のために仕事をすることで集まってくる情報を、
市が預かっているだけのことです。

市役所のものだと勘違いしている職員がまだまだ多いようで、困ったものです。
by tanemaki_azumino | 2010-05-20 00:04 | 情報公開