いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

4月 23日 3分の2

4月 23日 3分の2

このところ「3分の2」という数字をよく耳にします。
それも、「過半数ではダメなんだ」という言い方とセットで。
どうも、新市庁舎建設に賛成する議員から発せられているようです。

なぜ「3分の2」にこだわるのかと思っていたのですが、
その訳が分かりました。
これです。

  地方自治法第4条
  地方公共団体は、その事務所の位置を定め又はこれを変更しようとするときは、
  条例でこれを定めなければならない。

事務所というのは市役所のことです。
新市庁舎の建設場所が決まれば、
市役所の位置を定めた条例を改正しなければなりません。

そのためには、特別多数議決ということで
出席議員の3分の2以上の同意が必要となるのです。

3月議会でのこと、新年度予算(一般会計)の採決では8人が反対し、
そのうち7人が新市庁舎建設関連予算に反対を表明。
わたしも、もちろん反対した1人。

予算に対してこれだけ多くの反対があったのは初めて。
今後、新市庁舎建設に反対する議員が増えていき、8対19、9対18、そして10対17にでもなれば、3分の2以上をクリアできず新市庁舎建設が頓挫する、そんな心配をしているのかもしれません。


「頓挫する」心配よりも、
ほんとうに「今」新市庁舎建設が必要なのか
そこのところを熟慮熟考すべきではないでしょうか。
by tanemaki_azumino | 2010-04-24 00:03 | 議会と地方自治