いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

4月 18日 折り込み公告基準

4月 18日 折り込み公告基準

小林じゅん子の議会だより「種まき通信」第31号
本日、明科地域と堀金地域に新聞折り込みしました。

「折込広告はまとめてゴミ箱へ直行だよ」という方、思い直して読んでみてください。


ところで、
今回、折り込みをお願いした業者から不思議なことを言われました。

「公の議会だよりなら問題ないんですけど」
「これは個人の議員としての意見を書いたものですよね」
「議会だよりといっても、個人の意見ということでダメかもしれません」


議員個人の意見が書かれていない「議会だより」(議員の通信)なんて
作る意味もないし、読んでもらう価値もない。

いつからそんなキマリができたんですか?と尋ねたら、
「折り込み広告基準」(※)という冊子を差し出されました。

13項目あるうちの6番目と7番目に、そのキマリがありました。

6、意見、主義・主張の公告は、個人、団体、政党会派を問わず扱わない。
7、政治問題や係争中の意見広告は扱わない。

誇大広告や不当表示の広告もあるので、注意する必要はあると思いますが、
ここまでとなると自己規制しすぎではないでしょうか。

「もし、折り込みできない場合は、その理由を文書で知らせてくださいね」と念押ししてきたのですが、その後なんの音沙汰もないので、無事に新聞折り込みされたと思われます。

けれど、なんだか後味悪いです、検閲されているみたいで・・・

※これです→信濃毎日新聞折り込み広告基準という文書が長野県折込広告協議会の新聞折込広告取扱基準に綴じ込まれていました。
by tanemaki_azumino | 2010-04-18 23:41 | 議会と地方自治