いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

3月 27日 レンテンローズとクリスマスローズ

3月 27日 レンテンローズとクリスマスローズ

例年より早く花芽が出ていたのに、
時ならぬ暖かさや寒さに翻弄されてか、
なかなか花が開きませんでした。

今日はちょうど見ごろの
レンテンローズとクリスマスローズです。
f0213861_184369.jpgf0213861_19057.jpg


赤紫色の花がレンテンローズで
白い花はクリスマスローズです。

一般にはどちらもクリスマスローズと呼ばれていますが、
違いは「かぎけん花図鑑」(株式会社科学技術研究所)に詳しく出ていました。

レンテンローズ(Lenten rose) は、キンポウゲ科クリスマスローズ属の耐寒性常緑多年草です。日本で見られるヘレボラス(Helleborus) は、ニガー種(niger)と、オリエンタリス種(orientalis)ですが、特に、ヘラボラス・オリエンタリス(Helleborus orientalis) を指して、レンテンローズ(Lenten rose)と呼んでいます。

しかし、どちらも同じヘレボラスなのでよく似ています。レンテンローズ(Lenten rose)という名前は、キリスト教のアッシュ・ウェンデー(Ash Wednesday:聖灰水曜日)からイースター(Easter:復活祭)までの期間であるレント(Lent:キリスト教の四旬節)に咲くことから付けられました。花のように見えるものは、萼(ガク)で、実際の花は中心部にある線状のものです。

クリスマスローズ(Christmas rose、Xmas rose) と間違えられることが多いですが、両者共にキンポウゲ科クリスマスローズ属の多年草ですが、違いは以下の通りです。
クリスマスローズは、クリスマス時期に咲くヘレボルス・ニゲルのことを指し、花色(萼弁色)が白で、冬咲きです。

一方、レンテンローズは花色(萼弁色)が赤や桃、白、緑色などの園芸種が作られており、花色が豊富で、初春(2~3月)に開花する春咲きの花です。また、クリスマスローズは草丈が30cm以下と低いのに対して、このレンテンローズは40~60cmと草丈が高いです。

一般名:レンテンローズ(Lenten rose)
学名:Helleborus orientalis(ヘレボラス・オリエンタリス)
別名:ヘレボラス・オリエンタリス(Helleborus orientalis)、春咲きクリスマスローズ(Christmas rose)
科属名:キンポウゲ科クリスマスローズ属
原産地:ギリシャ、トルコ

以上、「かぎけん花図鑑」より。

ちなみに今年のイースターは4月4日だということです。
by tanemaki_azumino | 2010-03-28 01:11 | 折々の暮らし