いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

3月 17日 市議会議長会ってどんな団体

3月 17日 市議会議長会ってどんな団体

会派代表者会議にオブザーバー出席
無所属議員5人いても「代表」というわけにはいかないので、
「連絡係」としてわたしが出ています。

今日の議題は「議員年金」のことでした。

全国市議会議長会は3月2日に「地方議会議員年金制度に関する適切な措置を求める要望」を国にあげていますが、これに追随して県の市議会議長会も同様の決議をし、国に要望する方向です。

「適切な措置」とぼかした表現になっていますが、年金制度存続が主たる内容です。

その動きに関連して、安曇野市議会の藤原議長から、
「議員年金廃止でまとまっている安曇野市議会の議長としては、市議会議長会の年金存続案には反対したいところだが、県の市議会議長会では賛成多数で地方議会議員年金制度に関する適切な措置を求める決議をあげることになるだろう。議長会の総意には従うと発言しているので、反対はできない。ご理解いただきたい。」との申し出がありました。


そこで、尋ねました。
「市議会議長会というのは、市議会議長が集まっただけの団体ですね」
「議員の意思や議会の総意を代表して、議長が参加しているのではないですね」
「市議会議長会での議決は、議会や市議会議員を拘束するものではないですね」

いずれも「YES」でした。
当然のことと思います。
議長はともかく、わたしが反対できない理由はないということです。

しかし、出席した会派代表者(6名)は
「議長の立場を考えると、反対するわけにはいかない」と納得してしまった。

わたしは、最後に「議長が県の市議会議長会で年金存続案に反対するというなら、その時は安曇野市議会議員全員が議長を支えると思いますよ」と発言しましたが・・・
反応はありませんでした。


というわけで、
12月議会で否決された「地方議会議員年金制度の廃止を求める意見書」案
もう一度この3月議会で議員提案するつもりです。

議員年金廃止に賛同する議員は増えるか、それとも減るか?

ちなみに、
全国市議会議長会や関連議長会には
毎年、自治体から負担金を支払っています。
その金額、安曇野市の場合で824,000円、少なくない金額です。

市民の税金がこれだけ投入されていることを考えると、
議長会の活動に議員としてもっと関心を持つべきでした。
by tanemaki_azumino | 2010-03-17 23:04 | 議会と地方自治