いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

3月 10日 荒唐無稽

3月 10日 荒唐無稽

三郷ベジタブル関連住民訴訟控訴審第3回口頭弁論
東京高裁にて本日午後4時から

昨日から気になっていた大雪警報、注意報のとおり
今朝の積雪20㎝
高速道で行くのは無理と判断して急遽JRに変更しました。

大糸線も「あづさ」の方も遅れ気味でヤキモキしましたが、
今回は午後4時開廷だったので間に合いました。


さて、加藤新太郎裁判長ですが、
今日も実に快調に裁判をリードしてくださいました。

印象的な発言がいくつかありましたが、キワメツケをひとつ。

安曇野市側の準備書面のなかの
「貸金返還債務等が消滅した場合、
損失補償債務も当然に消滅することを規定する条項はなく、
当然に消滅するかどうか明らかでない」
という記述について市側弁護士に説明を求めたのですが、その説明に対して

「(消滅して)無いものを補償するの?荒唐無稽だよね」と論評したこと。

今回の安曇野市側の準備書面には論理破綻がある。
わたしはそう感じていたので、
加藤裁判長の「荒唐無稽」という言葉に深く同意しました。


いよいよ次回で結審、3カ月後の6月14日です。
8月、お盆の前あたりには判決が言い渡されることになりそうです。
by tanemaki_azumino | 2010-03-11 00:56 | 訴訟や裁判