いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

2月 12日 安曇野市代理人の言い分

2月 12日 安曇野市代理人の言い分

その1
三郷ベジタブル関連住民訴訟

これまで、安曇野市の代理人である弁護士は
「賃貸借料は使用料に読み替える」などと主張していましたが

東京高裁の裁判長に
「それってナンセンスだよね」と言われたとたん

こんな言い訳をしてきました。
---------------------------------------------------------------------------------------------
以下で使用する賃料、使用料などという用語は、
対象を特定するために用いているのであって、
全ての箇所において、当該法的性質を示すものとして表記するというものではない。
---------------------------------------------------------------------------------------------

「法的性質を示していない」などと言い逃れはできません。
地方自治法第225条、第228条に使用料の法的性質が明記されています。


その2
一般廃棄物処理業の許可申請許可処分取消請求訴訟

---------------------------------------------------------------------------------------------
本件施設における一般廃棄物の処理に伴う粉じん等の
飛散、悪臭、騒音・振動、汚水漏れ等によって
その生命、身体に直接的かつ重大な被害が生じておらず、

また生じることも想定されない。
---------------------------------------------------------------------------------------------

被害が生じているから訴えているのに、この態度。

「重大」か、そうでないかは結果を見ないとわからないし、
「重大」だとわかった時には手遅れなのです。

「生じることも想定されない」と他人事のような言い方でなく
いっそのこと「想定していない」と言い切ったらどうですか。


その1、その2、どちらも
安曇野市代理人、同じ弁護士の言い分。
つまりは安曇野市の言い分とイコールということですが、

訴えた側の市民をあまりにバカにしていませんか。
by tanemaki_azumino | 2010-02-13 01:22 | 訴訟や裁判