いつも市民派ずっと無党派


by tanemaki_azumino

2月 8日 書籍代27,000円也

2月 8日 書籍代27,000円也

法律書は高い。

公的○○精義
逐条○○解説
別冊法学セミナー基本法コンメンタール

以上の3冊で27,000円也

住民訴訟のことはご存知のとおり。

安曇野市の主張に反論するために
裁判支援の会のカンパで購入させていただきました。

応援してくださっている皆さまに感謝です。

「こんなに高価で貴重な本なのよ」と
お見せしたいところですが、手の内を明かすのもナンなので・・・

というより、市の方だって
「そんな本なら、とっくに調べてますよ」でしょうね。


まあ、それでも一冊だけご紹介。

別冊法学セミナー基本法コンメンタール という本
地方自治法編(日本評論社)4,700円

版元にも在庫なく、古本で探すしかなかったのですが
なんと8,000円もしました。

こういう本を必要としている人が多いということなのでしょうか。
もともと刷数が少ないんでしょうね。
司法試験に地方自治法は出ないでしょうし・・・


今日は
逐条○○解説を読んでいました。

同じところを5回ぐらい読まないと頭に入ってこない・・・

それで、
声に出して読んでみたところ、これがけっこういいみたいです。
by tanemaki_azumino | 2010-02-11 21:39 | 訴訟や裁判